【オープンの体勢】〜身体の向きで相手を誘導する話〜

サッカー戦術分析
この記事は約5分で読めます。

サッカーの巧い選手の中にはボールに触れずに身体の向きをヒョイっと変えることで相手を誘導してしまう選手がいます。身体の向きで相手を誘導して、無かったはずのスペースをつくりだしてしまいます。そのプレーを私は「オープン」と読んでいます。「オープン」を理解できれば、「なぜ縦パス入るの?」「なぜボールとられないの?」「なんで相手が動いちゃうの?」とサッカーの試合が少し深く読みとれたり、サッカーをプレーしている人は巧くなれるかもしれなません。良かったらのぞいていってね!

【オープン】とは?

「オープン」とはボールを持っている人の身体の体勢を指しています。もっと詳しく説明すると、ボールを受けて身体を開く体勢のことです。ボールを受けて「オープン」で身体を開くことで相手を誘導して、新たなスペースをつくりだす効果を持っています。

⇩アニメーションで説明⇩

「こっちの矢印にパスを出すよ!」と見せかけて相手を騙して誘導。ダミーの矢印を身体の向きで出すことで、ドリブルするスペースだったり、縦パスを打ち込むスペースをつくりだすスキルです。

【オープン】が与える効果

「オープン」の体勢でボールを持つことで相手を誘導し、新たなスペースをつくりだす効果があることは上で述べた通りです。より詳しく解説していきます!

①パスコースをつくれる

「オープン」の体勢でボールを持つことで、新たなパスコースを生み出せます。

例えば中盤でボールを受けたとしましょう。前を向くと相手はまずは中央を締めてギャップを締めることが多いと思います。縦パスはゴールへ直結しやすいパスなので、それは出来るだけ避けるために、中央を閉じて外へボールを誘導させるチームが多いです。

でも、中央にパスを入れられれば一気にチャンスになるよね!

どうにかして中央にパスを入れられないかな?

ここで「オープン」の体勢を実践してみると…?

そこで「オープン」の体勢で外にダミーの矢印を出すことで、相手をサイドへ誘導。それにより中盤のギャップが生まれて縦パスを打ち込めることもあります。

「オープン」の体勢になることで相手を誘導して、相手の急所を突くパスをドンドン、ガンガン出せるようにもなるかもしれません。ブスケツやシャビ師匠はこれがお得意ですね。現代のフットボール選手は普通にこのスキルを兼ね備えている選手は多いですね。

②ドリブルコースも!

「オープン」は相手を誘導してパスコースを生み出すだけでなく、ドリブルコースも生み出します。ボールを動かさずに、身体の向きで相手を誘導してかわすことも可能です。スペースがより少ないエリアではとても有効になることも。

【オープン】の注意点

同じモーションで複数のコースへ蹴れるスキル!

大切なのは同じモーションで、複数のパスコースを蹴り分けられることが重要です。それができなければ、いくら相手を「オープン」で誘導したとしても、生まれたスペースにパスを出せなければ何の意味もありません。身体の向く方向にしかボールが蹴れなければ「オープン」は使えません。

Embed from Getty Images

上手い選手は「オープン」の体勢からより多くのパスコースへパスができてしまいます。パスコースだけでなく、パスの距離も変えられてしまいます。

「オープン」の体勢でなくても、同じモーションで複数のパスコースを蹴り分けられるだけで、ボールが奪われる確率は激減します。蹴れる場所が分かってしまえば相手にインターセプトされてしまいます。

例えば蹴れるコースが1つだけと、蹴れるコースが4つある中で相手はどちらの方がボールをインターセプトしやすいでしょうか?それは皆さんもうお分かりですよね。「オープン」の体勢に限らず、同じモーションで複数のパスコース、複数の距離を使い分けられるボールが蹴れるだけでもその選手の価値は上がります。

周りのサポートが重要!

相手を誘導させるためには、周りの選手のサポートが重要です。ダミーになるパスコースがあればあるほど相手の選択を増やせ、相手を惑わせることができます。

周りの選手のサポートが多ければ多いほど相手は困惑します。そしてゴール前になればなるほど、相手の弱点を突く決定的なパスに繋がっていきます。

フランス代表
エンドンベレの「オープン」からの縦パス
マリノスの心臓!喜田名人!
「オープン」からの見事な縦パス!痺れる!

終わりです。

「オープン」を少しは理解できましたでしょうか?「なぜ縦パス入るの?」「なぜボールとられないの?」「なんで相手が動いちゃうの?」という疑問が少し溶けたら嬉しいです。

これから細かいかもしれませんが、選手の身体の向きに注目してみても面白いと思います。イニエスタなんかひょいひょいと相手を誘導しまくってますので是非!

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました