【トライ&エラーの賜物】チャンピオンズリーグ round16 2nd マンチェスター・シティvsレアル・マドリード

サッカー戦術分析
この記事は約11分で読めます。

Come back UCL !!

チャンピオンズリーグが帰ってきた。ファーストレグを敵地サンチャゴベルナベウで逆転勝利をおさめたマンチェスターシティ。今度はエティハドスタジアムに白い巨人がやってきた。ファーストレグの結果を踏まえてレアル・マドリードは2得点以上ゴールを奪われなければ次のラウンド8に進めない状況。また絶対的存在キャプテンラモスは出場停止。色んな要素、状況、思惑が絡み合う中キックオフのホイッスルが鳴らされた。

Embed from Getty Images

試合開始から無観客のエティハドスタジアムは異様な緊張感に包まれていた。それは映像を通しても伝わるほど。この試合に懸ける両チームの思いの強さや、費やしてきた準備量の多さがそうさせたのかもしれない。やっぱりチャンピオンズリーグは特別。

それではゲームを振り返ってみましょう。

ペップの奇策か?

まずはじめにどうしても目が向いたのはシティの3トップの並びだ。ジェズスが最前線に入ると思いきや、彼はファーストレグ同様に左のワイドに。右のワイドにはスターリング。そして中央にはフォーデンが入った。この並びを見るだけでも何かペップの思惑が伝わる。レアルのジダン監督も想定してなかったかもしれない。

この最前線に入ったフォーデンには重要なタスクが与えられていた。またその重要ミッションをこの若きシティの星は見事に遂行してみせた。

そして、いつもと違う、この選手の並びはレアルのボールをより前で奪うための戦術であった。

シティのボール非保持

レアルのボール保持に対して高い位置からプレスに出たシティ。GKからレアルのCBにボールが入ると、両ワイドのジェズスとスターリングはサイドのコースを切りながら、CBにプレスにいき、中央のフォーデンもボールに牽制しながらも一列下がってアンカーのカゼミロのパスコースを塞いでいく。

レアルのGK、CBがボールを持つと外のパスコースを塞ぎ、なおかつ中央にはフォーデンと、3人の中盤が待ち受ける。逃げ道を探しているうちに、ワイドから強度高いジェズスとスターリングがGKやCBに猛烈にプレスが襲いかかる。

このペップが準備した戦術が見事にハマり先制点を奪い去る。

Embed from Getty Images

8分シティのボールを自陣で奪ったレアルは右SBカルバハルからCBヴァランへバックパス。するとシティが前から圧力をかけに行く。フォーデンがカゼミロを牽制しながら右CBヴァランへプレス。デ・ブライネもカゼミロへマークへ出る。スターリングとジェズスはレアルのSBのパスコースを塞ぐ。たまらずヴァランはGKクルトワへバックパス→逆サイドの左CBミリトンへ。しかし左CBミリトンも同じく前へつけられない。もう一度GKクルトワへ横パス→ヴァランへ。前への選択を選べない、見つけられない間にシティの圧力が強まり、最後はペナの中でヴァランのボールを奪い去ったジェズスからスターリングに横パスが入り簡単にゴールに流し込み先制点を奪い去ったシテ

大きな大きな先制点が入った。

ペップの準備した戦術が見事にハマったシーンだった。

決して奇策ではない。

前線の選手の並びだけを見ればペップ奇策だったかもしれない。そしてこのシティのボール非保持の立ち振る舞いもいつもと違う!と思ったかもしれないが、決してそうではない。このレアルにみせた前半のボール非保持の立ち振る舞いは、リーグ再開後からトライ&エラーを繰り返してきて手に入れた賜物である。リーグ再開後の初戦であるアーセナル戦から、シティのボール非保持の新たなチャレンジは始まっていた。上手くいった試合もあれば、チェルシー戦のように上手くプレスがハマらない試合もあった。

Embed from Getty Images

このシティの新たなボール非保持のチャレンジで最重要の役割を担うのが最前線に入る選手ではないかと思っている。ジェススが入ることも、ベルナルドが入ることもあったが、この試合で見つけたフォーデンという選択。そしてワイドに入ったジェズスとスターリングの組み合わせも見事にマッチしレアルから奪った先制点。このゴールはシティらしくなかったかもしれないが、決して偶然から生まれたゴールではない。トライ&エラーを繰り返し手に入れた賜物である。

このボール非保持の立ち振る舞いがシティの新たならしさになるのかもしれない。

ビルドアップに関与しなくなる

先制点を奪ったようにGK、CBへ強い強度のプレスへ行く狙いに加えて、アンカーカゼミロへのプレスも狙っていたシティ。たとえ後方からカゼミロにボールが入っても、そこへプレスに行くシティ。案の定カゼミロはビルドアップ時でミスが目立ちシティにボールを渡すシーンも少なくなかった。

そこでカゼミロはアンカーの位置から居なくなる。自陣からのビルドアップに関与する回数を減らし、クロースとモドリッチにその役割をバトンタッチ。クロースやモドリッチがボールを引き出して、前線にボールを配給するシーンが増えていく。モドリッチとクロースが下がり、後方で数的優位をつくってシティの前プレ剥がすようになっていく。

モドリッチは落ちてボールを引き出し自分でドリブルで運んでプレスを剥がしたり、正確なチェンジサイドもお手のも。クロースもチェンジサイドはお手のも。ビルドアップに安定感がもたらされる。

この時右SBカルバハルはあまり上がらずに、左SBのメンディは高い位置に上がり、左ワイドのアザールは内側に入って配置をチェンジする事でクロースと、モドリッチがビルドアップの為にレーンを下げても前線の厚みが薄くならない対応がチーム全体でなされており流石だった。

そして生まれた同点弾。

Embed from Getty Images

28分GKクルトワからボールを受けたクロースがデ・ブライネのプレスを受けるもキープをし時間を作りボールを動かす。一列上がったカゼミロから一列落ちたモドリッチにボールが入ると。モドリッチが右へチェンジサイドでシティ陣内に侵入成功。そして右サイドをベンゼマとロドリゴでボールを動かし、サイドを深くえぐる。最後はロドリゴのクロスからベンゼマのヘッドが決まり同点に!ベンゼマはこのシーン崩しにも関与し、そのままフィニッシュワークまでこなす素晴らしい働きっぷりをみせた。怖くていい選手だ。

ボール保持ではこの試合力を出せていなかったカゼミロだが、ボール非保持での存在感は流石。危険なエリアでは体を張り、ボールを奪取するシーンも。それぞれが最大限良さを出せる、得意なことに徹することが出来るのもレアルの強さの一つだろう。

後方からの配給力

後半に入ると両チームのプレス強度が少し弱まる事で、ボール保持の局面が目立つようになっていった。両チームともに、前線からボールを奪いにアクションを見せる中で、後方(CBとGK)の配給力が結果に大きな影響を与えた。

シティはこの試合ラポルトとCBを組んだのはフェルナンジーニョ。そしてGKエデルソンのこの3人の前線への配給力を考えると世界トップレベルではないだろうか。この後方3人からの配給でのミスはほとんどなく、前の選手たちに時間とスペースを与え続けた。

後方からミスなく前へボールが入るということは自陣の守るゴールからボールを離すという事でもある。ビルドアップはゴールを決める確率を上げる為でもあり、ゴールを守る確率も上げる為でもある。後方でボールを奪われるよりも、それより前の中盤でボールを奪われる方が失点の確率は下がる。それがより前なればなるほどその確率は下がるわけである。

そして後方の配給力はもちろん、ボールを受ける選手の立ち位置もしっかりレアルの選手を見ながら立ち位置が取れていたことで前進できていたことを忘れてはいけない。どんなに後方に配給力があってもボールを受ける選手の立ち位置が悪ければボールは入らない。

この試合では前線のフォーデンとデ・ブライネがビルドアップの出口となることが多かった。ボール保持になるとフォーデンは最前線から一列、二列と落ちてボールを引き出すことで中盤に数的優位を作り、レアルの守備の基準を壊していく。

そしてもう一人はデ・ブライネ。デ・ブライネはファーストレグ同様にアンカーカゼミロのアンカー脇で立ち位置をとりボールを引き出す。この試合ではアザールサイドのハーフスペースに顔を出すシーンが前半は多かった。そこが空いているのをデ・ブライネだけが把握している訳ではなく、チーム全体で共有されており何度も同じ場所でデ・ブライネがフリーでボールを引き出すシーンがあった。

そのほかにも右SBウォーカーがインサイドに絞って(偽SB)ボールを引き出したり、GKエデルソンお得意の弾丸フィードで前進するシーンもあり、シティの後方からの配給からの引き出しの多さがこの試合は際立っていた。

そして勝負を決めるゴールが入る。シティが自陣でカンセロからロドリへ少し浮いた横パスが入る。プレスを受けたロドリはセーフティーにクリア気味のボールをレアルの裏のスペースに蹴り込むとそれに反応したジェズスが猛追。それに圧力を感じたのかヴァランはその浮き玉のボールをGKクルトワにバックパスをするとそれをよんでいたジェズスがボールを奪いワンタッチループで2点目を奪い去ったシティ。決して狙った形ではなかったはずだが、確率的な話をすると、相手ゴールに近づけば近づくほどゴールが決まる確率は高くなる。そこでミスが出れば失点する確率は増えていく。自陣ゴールから遠ざかり、相手ゴールに近づくことがサッカーにおいていかに大事が分かるゴールでもあった。

終わり

スコアはこのまま2-1でホームシティが勝利を手にし、リスボン行きのチケットを手に入れた。CL絶対王者に対して自分たちの良さを出しつつ、それ以上にいかに相手の良さを消すかに重きをおいていた2試合だったかもしれない。それがシティの良さか。リーグ戦との振る舞い方とはまた違うシティの姿を見れるのもCLの楽しみの一つ。

この試合みせたボール非保持での振る舞いは再開後からのトライ&エラーの賜物である。これがもっと練り上げられ、またシティの新たな武器になってくれるだろうか。もしかしたらこの試合で一つの形は出来上がったのかもしれない。

リスボンでの相手はリヨンに決定。イタリア王者ユベントスが破ったリヨンは、毎年のようにCLに強いイメージがある。昨シーズンは今のメンバーに、フェキルがいて、レアルのメンディがいて、エンドンベレもいたから見ていて楽しいし、強いチームだったことを思い出した。

またハイレベルな戦いが見れることが何より楽しみ。来週が待ち遠しい。

おまけ

この試合のそれぞれの選手に託されたタスクの多さ。このレベルになれば多くのタスクを担える選手しかいないとも言えるが、それにしても多かった。まずはシティの右SBウォーカー。この試合MOMに選ばれる納得のパフォーマンスをみせてくれた。ボール非保持ではインサイドに絞って中盤に優位性を与えたり、デ・ブライネが開けたスペースに縦パスを刺すボールを供給したり、ドリブルでスイスイ剥がしちゃうシーンも。それだけではない、マッチアップしたアザールに対してもほとんど仕事をさせないだけでなく、CBのカバーもしっかり行う働きっぷり。最近の彼のパフォーマンスレベルは圧巻です。今シーズンでまた一つレベルが上がってるね。

対するレアルではモドリッチは流石のタスク量。しかし、この試合は彼一人にかかるタスクの量が偏りすぎたとも言えるかもしれない。ボール保持では最終ラインまで下がってシティのプレスを剥がす助けをしたり、前線にボールが入ればビルドアップをした位置から長い距離を走ってサイドに流れてボールを引き出すシーンも。ドリブルでプレスを剥がすシーンも。ボール非保持になればベンゼマとともに最前線に入りプレスにいったり、中盤の位置でボールにプレスにいくシーンも。案の定後半は運動量が落ちてデ・ブライネをフリーにさせてしまうシーンも。あまりにもモドリッチにかかる負担が大きすぎではなかったのかなと感じた。もう少しタスクを分散できればモドリッチとしても、チームとしてももっといいパフォーマンスが出来たのかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました