マンチェスターシティ戦術・マッチレビュー

サッカー戦術分析
この記事は約6分で読めます。

プレミアリーグ第15節

今節はマンチェスターシティ×ニューカッスルのマッチレビューをお届けします。前に出てきたニューカッスルを無効化し、自分たちのペースに持ち込んでいったシティ。前半と後半で配置が変える事で、ニューカッスルに対応をさせなかったのは戦術的に面白いゲームだった。その主役はカンセロだった。カンセロの立ち位置にニューカッスルは本当に手を焼いたはず。前半と後半で違うカンセロロールはこの試合のキーになっていたし、彼のスキルの高さを証明する試合にもなった。

それではゲームを振り返っていきましょう!

前に出る白黒

アウェイのニューカッスルが試合序盤から積極的に前からボールにアタックする姿勢を見せた。ニューカッスルはボール非保持に5-4-1の形をとると、重心を後ろに下げすぎるわけではなく、その配置が整うと積極的にシティのボールに出る。

序盤こそ、タイミングよく強度あるプレスをシティの選手たちにお見舞いするシーンもあったが、徐々にシティも対応する展開に。相手の守備戦術をすぐに把握すると、試合序盤は無理せずに、ニューカッスルの攻撃をサラリといなしながら、数的優位を作りボールを動かしていく。

そうなるとニューカッスルの重心は後ろに下がってくる。シティはニューカッスルを自陣に押し込める展開となったが、そうなると次の問題が。その問題とは5-4-1のゴール前ブロックをどう崩すかという事と、カウンター対応だ。

どのようにこの問題をシティは解決してたのか?

前半の可変(偽SB)

シティはボールを保持するとベースの4-2-3-1の配置を可変させ、後方のビルドアップは安定的に、前線は幅と数的優位を作り、ニューカッスルの守備の基準を定めさせない狙いがあった。前半と後半で可変の色合いを少し違っていたのは戦術的に非常に面白かった。その可変システムの主役は右SBカンセロだった。前半はインサイドに。後半はワイドに。カンセロだからできるカンセロロールをペップに与えられた試合だった。

前半シティは右SBカンセロはインサイドに入る偽SBの動きを見せると、左SBアケがインサイドに入り、後方をアケ、ディアス、ストーンズの3バックに可変する。アンカーのロドリもビルドアップに加わり菱形でボールを動かしていく。3-1-3-3になり、優位性を持ってボールを動かす事と、ニューカッスルの選手たちを集める事に成功した。

後方が数的優位になる事でニューカッスルの中盤の選手を引きつけてボールをリリースする事で、前の選手に時間とスペースを与える事ができた。また右SBカンセロがインサイドに絞る事でニューカッスルの中盤を集め、右のWGに入ったスターリングに1vs1の局面を作る効果も生み出していた。

この効果を活かして奪った先制点は見事だった。左でボールを動かし、デ・ブライネが右のハーフスペースに落ちたカンセロにボールを入れるとフリーでバイタルエリアで前を向く。すかさず幅をとったスターリング5バックの背後をとるバックドアでペナのポケットへ侵入すると最後はギュンドアンが押し込み先制ゴール。

見事なシティらしいポケット侵入であり、5バック攻略だった。スターリングが5バックの大外から斜めに背後をとる形は前半何回も見られた形なので、意図的に狙っていたと言えるだろう。そんな狙いからこの試合スターリングは左ではなく右起用だったのかもしれない。

前半シティはこのゴール以外にもいくつかの決定機もあったが、決めきれずに1点リードでハーフタイムへ。

後半の可変(右のWG)

後半に入るとシティは可変の形を変えてしまう。ニューカッスルもハーフタイムで対策を打ったはずだが、その対策を嘲笑うかのように、ペップがボール保持での可変を前半とは違う形へと変えていく。

スターリングとベルナルドの立ち位置を逆にする。左のワイドにスターリング、右のワイドにベルナルドが入る。前半同様にスターリングの役割はサイドが変わったものの幅をとる事。右のワイドのベルナルドはよりインサイドでプレーすることを求められた。すると前半偽SBとしてインサイドで頻繁にプレーしていた右SBカンセロは右のWGの役割を後半ペップに与えられた。右のハーフスペースにベルナルドが入ることで、デ・ブライネは中央もしくは、左のハーフスペースに立ち位置をとることが多くなり、前半とは違う色合いの可変を加えてボールを動かすことで、ニューカッスルに守備の基準を定めさせない。

前半は左サイドでボールを動かし、右サイドで仕留めるパターンが多かったが、後半は右サイドから相手を崩し、クロスをあげるパターンが増えていった。右の幅をとるカンセロからシンプルにクロスを入れたり、ペップシティらしい幅をとって斜めのボールでペナのポケット侵入といった形から何回もニューカッスルの左サイドを抉っていく。そしてその右サイドから右SBカンセロの低くて速いクロスに対して相手がクリアを出来ずに、溢れたボールをF・トーレスが押し込み2点目を奪ったシティ。

また一つの発見が。カンセロは左SBに入った時カットインをしてファーサイドへ巻いたボールがお得意だが、右サイドからのクロス精度も非常に高い。解説者のベンさんも言っていたように、まるでデ・ブライネのようなクロス!そんなクロスを連発。後半は彼のクロスから何回も決定機を演出した。

カウンター対策は?

相手がゴール前にブロックを敷くということは、カウンターを受けるリスクも増えることは、シティの試合をよく見る人はよくお分りだと思う。前のめりになればなるほど、攻めるチームの背後のスペースは増えることに。

今節においても、今シーズンにおいてもシティは今まで以上に、カウンター対応はうまく出来ている。それはプレミアリーグ最少失点という数字としても証明されている(プレミアリーグ第14節終わった時点)。今節はまた違った形でカウンター対応をみせた。

シティはボール保持になるとカンセロがより攻撃的なタスクを与えらることにより、左SBのアケはインサイドに絞り、右肩上がりで可変する。その時後方は3バックになる。このことも踏まえて左SBはメンディやジンチェンコではなく、アケを起用したのかなと推測している。

これにより3人のCBが本職の選手(アケ、ディアス、ストーンズ)が後方に残る状態を、攻撃をしながら整えていた。7人で攻めさせて、しっかり3人でカウンターの準備を整えたシティは、今節もクリーンシートでゲームを締めにいった。

点数は2点しか奪えなかったが、今シーズンお馴染みとなりつつある、クリーンシートで2-0でリーグ連勝を飾った。

終わり

Embed from Getty Images

さぁ、始まりましたプレミアリーグの年末年始超過密日程が。シティはこの試合から中2日もない?状況で次の試合エヴァートン戦へ。エヴァートはここまで好調を維持している相手。上位対決での対戦が楽しみだ。

シティはこの試合が始まる前に、ジェズスとウォーカーがコロナウィルスに感染してしまった報道が。原則2週間は試合に出れないようなので、過密日程には痛手になるのは間違いないが、元気に戻ってきてくれることだけを祈っております。

今節はカンセロが活き活きプレーしていました。与えられるタスクも多くなり、ペップの信頼も増しているはず。カンセロだから出来る、カンセロしか出来ないカンセロロールは新たなシティの武器になってくれるはずだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました