【輝くシティの魔法使い】プレミアリーグ第32説 マンチェスター・シティvsニューカッスル

サッカー戦術分析
この記事は約7分で読めます。

前節シュート25本を放ち、サウサンプトンに一つのチャンスを沈められ敗戦したシティ。シティにとって今シーズンこんな同じようなゲーム展開でいくつの勝ち点を落としてきたのだろう?それでも、落胆している暇はない。そう超過密日程は待ってくれない。

それでは今節はホームに戻りニューカッスルとの試合。FAカップの準々決勝で戦った記憶は新しいだろう。近々でやった相手ともう一度やる気持ちは?難しいのか?しかし苦い印象を受けたのはニューカッスルだったはずだ。前回の対戦の反省を活かし戦術を変えてきたニューカッスルだったがそれは如何に?

この試合輝きを放ったのはシティの魔法使いだった。圧巻のプレーでシティの攻撃を牽引した。ペップも試合後のコメントで「小さいスペースでのプレーは、私が見てきた選手の中で彼はおそらく最高だ」と言わしめるほど。

さぁ、それでは試合を見ていきましょう!

ニューカッスルの前からの姿勢

前回のFAカップでの反省を活かし、ニューカッスルは戦術を変えてきた。ボール非保持の配置を5-4-1から4-4-2に変更。自陣に下がってブロックを敷くことはぜずに、果敢にシティ陣内から前からプレスをいくアクションを見せる。しかし、その意気込みも、時間が経つにつれてDownしていった。4-4-2で中央を圧縮しながらボールにどんどん出ていこう!という意思は見られたものの、少し連動性が足りなかった。シティの配置チェンジによって守備の基準が定まらなかったのかもしれない。

シティの小刻みのショートパスで集められ展開される。シティのボールへプレスに行き追い込めた!と思うとGKエデルソンまでボールを下げられ、またプレスのやり直し。その度にニューカッスルはアップダウ、スライドを繰り返さなければいけない。そうしないとギャップが開いて、ライン間が開いて一気にシティにチャンスを与えることになるからだ。

体力的にも、メンタル的にも非常に消耗が激しかっただろう。色んな体力が削られていき、どんどん下がっていってしまったニューカッスル。シティに押し込まれる展開へと。

シティの配置チェンジ(SBの立ち位置)

シティは選手の配置を変えることで、ニューカッスルの守備の基準を撹乱させにいく。

配置を崩しながら、配置を整えていく

シティの選手が頻繁に配置を変えていくのはみなさんご存知だろ。闇雲に、好き勝手配置を移動しているわけではない。お互いがお互いを見ながらポジションが被らないようにしているため、相手はさらに困ってしまうわけだ。「誰が誰にマークつくの?」「俺がいったら、このスペース開いちゃうよ?」と感じで相手が困る配置をピッチの選手たちが被ることなく配置をとっていく。

この試合前節と両SBのカンセロとジンチェンコは先発だった。この二人の立ち位置が前節と違っていたのがまた面白かった。前節左SBジンチェンコは頻繁にインサイドに絞って(偽SB)プレーしていたがこの試合は大外の高い位置へ。この試合左サイドを組んだフォーデンはインサイドでプレーしたり、最前線でよりゴールに近いプレーが得意な選手だ。

また、逆SBのカンセロはこの試合もインサイドに絞ってボールを触れることも。先制点は彼がインサイドでボールを受けてニューカッスルのファーストプレスをサイドにボールを渡したプレーが起点になっていた。カンセロはインサイドでプレーできるSBだが、右サイドを組んだのがマフレズだったこともあり、彼は大外でボールを受けてドリブルを仕掛けるのが得意な選手だ。また大外にマフレズが張ることで、IHデ・ブライネがお得意のポケットへのランニングをさせるためにも右SBカンセロの立ち位置もここになったのだろう。

このように、シティは選手の組み合わせ、相手の配置に合わせて自由自在に配置を変えて相手の守備の基準を撹乱させ、自分たちの選手たちの力をより発揮させていくのだ。

分かっているんだけどさ!

シティのこの試合の先制点と2点目はほとんど同じような形で奪い去った。しかも、その崩しのパターンはプレミアリーグの全チームが知るであろうシティのお得意な形だった。非常に再現性が高いことを証明させる一方で、なぜニューカッスルは同じ崩しで2得点を奪われてしまったのだろうか。

先制点と2点目共に、左サイドに張っていたフォーデンから、ハーフスペースへ(ポケット)の斜めのボールからグラウンダークロスの形だった。これはペップシティのお得意技だ。先制点はシルバが、2点目はデ・ブライネがハーフスペースへランニングしてアシストを記録した。

ニューカッスルはシティのこのお得意技はしっかり頭にあったはずだ。絶対にやられたはいけない形とスカウティングもしていたはずだが、なぜやられてしまったのか?

一つ目はニューカッスルのボール非保持の配置が4バックだったことだ。大外のフォーデンに釣り出されてSBがプレスにいくことで、チャンネル(SBとCBの間)が開いてしまいそこへランニング侵入されたからである。それに合わせてDFライン全体がスライドしたり、CHが一枚落ちてスペースを埋めたり、5バックでハーフスペースを埋める対策を色んなチームが試みている。

二つ目は分かっていても、止められないシティのクオリティの高さだ。パスを出す強さ、タイミング、ランニングするタイミング、全てがマッチしていたこの日の2点だった。相手に予測されていても間に合わないスピードとタイミング、それを可能にする技術の高さがこの2点に詰まっているように感じだ。相手の上の上をいくチームの、個人のクオリティの高さ。

またこの形!でも美しい!そんなゴールだった。

輝く魔法使い

この日本当に輝きを放っていたのがシティの魔法使いシルバだった。先制点のアシスト。後半に入ると直接FKを沈め、試合終了間際にはスターリングのゴールをお膳立てするアシストも決め、この日1G2Aの大活躍だった。それ以外にも、狭いエリアで意図も簡単にボールを受けてしまったり、味方に時間とスペースを与える魔法をかけ続けた。

Embed from Getty Images

彼が直接FKを決めた時のチームメイトの喜ぶ顔が印象的だった。本当にみんな嬉しそうだった。愛されているキャプテンだ。

今シーズンで退団してしまうのが本当に寂しい。シルバがこのエティハドスタジアムで試合できるのもあと数回だ。この目に焼き付けておかなければいけない選手だ。この試合のシルバの輝きは一段とすごかった。

終わり

試合は終わってみればシティの5-0と大勝だった。ニューカッスルはズルズルと引いてしまい、一矢報えるエネルギーすら失われていってしまった。武藤も1月ぶりのプレミアリーグ出場だったが大きな傷跡も残せなかった。

この日久しぶりにDFストーンズが帰ってきた。怪我なくフル出場したことはチームにとっては大きな収穫だ。ペップも試合後のコメントでもFAカップとチャンピオンズリーグのタイトルをとる準備を進めているといっていたので、少しづつピースが戻ってきて嬉しい限りだろう。2試合連続出場となったSBカンセロとジンチェンコ。カンセロも着実にフィットしていて嬉しいがまだ守備の軽さは目立つ。ジンチェンコはCLレアル戦の2ndlegではメンディは出れないために彼の働きは欠かせない。これからもっとコンデションを上げて欲しい。

この日得点を上げたマフレズ。これによりプレミアリーグ1シーズンで5人の選手が二桁ゴールを達成した。これはプレミアリーグ史上初の快挙だそうだ。おめでとう!

そしてデ・ブライネはプレミアリーグのアシスト記録、ティエリ・アンリがもつ20アシストまであと2つ。こちらも達成して欲しい!

ウォーカーはペップにまたもやご指導を!笑

Embed from Getty Images

コメント

タイトルとURLをコピーしました