inamo27

スポンサーリンク
サッカー戦術分析

「【ポケットへゴー!ゴー!】」Jリーグ第14節 湘南ベルマーレvs横浜F・マリノス

Jリーグ第14節 湘南ベルマーレvs横浜F・マリノス
フライデーナイトリーグにも関わらず、BMWスタジアムにはたくさんの観衆が集まった。チケットは完売御礼。1万4千人が集まり、「神奈川ダービー」を大いに盛り上げてくれた。マリノスのゴール前の崩しを中心に紐解いていく。ゴール前の『ポケット』侵入がキーワードだったり、テーマになっているんじゃないのかなって。後ほどいっぱい書いてあるのでお楽しみに!

サッカー戦術分析

「【ブレずに進化する横浜。違う道を辿り出した神戸?】」Jリーグ第12節 横浜F・マリノスvsヴィッセル神戸

前節のセレッソ戦の完敗からの今節。ホームで迎えるはRakuten ヴィッセル神戸。マリノスの試合を観る為に、ヴィッセルが誇る世界のビックネームを観る為に4万人を超える観衆が日産スタジアムに集まった。この試合、ブレずに進化を続ける姿を示した横浜F・マリノス。はたやヴィッセル神戸は、違う道を辿り出した?

サッカー戦術分析

「【令和初戦!。襲いかかる紫熊。】」Jリーグ第10節 サンフレッチェ広島vs横浜F・マリノス

「【令和初戦!。襲いかかる紫熊。】」Jリーグ第10節 サンフレッチェ広島vs横浜F・マリノス前節とは一変。令和初戦となった今節は我慢我慢の90分だった。辛抱強く最後まで集中を切らしてはいけない。集中が切れた瞬間、紫の猛攻に襲われて一気に崩れてしまう…決して消えることのないマリノスの伝統。

サッカー戦術分析

「【平成最後のThe CLASSIC】」  Jリーグ第9節 横浜F・マリノスvs鹿島アントラーズ レビュー

平成最後のThe CLASSIC は4万人近い観衆が日産スタジアムに集まる中、暑い日差しを浴びながら、熱い熱い90分となった!試合巧者のアントラーズに対して、マリノスは曲げずに、焦れずに、スタイルを貫き通した。逃げも隠れもしないマリノスの戦う姿は、集まったマリノスファンの心に大きな勇気を与えてくれただろう。両チームのプライドを掛けた本当に白熱したいい試合だった。

サッカー戦術分析

風林火山、コンサドーレ札幌【Jリーグ第8節】コンサドーレ札幌vs横浜F・マリノス

コンサドーレの戦いはまさに風林火山だった。ボールを持つことは優先せずに、静かにマリノスの攻撃を山の如く自陣で待ち構えた。そして機を見てマリノスのボールを猛烈な勢いで奪いにいき、すみやかに攻撃をしていった。気が付いたときにはマリノスは3点奪われていた。もう取り返しのつかない展開に。キックオフからわずか30分で息の根を止められたマリノス。それはあっという間に。そして静かに。。。

サッカー戦術分析

ゴール前のラリー合戦!?首と目が疲れる。【Jリーグ第7節】横浜F・マリノスvs名古屋グランパス

マリノスvsグランパス。両チームともに攻撃が大好き。この一戦はオープンな殴り合いになる事が多くの人が予想し、それを望んでいた事だろう。予想通り攻守が目まぐるしく入れ替わる闘いに。
取れそうで取れない。入りそうで入らない。さっき左側のゴールにボールあったよね。あれ?もう反対側のゴール行ってんじゃん!テニスを観ているような、バトミントンを観ているような、バレーボールを観ているような…サッカーだよね?(笑)首を左右に振ることの多いゴール前のラリー合戦!観ている側は楽しさもあったが、疲れたね!(笑)

サッカー戦術分析

【若者たちを紳士にさせる】いつまでも観ていたいこのメンバーでのこのサッカー CLラウンド8アヤックスvsユベントス

試合を重ねる事で彼らは紳士になっていく。「経験」という1番の栄養が彼らの強さを倍増させていく。全ては8年前にヨハン・クライフがアヤックスアカデミーに帰ってきたことから始まった。育成年代ではクライフはチームが勝つことではなく、あくまで個人の成長にフォーカスを当てた指導を。その賜物がヤングスター軍団の快進撃に繋がっている。

サッカー戦術分析

埼スタに咲いた満開のトリコロールパラソル  【Jリーグ第6節】浦和レッズvs横浜F・マリノス

金曜日の夜の試合に何と3万人を超える観衆が。タイトルの通り埼玉スタジアムの片隅に満開のトリコロールパラソルが咲きました。トリコロールはマリノスのチームから。そうです、マリノスがアウェーの地で超攻撃的サッカーを存分に発揮して勝ち点3を獲得しました。もちろん赤い悪魔レッズもマリノスの対策を用意してきたが、剥がすマリノス。

サッカー戦術分析

【Jリーグ第5節】清水エスパルスvs湘南ベルマーレ 清水ペースで試合が進むが、全て湘南の思う壺?ベルマーレのしたたかさ。

この2チームの試合をフルで観るのは初めてだった。 非常に面白いゲームだった。両チームともにスピード感があり迫力ある攻防がゴール前で観れた。前半キックオフから清水が本当にいい入りをし、湘南に襲いかかった。前半は清水ペースでゲームが進んだが、いつの間にか湘南のゲームに?全て湘南の思う壺だったのか?
サッカー戦術分析

【Jリーグ第5節】横浜F・マリノスvsサガン鳥栖

代表ウィークがあり2週間ぶりのJリーグ
マリノスCB畠中は代表デビューを飾りましたね。これからがますます楽しみですね。サガン鳥栖は1週間非公開練習をしたということで、マリノス対策はバッチリか?極度の得点力不足を改善することは出来るか?マリノスは前節トリニータに見事に対策をされて完敗。今節はどんな戦いになったのでしょう?