inamo27

スポンサーリンク
サッカー戦術分析

【首位でHOME日産へ】Jリーグ第33節 川崎フロンターレvs横浜F・マリノス レビュー

さぁJリーグもこの試合を合わせて残り2節。優勝争いも白熱。そしてマリノスが迎える一戦は鬼門等々力スタジアムでの川崎フロンターレ。優勝するために超えなければいけない王者フロンターレの大きな壁。ゲームは期待を裏切らない、お互いが持ち味である攻撃力を前面に出す戦いとなった。
サッカー戦術分析

【首位浮上!】Jリーグ第32節 松本山雅FCvs横浜F・マリノス レビュー

マリノス。マリノス。マリノス。遂に、遂に、遂に首位浮上!敵地松本の地でしっかり勝ち点3を掴み取り、持ち帰り、いよいよ神奈川に凱旋だ。残り2節は神奈川が熱く熱く決戦の地となる。
サッカー戦術分析

【リヴァプールが引き出したナポリの底力】チャンピオンズリーグ第5節 リヴァプールvsナポリ レビュー

ビックゲーム。リヴァプールvsナポリ。前回対戦のナポリホームの一戦ではナポリが勝利を収めた。リヴァプールはナポリには苦手意識があるだろう。今節もホームゲームだったが、アンチェロッティに大変苦しめられた。
サッカー戦術分析

【「らしさ」と「らしくなさ」】チャンピオンズリーグ第5節 ユベントスvsアトレティコ・マドリード レビュー

ユベントスvsA・マドリードのビックマッチ。前回対戦ではユベントスが2点とリードするも、アトレティコがホームの意地を見せて同点に追いつく白熱のゲームとなった。さぁ、今節はどんなゲームに?
サッカー戦術分析

【ウィークポイントを隠す為にも攻撃する】プレミアリーグ第13節 マンチェスター・シティvsチェルシー

代表ウィークを明けての久しぶりのプレミアリーグです。ホームシティが迎えるのは、リーグ6連勝中のフランクチェルシーでした。両チーム共に、自分たちの強さを発揮する為に攻撃的であり、自分たちのウィークポイントを隠す為にも攻撃するチームだとよく分かるゲームでもありました。
解体新書

【ドニー・ファン・デ・ベーク 新たなタイプの男】〜解体新書・プレースタイル〜

Donny van de Beekドニー・ファン・デ・ベーク選手の私が印象的に思ったことや、彼の特徴、プレースタイルをまとめてみました。進化を続けるファン・デ・ベーク。超攻撃型の超個性派揃いのアヤックスの攻撃陣の中でも異彩を放つ彼にフォーカスしてみました。これからも間違いなくビッククラブが彼の獲得に動くでしょう。
サッカー戦術分析

【守る気なんて微塵もない〜速さは強さ〜】Jリーグ第31節 横浜F・マリノスvsコンサドーレ札幌

両チームともに超攻撃型のスタイルが特徴で、キックオフから試合終わりまで走りまくりの、闘いまくりのフルスロット状態の90分で非常にエキサイティングなゲームでした。タイトル通り、両チームとも守る気なんて微塵もなく、ゴールに迫っていく試合は見ている者にとっては面白く、新たなサッカーファンが増えそうなゲームでしたね。
サッカー戦術分析

【両チームの適応力】チャンピオンズリーグGS第4節アタランタvsマンチェスター・シティ レビュー

チャンピオンズリーグGS第3節と同カード。その時はホームのシティが5発を奪うプレミア王者の強さを存分に発揮した試合でした。リベンジに燃えるアタランタのホームに乗り込んだシティ。今節も壮絶なゲームとなりました。この試合キーとなったのが「適応力」でした。
サッカー戦術分析

【諦めの悪い両チーム】チャンピオンズリーグGS第4節チェルシーvsアヤックス

チェルシーvsアヤックスのビックゲーム!前節ではチェルシーが絶好調だったアヤックスをアウェーで撃破しました。リベンジに当然燃えるアヤックス。壮絶なゲームになりました。タイトル通り、両チームともにいい意味で諦めが悪い。勝ち点3をどんな状況になっても取りに行く姿勢を前面に出す、熱いゲームでした。
サッカー戦術分析

【CB不在が功を奏する?】プレミアリーグ第9節 クリスタルパレスvsマンチェスター・シティ レビュー

前節ウルブスに見事なカウンターを2発食らって、ホームエディハドスタジアムで敗戦したシティ。今節の相手はアウェーでクリスタルパレスとの一戦に挑んだ。この両チームの一戦で思い出すのは昨シーズンクリスタルパレスのタウンゼントが放ったスーパーミドルシュート。あのゴールでシティを粉砕したのは今でも脳裏に焼き付いている。
タイトルとURLをコピーしました