【カンセロ対策】マンチェスター・シティvsブライトン【プレミアリーグ第18節 戦術分析・レビュー】

サッカー戦術分析
この記事は約7分で読めます。

それではゲームを振り返っていきましょう!

カンセロ対策

ブライトンはシティ相手にしっかり準備をしてきたことがゲームの入りから表れていた。ボール非保持の局面は事細かく、ボールを奪えばカウンターとボール保持を使い分けながら戦いに挑んだ。

シティは自陣からのビルドアップの際にこの日も右SBに入ったカンセロはインサイドに絞ってポジションを取るいわゆる偽SBの役割を担っていた。右SBのカンセロがインサイドに入ることで相手に迷いを与えて、中盤に数的優位を作り出す狙いがあり、ここ数試合のこの『カンセロロール』はうまく機能していた。しかし、ブライトンはそこへのカンセロ対策を明確に打ち出して、シティを苦しめていく。

シティ陣内でのボール非保持

ブライトンはシティのボール保持の位置に合わせてボール非保持の振る舞いを変えていった。まずはシティ陣内での振る舞い。ブライトンの配置は3-4-3。トップのアリスターは明確にアンカーロドリを監視する。それじゃ、シティの2CBには誰がプレスにいくの?と言うと、2シャドーのトロサールとタウだった。そしてインサイドに絞るカンセロには左WBのベルナルドが付いていく。

中盤の選手に受け渡すことなく、カンセロのマークに行くのが決まりごと。これがポッター監督が出したカンセロ対策だった。そして左SBジンチェンコにボールが入るとCHのプレパーがプレスに行き、相方のCHホワイトはスライドして中盤を締めに行く連動したプレスを、シティ陣内にボールがある時に見せたブライトン。これによりシティのDFラインの選手には常にブライトンのプレッシャーを受ける状態になった。これにより、ビルドアップのミスや、中盤で引っ掛けてシティはショートカウンターを受けるシーンもあった。

ブライトン陣内でのボール非保持

お次は自陣に押し込まれた時のブライトンのボール非保持の振る舞い。3-4-3のシステムからWBと2シャドーの重心を下げて5-4-1の陣形でライン間を締めて、中盤を締めて、サイドのボールに対してはWBが対応する。ペナルティエリアの中にはGKを含めて10人の選手が戻り、人を増員し強固なブロックを組んでシティの攻撃を跳ね返した。ブライトンの3バックのダンク(190cm)、ウェブスター(191cm)、バーン(198cm)と強くてデカいタワーが立ちはだかり、シンプルなクロスも効かない状況でシティは手を焼いた。

時間の経過とともにシティがボール保持率を高め、ブライトンを押し下げる状況になるも、ゴール前に10人の選手がブロックを組めば時間とスペースもなく、いくらペップシティとは言えゴールを奪うのは簡単ではない。

シティの狙い

右SBカンセロがインサイドに入る『カンセロロール』で優位性を作り出す狙いはあったが、それをブライトンに対策された序盤だったが、ベルナルドシウバがブライトンに亀裂を入れていく。

ブライトンはカンセロの対策として、左WBのベルナルドがマークに付いていくと言う答えを出したが、それにより開くスペースが当然ある。本来右SBがいる立ち位置のスペースが開く。そこにこの試合トップに入ったベルナルドシウバが斜めに落ちてボールを引き出す。マフレズが高い位置を取ることで、3CBをピン留し、ベルナルドがフリーで右のライン際でボールを引き出し、ドリブルでボールを運び、ビルドアップを完結させ、ブライトンを押し下げることに成功した。

さぁお次はゴール前の5-4-1ブロックをどう崩すか問題。こちらの方が厄介。
シティの狙いとして…

①ポケット侵入
②逆サイドへの巻いたクロス
③ポジションチェンジ
④斜めのボールと動き

シティの狙いとしてはこんな感じだった。まずはポケット侵入。大外からの斜めのボールでのポケット侵入。ペップシティの十八番の形だが、最近はその形を取り戻してきた。1試合で見る回数が増えてきた。この試合でも、右のマフレズからインナーラップした右SBカンセロが走り、ポケット侵入したり、その他にもポケットを取る回数は多かった。そしてもう一つは逆サイドへのクロスだ。単調なクロスではなく。こちらも狙いはポケット。逆サイドのポケット目掛けて浮き球の巻いたクロスでブライトンの背後をとり、マイナスにクロスを折り返す形を狙っていた。この形もゴールにならなかったが、前半多く見られた。

そしてこれらを実行するために必要な要素として、ポジションチェンジと斜めのボールと動きがキーワードだった。ポジションチェンジで相手を撹乱させて、相手の足を止める。またはポジションチェンジでボールに密集を作り、逆サイドを開けさせて仕留めるといった狙いも込められている。そして最後に仕留める為の斜めのボールと動きだ。斜めのクロス。大外からの斜めのスルーパス。相手の背後をとる斜めのランニング。

この狙いからシティはいくつもの決定機を作り出し、前半終了間際にフォーデンのゴールで先制点を奪った。左の大外から斜めに走ったフォーデンの足元にデ・ブライネがボールを刺す。フォーデンが見事なコントロールから右足を振り抜きゴール左隅に決め先制点を奪った!

ブライトンの攻撃

前半リードを奪ったシティ。後半に入ると優勢にゲームを進めいくつもの決定機を作り出す。前述述べた狙いを持ちながらボールを動かし、決定機を作るところまでは出来ていたが追加点を奪えない。決定機はあるが決められないとどうしても嫌な雰囲気が漂うものだ。

徐々に流れがブライトンに流れていく。

ブライトンはカウンターも狙うが、ボールを簡単にシティに渡すわけではない。奪ったボールを大事に保持しながら、厚みを持って前進し、セカンドボールを奪って再び攻撃をする厚みのある攻撃を徐々に見せ始める。またブライトンはシティの選手を上手く釣り出し、守備の綻びを作り出す。

シティのロドリと両SBを上手く釣り出し、前進する。ブライトンは自陣でボールを保持すると10番のアリスターが落ちてボールに関わる。それにプレスに出るためにロドリがつり出され、ライン間のスペースが開いてしまい、そこに縦パスが入り前進されるシーンが多かった。シティはどうしても前からのプレスの意識が強く、ブライトンの3バックにデ・ブライネ、ベルナルド、フォーデン、マフレズがプレスに行き、それに合わせてロドリやギュンドアンも連動してプレスに行く。その連動したプレスでボールを奪えたシーンもあるが、そこを逆手にブライトンにライン間を使われるシーンもあった。

そしてもう一つは左SBジンチェンコの背後だ。ブライトンは3-4-3の配置の為にブライトンのWBにボールが入ると、この日は左SBのジンチェンコが対応するシーンがある。そうなればジンチェンコの背後は開いてしまい、ブライトンの前線3人の選手はサイドに流れてボールを前進する。後半はジンチェンコサイドから、前半はカンセロサイドからボールを前進されるシーンが多かった。

前半カンセロの背後が取られる回数が多かった理由はジンチェンコとは少し色合いが違う。カンセロはボール保持の時にインサイドに入る為に、ボールを奪われた時にはシティの右SBのエリアは手薄になる。そこは右CBのストーンズがカバーに入るがどうしても多少ではあるが時間がかかってしまう。そこをブライトンも狙っており、トロサールがしっかりそこの立ち位置に立ちショートカウンターの起点となっていた。

おわり

Embed from Getty Images

後半ブライトンに押し込まれる時間はあったものの、今シーズンのシティらしく、しっかり無失点に抑えて、またしても1-0のクリーンシートで勝利。これでリーグ戦4連勝と着実に順位を上げてきたシティ。まだまだ改善されない決定力。決められる決定機がない訳ではないので、前線の選手の責任は多いはずだ。それでも最後までサボらずに、プレーしていたのは印象的だった。特にデ・ブライネが素晴らしかった。最後まで走ることを辞めずに、チームのために身体を張る守備をみせ、背中でチームを鼓舞するかのように。

最後は相手のバックパスを見逃さずに、ボールを掻っさらいPKを獲得。ボールをスターリングに譲ってあげるデ・ブライネ。チームのことを考えて偉いな!と思っていた、スターリングが蹴ったボールは枠の外へ。それでもチームは勝点3を奪ったが、何とも歯痒い幕閉じとなった。

攻撃陣たちよ!いつまでくすぶっているつもりだ!大量得点までとは言わないものの得点力を上げて欲しい気持ちでいっぱいだ。チームの勝利の為はもちろん、奮起するDFラインの為にも、たまには楽にゲームを運ばせて欲しい!

この勝利で首位の背中も見え始めた。
静かに淡々と狙っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました