【マリノスの新たな試練】Jリーグ第7節 コンサドーレ札幌vs横浜F・マリノス

サッカー戦術分析
この記事は約5分で読めます。

前節結果だけ見れば大勝をしたマリノスだったが、今節はまた新たな試練が突きつけられた。完成度高いミシャのコンサドーレに苦しめられ、最後まで重い重いゲームとなってしまった。なかなか連勝を飾れずにいい流れが生み出せていない今シーズンのここまでのマリノス。試練の時間を過ごしている。

しかし、それは乗り越えなければいけない試練であり、それを乗り越えられた時にまた強いマリノスになるはずだ!

強い気持ちで、試合を振り返って見ましょう!

流動的なマンツーマン

スタメンはこんな感じ!正直札幌のスタメン配置は曖昧でハッキリした事は分からなかった!

前節の横浜FC同様に、マンツーマン気味のプレスにマリノスは苦しんだ。マンツーマン気味でプレスをかける事でマリノスの流動的に変えるポジションチェンジに惑わされなかった。しかし、マンツーマンとは1vs1がメイン。そこで突破されてしまえば数的優位を作られてしまうリスクがあるが、札幌の選手はそれを実現できるだけの力が十分あった。

札幌はある程度誰が誰にマンツーマンをするかは決まっていたはずだが、局面局面を切り取ってみてみるとプレスに行く選手は変わっている。しかし、プレスにいく人は変わっても常にマリノスの選手にはマンツーマンの圧力がかけられていた。

マンツーマンを成功させる上で絶対的な対人能力は必須。それに加えて状況判断や即興性、頻繁なコミュニケーションも札幌の選手たちには兼ね備えられ、マリノスの流動的なポジションチェンジと同等くらいに流動的な受け渡しで常にマリノスへマンツーマンプレスをかけ続けた。

マンツーマンをどうする?

さぁ、マリノスの新たな課題が浮き彫りに。

前節の横浜FCに対しては4-0と結果だけ見れば圧勝だったかもしれないが、横浜FCのマンツーマンプレスには苦しめられた。そして今節の札幌戦でもマンツーマンDFに苦しめられ、自分たちのペースを最後まで出しきれず奪ったゴールは1点だけだった。

ここ2試合みる限り、【マンツーマンプレス】によってマリノスらしさを消されてしまったのではないだろうか。マリノスはポジションをシャッフルする事で優位性をつくり、相手を困惑させる狙いがあるが、マンツーマンプレスによってポジションをシャッフルしても明確なプレスをくらい続けることになる(人についてくるマンツーマン。ポジションを変えてもマークが明確になるのが利点)。

マリノスは自陣からショートパスを繋いで前進をするスタイル。そこへ前からマンツーマン気味にプレスをかけられれば時間とスペースが当然減らされて窮屈なプレーを強いられる。マンツーマンの弱点は突破されてしまうと数的不利の状況になること。そのマンツーマンの弱点を突いて、局面を突破できればよかったが、なかなか上手くいかない2試合だった。

敵陣でのマンツーマンは低リスク?

マンツーマンでプレスにいっている時に1vs1で負けてしまえば相手に数的有利の状況を与えてしまうリスクがある。

マンツーマンはリスクあるよね!

対人能力やスタミナも必要だよね!

マンツーマンプレスはリスキーで危ないイメージあるよね。

でも、マンツーマンの使い分けをすることで、そのリスクを下げられ、マンツーマンの利点を活かせることがあるんだよ!

 

そうなんです、マンツーマンプレスってリスキーなイメージが強いかもしれませんが実はそんな事はない?自陣からショートパスを繋いでビルドアップをする相手に対して敵陣でのマンツーマンプレスは非常に効果的でリスクも低いのだ。

自陣でボールを動かすマリノスに対して、札幌は自陣のゴールから遠いエリアでマンツーマンプレスをかけられる事でリスク軽減。リスクがあるのはマリノスの方だった。なぜならば札幌に多くの人数を自分たちのゴールが近いエリアでプレスを受ける状態で、ボールを動かさなければいけない状況だからだ。実はこの試合リスクがあったのはマリノスの方だった。

マリノスは札幌のプレスに対してどんどん下がってボールを動かすように。奪われればすぐにシュートを打たれてしまうリスクを倍増させ、札幌は自分たちのゴールから遠いところでマンツーマンプレスをかけられる事でマンツーマンプレスのもつ効果を倍増させていった(より相手ゴールに近いエリアでマンツーマンプレスを行えれば、例え局面の1vs1で負けても自分たちの守るゴールまでに長い距離があるので、戻れる時間もあり、奪い返せるチャンスも増える)。

このような理由から、札幌のマンツーマンプレスは低リスクであったとも言えるだろう。マリノスが下がれば下がるほど札幌の思惑通りだった。

さぁ、どうするマリノス?

それではマリノスは前からマンツーマンプレスにくる相手に対してどんな対処すればよかったのだろうが?

①1vs1で負けない。突破して数的優位をつくる。
②相手の背後をつく。
③より前への選択肢を意識する。
④下がらない。
⑤ボールを受ける動きだけでなく、スペースを開ける動きも意識する。

私が思い浮かんだ対処法はこんな感じです。皆さんの意見も是非聞いてみたいです。実際開始早々のチャンスも先制点も札幌の最終ラインへ目掛けたボールが入ったことがキッカケで生まれている。

【公式】ハイライト:北海道コンサドーレ札幌vs横浜F・マリノス 明治安田生命J1リーグ 第7節 2020/7/26

この試合はサイドからの独断突破ができる遠藤が途中で負傷交代。また仲川とエリキがベンチ外。サイドでの「質的優位」を作れなかったのは非常に痛かったはず。過密日程ならではなのかもしれないが、サイドからの1vs1で突破できるシーンが増えればまた違った結果になっていたかもしれない。

終わり

先制点を奪ったマリノスだったが、あっという間に逆転を許して勝ち点を落としてしまった。昨年見せたマリノスお得意の『先制逃げ切り』が最近できていない。色んな意味で今のマリノスは『繋がり』が弱い。『繋がり』がマッチした時のマリノスはどのクラブにも止められない事は昨シーズン証明済みだが、その流れをもう一度起こす事は出来るのだろうか?

過密日程で浮き彫りとなった弱さと課題。これからACLやカップ戦が入ってくる中で、さらにハードな戦いが続くだろう。試練の時は長く、険しく続いていく。決して逃げずに、コツコツと乗り越えて、また新しい、強いマリノスになってくれることを願うばかりだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました