【見えたものが見えなく】J1リーグ第31節 横浜F・マリノスvs鹿島アントラーズ

サッカー戦術分析
この記事は約7分で読めます。

お久しぶりのマリノスレビューになります。お手柔らかに!それでは早速この伝統の一戦を簡単ではありますが振り返っていきたいと思います!

中盤の優位性を活かして

両チームのスタメンをまずは噛み合わせてみます。すると中盤にはマリノスが数的優位になる構図が。アントラーズにとって一番捕まえなければいけない男マルコスがこの中盤にいる事も非常に厄介。一番警戒しなくてはいけない男であり、一番捕まえずらい男をマンマークで抑えられない事は大きなウィークポイントに。アントラーズにとっては中盤が数的不利という事で、レオ・シルバと永木のどちらか一方が一人で2人を監視しなくてはいけない状態に。そこに流動的にポジションチェンジを行うマリノス。両SB松原と小池もインサイドに入ってくるし、中盤で監視しなくてはいけない選手が盛りだくさんに。たまらずアントラーズが次の手を打つ。

2トップの上田と土居が一列下がって中盤に人をかける。これにより、レオ・シルバと永木の負担を軽減させる。しかし、そなると今度はマリノスのCBチアゴと伊藤に時間とスペースが与えられる。そして新加入のGK高丘にも同様な状況が与えられる。マリノスの後方の選手はしっかりボールを扱えるスキルがあるのは言うまでもない。

こんな事からアントラーズはマリノスのボールに高い位置からはアタックできない状態に。中盤にボールが入ればプレスに行けるが、ボールをCBやGKまで下げられてしまえばそこまでプレスにいけない。中盤ではプレスに行けるが、そこから先へはプレスに出れないアントラーズ。ビルドアップ→下げてやり直す→展開→再びビルドアップを繰り返すマリノスのボール回しに段々と重心を下げられてしまったアントラーズ。

そして前半15分マリノスが先制点をゲットする。中盤の優位性から、アントラーズを自陣に押し下げ、左サイド深くにボールを送り込む。中盤から一列下がってボールを引き出した扇原からSB小池へ。小池は前向きにスピードを持って前進すると、一列前で左サイドで幅をとるエリキへ縦パスを出し。エリキにボールを出した小池はそのままスピードに乗った状態でワンツーのパスを受けて一気に、アントラーズの最終ラインをぶち抜き左足でクロス。このクロスに対して逆サイドの右WG水沼がしっかり飛び込みゴールに流し込み先制点をゲットしたマリノス!

これだけでは終わらない。先制点から10分後の前半25分マルコスを起点としたカウンターから追加点。マリノスらしい電光石火のカウンターが決まり最後はエリキが押し込み点差をあっという間に広げた。

開くチャンネル

アントラーズのボール非保持の基本配置は4-4-2。この配置をマリノス上手く突きながらゴールに迫れていた。4バックなので一番開きやすいのが、チャンネルだ。SBとCBの間のスペースだ。ここでも前述した配置の噛み合わせ状の問題が出てくる。マリノスには有利に。アントラーズには不利な形となって。マリノスは両ワイドが目一杯にWGが幅をとる配置となっている。そこにこの試合対応しなければいけないアントラーズの選手はSBの選手だった。マリノスは幅をとるWGエリキと水沼にボールを供給できるとアントラーズのSBをつり出せ、チャンネルを開ける事が出来た。

その形、狙いは先制点にもしっかり現れた。またマリノスのWGボールを受けなくても、彼らを警戒してアントラーズのSBがつり出され、チャンネルのスペースが開くシーンも多かった。幅をとるマリノスのWGによってアントラーズの最終ラインのポジションバランスが崩れるシーンもあった。

アントラーズとの配置の噛み合わせの相性や、明確な狙いをピッチで表現もできるシーンもあっただけに、3点目が欲しかった。3点目を決めなければいけない試合だった。相手はアントラーズ。2点差では決して折れない常勝チーム。心をへし折れなかったマリノス。アントラーズの猛攻に耐え忍ぶ時間がやってくる。

見えたものが見えなくなる

前半終盤に土居から上田へのパス一本で得点を奪われたマリノス。マリノスの選手のメンタルを弱め、アントラーズに勢いをもたらした一点だったと後々感じるような強烈なゴールだった。マリノスにとっては勿体無い。アントラーズからしたららしいゴールだったかもしれない。

後半に入るとアントラーズがより攻撃的に前に出る。前半アントラーズが放ったシュート数は11本。後半に入るとそれを上回る17本ものシュートを放ち、マリノスは約30本ものシュートの雨を浴びることに。

前半マリノスはこのようにビルドアップを試みた。GKを含む8人の選手で、アントラーズの6人の選手のプレスを相手にボールを動かして、前進を試みた。マリノスのフロントスリーが最前線にいることで、アントラーズの4バックをピン留することで、マリノスはビルドアップを8vs6の数的優位で行えた役割に。

8vs6なので、必然的にフリーマンが生まれる。前半はこのフリーマンをしっかり見つけられ、前進をし、アントラーズを押し下げることに成功していた。前半はしっかり『見えていた』。しかし、後半に入ると『見えなくなった』。それはなぜか、簡単に言うと、アントラーズが後半に入るとより前のめりにマリノスのボールへ圧力をかけにいったからだ。

人数とサイズを変えた鹿島

後半守備の強度をあげたアントラーズ。前のめりになることでラインも押し上げる。前半は黄色のエリアまで使ってマリノスがボールを動かしたとしたら、後半は赤色のエリアまで狭められたイメージだ。当然使えるエリアの広さが狭くなれば、よりプレッシャーを受け、そこで求められる技術は高くなる。ここが一つ目の見えなくなった要因

そしてもう一つの要因が、フリーマンを一人減らされたことだ。トップ下のマルコスに対してアントラーズのCBの一方がマルコスまでプレスに行くシーンも前半より増えていった。GKを含めて8vs6でビルドアップしていた状況が、8vs7となったとも言える。フリーマンが一人減ってしまえばよりプレッシャーを受けることにもなり、これが二つ目の見えなくなった要因だ。

アントラーズの前のめりのプレスによって、より技術的なスキルを求められたマリノスはそれを剥がせなくなり、アントラーズにボールを奪われ、押し込まれる時間帯が増えていく。アントラーズの猛攻に耐えなくてはいけない時間がやってくる。アントラーズによって、サイズと人数を少し変えられ、前半見えてたものが見えなくなってしまった。本当にほんの少しの変化だったかもしれない。裏のスペースは前半よりは空いていただろうし、それでも中盤には一人の選手が必ずフリーとなる。そこを見つけられずにボールを前進できずにアントラーズの縦に早い、幅を使った攻撃を何度も受けるように。

そしてその猛攻に耐えられずに残り15分で2失点。

やり返す時間も力もなく、このままホイッスル。

前への姿勢と球際

試合はアントラーズの大逆転勝利だった。しかし決定機の数を見ていても、マリノスがもっと点数を奪えるシーンもあったし、どちらに転ぶか分からない試合でもあった。エンターテイメント的な視点からみれば非常に面白い試合だった。マリノスらしいと言えばそうかもしれない。

同点、逆転弾を受ける前にマリノスは仕留めの3点目を奪えなかった事が敗因だったかもしれない。3点目を奪えるチャンスがあっただけに、そうだった可能性は高いだろう。2点とってるんだから、守備の問題だろうと思うかもしれないが、それはポステコグルーマリノスではない。相手よりも点数を多くとり、より攻撃的にプレーするのがボスのスタイルだし、今のマリノスの目指す超アタッキングフットボールだ。

アントラーズよりもこの試合攻撃的だったのか?そこが一番の問題。マリノスも攻撃的だったのは間違いないが、それ以上に、この試合はアントラーズの方が攻撃的だったように感じる。それが点差に現れ、シュート数に現れている。そして、前に出る意識、強度は流石のアントラーズだった。

時間が経つにつれて、アントラーズが球際で勝ちボールを前へ進めるシーンが増えていった。しかし、1回目の球際勝負ではほぼ両チームは互角といった印象。しかし結局ルーズボールを拾うのはアントラーズ。アントラーズは次から次へとボールへ湧き出てくる。回収するスピード、厚みがマリノスよりも上手だった。それを可能にした一つは、チーム全員が前へと言う意識がマリノスよりも高かったことかもしれない。

一人だけが前への意識と、チーム全体でその意識を共有しているとでは大きな差を生むはずだ。それがピッチに現れ結果にも現れることも。

見えていたものが見えなくなっていたのか。マリノスが目指すフットボールは、超アタッキングフットボールだ。結果も大事だが、どこのチームよりも「攻撃的」でなければいけないだろう?と常勝アントラーズに教えらたような試合だったのかもしれない。

超過密日程で色々と大変だとは思うが、超アタッキングフットボールを目指してこれからもマリノスらしさ全開で戦って欲しいね!3点取られてら4点取り返そうではないか!いや5点、6点とるチームになろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました