【らしさを出したのはガンバだった】Jリーグ第1節 横浜F・マリノスvsガンバ大阪 

サッカー戦術分析
この記事は約13分で読めます。

2020年のJリーグ開幕戦をJリーグ王者として迎えた横浜F・マリノス。相手は昨年と同カードvsガンバ大阪。昨年の開幕戦ガンバ大阪戦のインパクトは今でも忘れない。あの90分で私の心を一気にマリノスサッカーへと吸い込まれ、1年間マリノスの試合レビューを書こうと思わせてくれたインパクトある試合だった。狭い局面でもバンバン縦パスを打ち込み、小刻みにショートパスを繋いで剥がすスタイル。そして最後は三好のスーパーゴールで完全に心をもっていかれた。

昨年のインパクトたっぷりだった開幕戦とは違って、今シーズンの開幕戦は苦いものとなったマリノス。Jリーグ王者にとっては結果、内容ともに納得いくもではなかったはずだ。ガンバの方がマリノスよりも自分たちの”らしさ”を出し続け、マリノスの強みの一つでもある走力も上回り、アウェーの地で大きな勝ち点3を持ち帰った。

「ガンバの規律と即興性のあるハイプレス」はマリノスを苦しめ続け、ガンバらしさが詰まっていた。ガンバだから出来る、ガンバにしか出来ないマリノスに対する戦い方で勝ち切ったガンバは強かった。

前半は何もさせてもらえなかったマリノス。確かにマリノスは後半、自分たちの色を出して押し込み返すことは出来たかもしれないが、そんなのはもはや出来て当たり前。昨年Jリーグを勝ち切った力もあるし、選手の質、練り上げてきたチーム哲学の時間を考えれば、マリノスがマリノスらしく押し込むことは出来て当たり前だ。それをキックオフからすぐに出来なかった事が最大の敗因だったのかもしれない。

ガンバの規律と即興性のあるハイプレス

前半キックオフからガンバがハイプレスを仕掛ける。

マリノスは自陣からショートパスを多用してビルドアップを行う。それを狙ってマリノスのビルドアップをマリノス陣内で引っ掛けショートカウンターを狙うためにハイプレスを仕掛けたガンバ。

これが見事にマリノスにハマり、ガンバが前半5分マリノスのゴールキックのCBへのショートパスからハイプレスを仕掛けて、最後はGK朴へのバックパスの処理のミスを誘い出し、先制点を奪い去った。ガンバの狙いの一つが形になった先制点。

ガンバはDFライン4枚以外の6人でハイプレスに出る。
後ろにDFラインを残すのはチームの戦術とみて分かった。しかし、ハイプレスをかける6人には細かい指示があったようにはあまり見られなかった。

マリノスが流動的にポジションチェンジを行うので、前もって誰が誰にマークにいって、こうなったらこうしようという事を決めることは難しい。ましてやハイプレスを仕掛けて、どんどんボールに出て行く状態では一瞬の迷い、連携の誤りでの数秒の時間ロスで一気にプレスを置き去りにされてしまう。

そういう事を誘発させる為にマリノスは流動的にポジションチェンジを行う。だからJリーグで対戦するチームは一列下がってブロックを敷いてマリノスの攻撃を待ち構えるスタイルをとるチームが多い。

なぜガンバのハイプレがハマったのか?

ハイプレスを仕掛ける6人はお互いに呼吸を合わせながらボールに出ていた。誰かがボールにプレスすると、それに合わせて他の5人がボールサイドによってボールに近いレシーバーを次々と埋めて行く。マリノスに考える暇を与えないスピードで、間髪入れずに次から次へとプレスを掛けに行く。

戦術として、細かくプレスの行き方があるのではなく、即興性をもってプレスにいく。6人でプレスにいくという規律はあるが、どう追い込んでいくかは中の選手たちに任せる。それはガンバだから出来る戦術だったかもしれない。

試合後矢島選手のインタビューにもあったように、「ハイプレスは少し即興性な部分があった」と。それを指揮していたのはピッチの監督遠藤だった。遠藤のスプリント回数はわずか3回。しかし、的確なポジションを取り続け、マリノスの攻撃の起点であるマルコスには常に目を配り、要所要所ではボールを奪い切る。走行距離は11kmを超え細かなポジションやサポートをしていた証でもある。そしてハイプレスをかける指示もピッチの中で出し続けていた。これも矢島選手がインタビューで話していました。

Embed from Getty Images

6人でハイプレスを仕掛けるとリスクも当然あるが、後方にはDFライン4枚が残っているリスク管理もしていた。それはプレスをかける6人には安心感にもなり、思いっきてプレスに行けた要因にもなったはずだ。

たとえプレスを剥がされても、前線から一気に自陣に戻れる走力がある選手がガンバにはいる事も大きな強みだった。中盤の選手は全員が献身性をもって戻ってきたが、特に小野瀬と井手口は本当に無理が利く働きをしていた。さっき前でプレスを掛けていたよねと思ったら、猛スピードで帰還しDFラインの守備の助けに入る。井手口に関してはサイドへのプレスにいったり、神出鬼没に現れマリノスの自由を奪い続けた。それは数字でも証明されているように、走力でチームに貢献していたのは間違いない。

走行距離スプリント回数
井手口13km30回
小野瀬12.7km25回

ガンバだから出来たハイプレスの形。選手の質、長年やっているからこそ出来る連携、経験値、これらが揃っているガンバしか出来ないハイプレスだった。

リスクがあったのはガンバなのか?

ガンバのハイプレスは一見ハイリスクで危険だったのかもしれないが、どうだったのか。むしろリスクを抱えていたのはマリノスの方だったかもしれない。ガンバは無闇にハイプレスを仕掛けてきたわけではないのは上で述べた通りだ。確かに開始1分マリノスにハイプレスを剥がされて一気にビルドアップを許すシーンもあったが、決定的な局面は作らせなかった。前進は許してしまったものの、残るDFライン4枚で数的同数で時間を稼ぎ、その間に井手口の走力のお陰で数的優位で守れていた。

この局面だけ見ればガンバにリスクがあったのではと思うかもしれないが、マリノスは前半において、何度もガンバのハイプレスによって自陣でボールを失って一気にゴールに迫られた。リスクを抱えていたのはむしろマリノスの方だった。

Embed from Getty Images

マリノスはショートパスを繋いで相手を剥がして行くスタイルだ。前線に五分五分のロングボールを入れるのではなく、何本もの短い距離のパスを織り交ぜて前進して行く。そこには選手の立ち位置、選手の確かな技術が求められる。確かに、マリノスはこのスタイルで数年積み上げてきて、スタイルが浸透し出し、技術も向上して昨年Jリーグ王者となったのだ。しかし、忘れないで欲しいのはそれは非常にリスクもあるという事だ。

自陣でショートパスを繋ぐという事は、ボールが奪われてしまえばガンバに喰らった先制点の様に、あっという間にゴールを奪われてしまうリスクも背負っているという事だ。自陣からボールを繋いでいく事は、自陣の守るゴールから近い状態とも言えるので、そこでボールを奪われれば当然ゴールを奪われるリスクは上がる。ロングボールだったら40メートルの前進に要するパスは1本。対するショートパスはそれ以上の本数が掛かるだろう。40メートル進むのに10本のパスが必要だとしたら、10本の内10本全て成功させないと前進出来ない。難易度的にはどちらが難しいかは皆さんお分かりだろう。それにチャレンジし、それを実現させてきたのがマリノスのスタイルだ。でも、それは大きなリスクを背負っている事を忘れてはいけない。

マリノスの試合を見続けている人にとっては、マリノスの選手たちが意図も簡単に後方からショートパスを何十本を繋いで前進するのは当たり前になってしまっているかもしれない。自分もそう思っていたのは確か。しかしそこには確かな技術が必要だし、選手の連携も必要で、非常に難しい事をやり遂げている事を忘れてしまっていたのかもしれない。

ボスはこのスタイルを絶対に曲げない事はもうみんながご存知の通り。この試合に関してはマリノスの貫くビルドアップのリスクの数値を上げたのはガンバのハイプレスであったし、一番はマリノス自身だったかもしれない。まだまだ、技術が足りないのかもしれないし、選手の連携が足りないのかもしれない。

ガンバが教えてくれた、マリノスが強くなるために必要な事を。より切り詰めて、求めて、追い求める事を。この失敗を教訓にしなければいけない。そしてこの試合でガンバが掛けてきた強度のプレスを意図も簡単に剥がそうではないか!!!!

マリノスに次の一手あったのか?

ガンバはマリノスとの試合で相当の準備と決意を持って挑んできた事が分かる90分だった。ハイプレスの他に明確に仲川へのマークを藤春に付けさせていた。

左サイドでショートパスを繋ぎ、複数の選手が関わる事で相手の選手を左サイドに集めて、逆サイドの仲川への長いボールは蹴り込んで、一気にゴール前へ侵入する形は、昨年のマリノスがリーグ終盤に見せていた一つの武器だ。これをガンバが対策するために、左SBの藤春には明確のタスクが与えられていた。「お前は絞るな。仲川をしっかり見張ってろ!」と宮本監督らゲキが飛んでいるかの様に、仲川の監視を怠らなかった。それでも仲川はチャンスを作り出していたのは流石昨年のJリーグMVPだという事だが、藤春にチャンスを潰されたシーンも決して少なくなかった。

Embed from Getty Images

マリノスにボスが求めたスタイルが形になり、強くなり結果が出る事は非常に素晴らし事だ。マリノスのスタイルはこうだ!と前面に出して優勝した昨年。しかし、違う観点から見ると、スタイルが形になるという事は、対戦相手の採る対策もハッキリする事でもある。

例を上げると今シーズンのインテル。インテルはコンテ監督が就任して前半戦はカウンターを武器にたくさんの勝ち点を重ねていった。首位を走る時間も長かったが、後半戦に入り他のチームのインテルへの対策が練り込まれると勝ち点を少しづつ落とす様に。気付けば首位攻防戦はユベントス、ラツィオと大混戦になる状態に。そこで、冬のマーケットでエリクセンをとったりと、人を変えたり、配置を変えたり、カウンターからボール保持を重視するオプションもチームに植え付けようと模索している。コンテがこのままではダメだ。チームの更なる進化を求めて試行錯誤しているのだろう。現状維持ではなく更なる進化を求めて。

次の一手は不可欠だという事だ。

もちろん今のスタイルの練り上げも必要だし、新たな武器も必要なのだ。

ハイプレスで来たガンバに苦しめられたが、抜け道もあったのは確かだ。

後半の途中ボスが見せた采配も新しいものだった。そこから1点を奪って攻撃は活性化していったのは一つの収穫だったかもしれない。相手が対策してくる中でその1つ2つ上手で手をうてるかは今シーズン重要かと。色んな手をうてる選手が今シーズンマリノスには揃っていいる。ボスの新たなチャレンジにも目が離せない。

VARとファールとの付き合い方

Embed from Getty Images

今シーズンからVARがJリーグにも導入された事はマリノスにとっては大きな影響を与えるのではないだろうか。案の定2失点目はハイラインの裏をガンバに突かれてゴールを割られた。一度は副審がオフサイドフラッグを上げてゴールが取り消しかと思いきや、VARチェックが入りガンバのゴールと認められた。この様なシーンはシーズン通してこれかもあるだろう。

なぜなら、マリノスはJリーグでもオフサイドトラップを仕掛ける回数が多いチームだからだ。自分たちはオフサイドと思ってプレーを止める事は昨年以上に注意を払わなくてはいけないかもしれない。もちろんVARはマリノスにとって優位に働くことももちろんあるだろうが、マイナスの方へ働いてしまう気もする。

もう一つはファールだ。昨年とファールの基準が明らかに違う。激しいコンタクトを求めての事だと協会は説明しているが、開幕戦である程度の線引きは選手たちの中では出来たと思うので、そこも自分の基準でファールを主張して止まってしまう事も気を付ける点かもしれない。またそれにより激しいコンタクトプレーは増えると思われるので、怪我には十分気をつけて欲しい。

やられたらやり返す?

後半マリノスの時間は増えていった。後半人を変えて、システムを変えて押し込み返したのは力がある証拠。しかし、前半ガンバのハイプレスに押し込まれ、2点を奪われてからの後半だった事。やられてからやり返すのがマリノスなのか?確かに2点取られても3点ひっくり返す力は必要だし、その力がある選手たちは十分揃っている。

やられたらやり返すのではなく、叩き続けるのがマリノスの強みだろう。昨年終盤に見せた先制点を奪ってから、試合開始から試合終了まで攻め続け、押し込み続けるのがマリノス。相手に反撃の機会すら与えないほどの嵐のような攻撃。

Embed from Getty Images

昨年の立ち位置とは代わり、今シーズンはJリーグ王者として戦う宿命がある。それはマリノスだけに与えられた名誉であり、誇りである。相手は当然王者を絶対倒すという気持ちで挑んで来ることは間違いないだろう。それに受け身になるのではなく、昨年終盤で見せつけたように、90分間叩き続けるマリノスを見せつけて欲しい。

マリノスの試合がいつ見れるかはまだ分からない状態だが、次節はよりマリノスらしいく、90分間攻め続ける姿を見せてくれる事を期待したいます。

ガンバ大阪は素晴らしい戦いでした。ガンバと同じように他のチームが戦えるかというと難しいだろう。ガンバにしか出来ない戦い方。ガンバだから出来る戦い方だったなと思いました。ガンバホームで戦うときのリベンジマッチは楽しみですね。マリノスはリベンジ出来るか!

\\ YouTubeチャンネル登録お願いします //

コメント

タイトルとURLをコピーしました