【崩される前提を持ったサウサンプトン】プレミアリーグ第32節 サウサンプトンvsマンチェスター・シティ

サッカー戦術分析
この記事は約8分で読めます。

マンチェスターシティは前節プレミア新王者となったリヴァプールに意地と覚悟をぶつけた。その熱戦冷めやまないうちに過密日程はやってくる。今節はサウサンプトン。前節から選手を入れ替えてターンオーバーで挑むシティ。

それでは試合を見ていきましょう

試合結果から先にお伝えするとサウサンプトンは前半にシティのボールを狙い通りのプレスで奪ってから先制点をもぎ取る。シティは最後までサウサンプトンの4-4-2ブロックの牙城を破ることが出来ずにタイムアップ。サウサンプトンが1-0でこのゲームをものにした。

「また、シティは相手のブロックを崩せずに破れてしまったのか。しかも相手には少ないチャンスをモノにされてシティはゴールに幾度となく迫るも迫るも奪えない、こんなゲームは今シーズン何度目だろう…」

そう思いたくなる気持ちもありますが、シティは確かに得点を奪えなかったことは結果に表れていますが、サウサンプトンの牙城を何度も攻略していました。あとは一本のパスが通るだけ!シュートが入るだけ!というシーンもありましたが、最後のところには必ずサウサンプトンの選手が体を張り続ける。

シティのビルドアップや、ゴール前での一連の流れるような崩しは本当に見事な試合でした。得点を奪えなかったものの面白いゲームだったのは確か。そしてサウサンプトンの鬼気迫る守りがシティの多彩な攻撃よりも硬く立ちはだかる結果となった。

サウサンプトンの間封じ

サウサンプトンはシティが相手ということもあり、ボール非保持の時間が長くなるのは覚悟の上だっただろう。サウサンプトンはボール非保持の状況には4-4-2の縦に横に非常にコンパクトな陣形を築いた。

最重要ミッションは間を開けないことだ。ギャップとライン間を封鎖する。ブロックの外へてボールを追いやることを大きな目的としていた。シティはSBを含めた中盤、前線の選手はポジションチェンジを行いマークの基準をどんどんズラしてくる。しかし、それには惑わされずに、自分に与えられた持ち場をまずは守る。ボールが自分のエリアに入ってきたらプレスにいく作戦だった。

特に狙っていたエリアとして中央にボールが入った時だ。CBから中央にボールが入ったり、外から中への横パスが入った時には、中央の選手はもちろんSHの選手もインサイドに絞ってプレスをする。先制点もまさにそこを狙いボールを奪ってゴールに繋げていった。ジンチェンコがインサイドに絞ってボールを受けたところへサウサンプトンのSHが内側に絞ってプレスにいきボールを奪い、前に出ていたGKエデルソンの頭上を超えるロングシュートが決まった。

サウサンプトンの選手たちはボールが動くたびに、ギャップとライン間を開けないために、スライドをしなければいけない。ボール非保持の時間が長くなれば長くなるほどスライド回数も増え、どんどん体力を奪われてしまう。

Embed from Getty Images

しかし、サウサンプトンの運動量は最後まで切れなかった。そして体力的な消耗だけでなく、メンタル的にも非常にキツく、根気がいることだったが、気持ちも切らさなかった。

それでもシティはどんなに中央をコンパクトにしてもサウサンプトンの牙城を崩す攻撃を仕掛けてくるが、その度に諦めずに最後は体を投げ出してゴールを何とか割らせない姿勢を示し続けたサウサンプトンの選手たちが印象的だった。

最終手段としてペナルティエリアの中にフィールドプレイヤーが10人全員が入りスペースと時間を奪うシーンも。こうなってしまうとシティだけでなく、どんなチームも得点を奪うことは難しくなるだろう。

アンカーとSBの連動性

Embed from Getty Images

シティのビルドアップは非常に見ていて面白かった。流動的なポジションチェンジを行いながらサウサンプトンの守備の基準を撹乱させにいった。

この日多分今シーズンプレミアリーグで初めてフェルナンジーニョがアンカーポジションに入った。やっぱり彼がアンカーにいると安心感もあるし、パフォーマンスも流石のモノだった。

この日両SBに入ったカンセロとジンチェンコは外でもインサイドでもプレーができるSBだ。メンディやウォーカーが出ている時には見られない位置どりは面白かった。

フェルナンジーニョが4人ピン留

サウサンプトンは4-4-2の中央圧縮でボール非保持の陣形を組む。

アンカーのフェルナンジーニョはボールを受けられなくても、意図的にアンカーのポジションに立つことでサウサンプトンの2トップと2CHの選手たちを中央へピン留する役割も。

そのタイミングでボールサイドのSBが少し内側に絞る立ち位置へ。相手2トップの脇のエリア。この時大外にはシティの右サイドだったら、マフレズもしくはベルナルドが幅をとるのでサウサンプトンのSHはシティのSBへプレスにいけない状況をつくりフリーにさせる準備も。ここにサウサンプトンのCHがプレスにいけば今度は中央に段差が生まれてギャップやライン間にスペースを開けてしまう状況に陥る。

これはシティの一つの前進する為の特徴だった。
そしてもう一つもアンカーとSBが連動したビルドアップだ。

サリーダとダブル偽SB

シティは2CBがボールを持つと、相手2トップにプレスを受けて、数的同数になるシーンも。サウサンプトンの2トップは中央を締めてくるのでアンカーのフェルナンジーニョへのパスコースも封鎖される。

するとアンカーフェルナンジーニョは一列下がって2CBの間に落ちて後方3バックをつくり(サリーダ)数的優位をつくりだす。フェルナンジーニョは今度は動くことで相手の守備の基準を壊していく。これに連動して両SBの動きも面白かった。両SB共にインサイドに絞ってCHの立ち位置に入る(偽SB)シーンも。サウサンプトンのSHとCHの間に立ち位置をとり2人で4人の選手をピン留して大外を開けさせて外を使った前進シーンも。

アンカーのフェルナンジーニョと技術の高い両SBの連動した動きでサウサンプトンの守備の基準を撹乱させていったのが非常に特徴的だったし、面白かった。

シティに崩されるのは前提だよ!

試合が時間が経過していくにつれてシティが押し込みまくっていく。後半は特にワンサイドゲーム。ボール支配率も7割近くシティが握っていた。

それでもサウサンプトンの牙城は崩せない。どんなに崩されても最後はGKを含めて諦めずに身体を投げ出し続ける。サウサンプトンの選手たちは「どんなにブロックを組んでもシティには崩される」と頭の中には根付いていたのかもしれない。「シティには崩されるのは前提!」と理解して上で守っていたかもしれない。そのメンタリティがあるかどうかで全然変わってくるはずだ。

最後は中だから、「クロス対応への立ち位置はちゃんとしよう!」や「中で待つ選手へのマークは絶対離さない!」や「こぼれ球までみんなで拾うよ!」。「最終手段はみんな11人がペナに戻るんだ!」とシティに崩されるのは前提で守備戦術を組んでいたのかもしれない。それがシティがサウサンプトンの牙城を崩せなかった原因かもしれない。

シティの多種多様な攻撃

シティはこの試合無得点ではあったが、ビルドアップも含め、ゴール前の崩しのバリエーションは非常に豊富で、あの手この手でゴールに迫る崩しが非常に精度も高く面白かった。

大外マフレズからのハーフスペースに走るベルナルドの崩し。シルバ経由のペナでのワンツー侵入。オーバーロードからの逆サイドへのアイソレーション。スターリングのバックドア。カンセロの開いたバイタルへの平行クロス。フェルナンジーニョのミドル(ポスト直撃)。

あの手この手でゴールに迫る攻撃は精度も高くバリエーション豊富だった。

身体の向きで相手を誘導

多種多様な攻撃を実現させるのはチーム戦術がしっかり落とし込まれている証拠でもあるが、選手一人一人のスキルの高さも兼ねそろっている証拠だ。その一つとして注目して見て欲しいのが「ボールを持った選手の身体の向き」である。

この内容は機会があった時に詳しく説明したいと思うが、身体の向きで相手を動かして入れたいエリアのパスコースをつくりだす技術だ。身体の向きで相手を誘導して縦パスを入れたり、クロスをあげたり、小さな部分だがボールを持った選手の身体の向きを気にして見ても面白いだろう。

終わり

サウサンプトンの「シティに崩されるのは前提!」という強固な4-4-2の牙城を最後まで崩しけれなかったシティ。前節のリヴァプール戦の勝利とは一変して難しいゲームとなってしまった。

しかし、見ている側からしてみれば、ビルドアップとゴール前の崩しは戦術的にも非常に面白かった。結果は負けてしまったが、シティらしさたっぷりの90分ではあった。

Embed from Getty Images

下を向いている暇はない。過密日程は待ってくれない!さぁ次節勝ち点3をシティらしさ全開で捥ぎ取ってくれることを楽しみにしている!

コメント

タイトルとURLをコピーしました