【Jリーグ第2節】横浜F・マリノスvsベガルタ仙台

スポンサーリンク
サッカー戦術分析

開幕で衝撃を受けたマリノス。第2節のベガルタ仙台との戦いを観ていきたいと思います。
今回は圧巻だった前半を中心に振り返っていきます。
攻撃が中心となります。

サクッと読めると思うので最後まで読んでください!

それではスタメンです。どうぞ。

Embed from Getty Images

スタメン

マリノスのスタメンは開幕戦とまるっきり一緒でした。
ベガルタ仙台は3-1-4-2。守備になると5-3-2のような配置になりゴール前にバスを置く。
ベガルタは昨シーズン、マリノス相手に2試合で13失点。そう言う事も踏まえ5バックと守備的な布陣になっていたのかもしれない。

予想通りマリノスがキックオフからボールをキープする展開となった。

ベガルタは守備ラインを下げての守り方だった。ボールにガツガツいくよりは、マリノスが多く使う中央とゴール前の「エリア」を守った。

マリノスはどのように攻めていったのか観ていきます

スポンサーリンク

釣り出して穴を開けるマリノス

ベガルタは守備になると5-3-2で守備陣形をつくる。
マリノスはどのようにゴールを奪ったのか?
それではマリノスの崩しを観ていきます。

前半17分のシーン

三好と広瀬が矢印の方へ動く。
なぜ右SBの広瀬が?それはマリノスの特徴。配置を崩して配置を整える。詳しくは前回のブログをどうぞ。

広瀬が落ちてチアゴから縦パスを受ける。
ベガルタのCBとインサイドハーフが広瀬へプレス。
黄色の空いたスペースに天野が走る。広瀬は縦パスを三好へ落としのパスを出す。三好がワンタッチで天野へ。
ズレてズレるベガルタ。
ベガルタの関口までも動かされる。
そうすると大外の仲川が空きパスを受けシュート。

またこの試合では喜田の立ち位置が非常に重要な役割をしていた。それは後ほど詳しく解説します!

前半17分のマリノスの崩し

前半4分の攻撃

CBの畠中がボールを持つ。
左の高野とマルコスが図のように落ちる。そうすると次の図へ。

ベガルタの選手を釣り出し守備ブロックに穴を開ける。畠中がマルコスへ縦パス。マルコスが創ったスペースへインサイドの天野がランニングしてグランダーのパスを右SBの広瀬へ。決定的なシーンだったが惜しくも決めきれなかった!

このようにベガルタの選手を釣り出して穴を空けて攻撃をしていった!
この試合も狭い局面で複数の選手が連続してボールに関わる。観ていて非常に面白かった。

前半4分のマリノスの崩しと1点目のPK獲得シーン!
スポンサーリンク

三好のドリブル

三好のドリブルが起点となったゴールは2点目。
三好はドリブルで相手を抜き去ることもキープする事も出来る。
ここでは相手を釣り出すドリブル。相手に向かってドリブルする事で味方にパスコースを創る事だ。
2点目は三好がドリブルして仲川が斜めにランニング。
このゴール後すぐに同じ形でドリブルし、今度は天野が斜めにランニング。
こればマリノスの新たな武器になるだろう。

喜田の役割

この試合でJ1通算100試合出場!

マリノスの攻守の要8番喜田。
攻撃では労を惜しまず走り味方のサポートへ。
自分が動き味方にパスコースを創り出す。
ボールの入れ方やボールを扱う技術も非常に高い。
よく首をふり、味方に細かいポジションの指示をする姿はまるでジョルジーニョ(チェルシー)のようだった。
守備ではセカンドボールを広い、トランジションでボールをすぐさま狩にいく。
マリノスが攻撃をしている時はCBと共にリスク管理をしてカウンターをシャットアウトする。

喜田の立ち位置

喜田の立ち位置でベガルタの2CBをピン留する事で
マリノスの2CBのチアゴと畠中に時間とスペースを与える役割の担っていた。

①喜田の立ち位置によりベガルタの2CBは中央へ絞る。
それにより縦ラインができる。
CBからの縦パスがこの試合多かった。

②ベガルタのFWが縦をきってきたら、喜田のパスコースが空きパスを受ける。

③①同様縦ラインが出来るので2CBのドリブルコースがうまれてドリブル侵入。

④この試合そんなに無かったが、ベガルタのFW2枚が2CBにプレスにいったら2CBの間もしくは、脇に落ちて後方で数的優位を創った。

喜田が直接ボールに触れなくてもベガルタにとっては脅威になっていた。

最後に

今回はマリノスの攻撃を中心に観てきました。守備ももちろんマリノスらしさがある。
開幕戦同様にハイラインで前線から厚みのあるプレスをかけにいった。チームが一体となってハイラインを創り出す。前線の選手が長い距離走ってプレスにいく事で後方が押し上げる時間を創っている。
このように攻守チーム一体となって戦っている。守備については後日詳しく書いていこうと思う。多分次節のフロンターレ戦でマリノスの守備のシーンが増えると思われるので。
次節の王者フロンターレ戦は非常に楽しみ。お互い殴り合い上等なオープンなゲームになることを期待している!三好が契約上、出れないのが非常に残念ではあるが、マリノスがどう戦うのかは楽しみの一つである。王者相手にボールを持てるのか?持てなくなった時にどんな戦いをするのか?楽しみは尽きない。それでは週末のJリーグを楽しみ待ちましょう。

試合結果 Jリーグ2節
横浜F・マリノス 2 ー 1 ベガルタ仙台
得点者
マリノス:エジカル×2
ベガルタ:関口

コメント