【運が味方したのか?】プレミアリーグ第1節延期分 マンチェスター・シティvsアストン・ヴィラ

サッカー戦術分析
この記事は約8分で読めます。

プレミアリーグ第1節の延期分。マンチェスターシティ×アストンヴィラの一戦。GKマルティネスを中心とした硬い守りに加え、攻撃力たっぷりの前線のタレントたち。シティにとっては正に難敵。

それでは簡単ではありますが試合を振り返っていきましょう。

アストンヴィラのトレードオフ

シティがボールを保持し、ヴィラがカウンターを狙う構図が試合開始から形成されていった。ヴィラはシティの攻撃に耐え凌ぐ時間が増えていく。ヴィラのボール非保持はファーストプレスラインをハーフラインに設定してブロックを敷いた。後方は4バックを形成し、裏のケア。そしてボランチから前の選手で五角形を作ってシティのビルドアップにちょっかいを出しにいった。

しかし、前線が五角形でプレスに行くことと、後方が4バックの為にシティのWGがどうしてもフリーになる。幅をとるWGへの解決策として、SHを下げて5バック、もしくは6バックにして最終ラインに人を落として対応するやり方もあるが、アストンヴィラは4バックを貫き通した。

それはシティからゴールを奪う意欲の表れでもあった。1発でゲームを動かすカウンターという切り札を持つ代わりに、シティからの攻撃回数が増えるトレードオフを覚悟したアストンビラ。

これがどう試合を左右させたのだろうか。

特に後半のアストンヴィラはカウンターからいくつもの決定機を演出できていた。ゴールが決まってもおかしくないシーンも作り出せたが、当然のことながらシティから受ける代償は計り知れなかった。手薄のサイドから左はフォーデン、右はスターリングに何度もドリブルで仕掛けられ、何とかゴール前に10人の選手を並べてボールを掻き出すシーンが何度も。最後の砦GKマルティネスがビックセーブを連発し代償を払い続ける。

スコアレスの時間帯は続き、試合がどちらに転ぶか分からない状況に。この状況をシティ相手に作り上げられたことが、アストンヴィラにとっては狙い通りだったのかもしれない。さぁ試合はどちらに転んだのか?

その前に、まだ深掘りすることがあるのでそちらからどうぞ。

シティのビルドアップと緊急事態

シティはこの試合左からカンセロ、ディアス、ストーンズ、ウォーカーの4バックがスタメンに並べられた。左SBに入ったカンセロが右SBで試合に出るときと同様に、インサイドに入り偽SBの役割を担う。ウォーカーはインサイドに絞って後方3バックになりビルドアップの安定と、カウンターに備える。

アストンビラの司令塔である左SHグリーリッシュの対策としても、ウォーカーの守備力は期待されていたはずだが、ここで思わぬ緊急事態が。前半15分ウォーカーがグリーリッシュとの競合いで足を引きづる素ぶりを見せる。そのまま足の調子は良くならずに前半28分にジンチェンコとの交代を余儀なくされた。ジンチェンコが左SBに入り、カンセロが右SBへ配置を変えた。

ジンチェンコがウォーカーに変わったことでよりシティの攻撃が前のめりに。ジンチェンコが入ったことで両SBはより高い位置を取り始める。サイドに厚みを持たせ、手薄のアストンヴィラのサイドから何度も決定機を演出していく。

しかし、試合経過と共に、ウォーカーを失った代償が表れはじめる。

浮き彫りとなったSBの守備力

ウォーカーに変わってジンチェンコが入ったことで、より前のめりとなったシティの両SBの裏を、後半に入ってアストンヴィラにカウンターで突かれていく。攻撃力は上がったと同時に、カウンター耐性が落ちたシティ。ウォーカーを失った代償は、スコアレスでゲームが進んでいくにつれて大きなものになっていった。

そこにアストンヴィラのエースであるグリーリッシュの存在がどんどん不気味となっていく。彼がボールを持つとこの試合でも当然のようにアストンビラにチャンスが生まれる。それはシティの選手に嫌な印象を与え、彼には何もやらせてはいけないと呪文をかけるかのように、彼がボールを持つと集まるシティの選手たち。彼がたとえペナルティエリアから遠い位置であっても、過剰に人をかけて彼へプレスをかけてしまったシティ。そうなればグリリーシュはわざとシティの選手たちを集めて、味方へ時間とスペースを与えるボールの離し方でチャンスを演出していく。

途中からグリーリッシュとマッチアップしていた右SBカンセロは何度も彼につり出され、その背後を突かれ危ないシーンもあった。またカンセロがインサイドでプレーすることで生まれるSBの背後のスペースケア。この問題は『カンセロロール』の抱える問題であり、できる限り隠し、チームで考えなくてはいけない課題になるのはずだ。

運が味方したのか?

試合は70分を回るとどちらにゲームが転がるか分からない状況へと。圧倒的に攻め込んでいたシティだがシュートを何度撃っても入らない。必死のアストンヴィラのブロックに阻まれ、最後はGKマルティネスの牙城がシティを苦しめていく。シティには嫌な空気が立ち込める中、アストンヴィラのシュート数も増えていく。アストンヴィラが決定機を迎えるシーンも一度ではなく、複数回あったがこちらもゴールを割らなかった。シティに運が味方したのか?いや違う。運も味方したかもしれないが、それだけではない。

アストンヴィラの一番の決定機である、後半75分のシーン。左でボールを受けたグリーリッシュが中央へドリブルし、シティの選手をどんどん集めて、フリーとなった11番ワトキンソンが左からGKとDFラインの間へクロス。ファーサイドには途中交代で入ったラムジーがフリーに。これはやられた!と思った時、ディアスが自分のマークを捨てて、クロスのコースに体を投げ出し、僅かにボールのコースを変えて決定機を免れる。

まだ終わらない。その流れたボールはアストンヴィラのスローインに。ロングスローを放り込んだアストンヴィラのボールは再びグリーリッシュの足元に。彼がペナでボールを持つと飛び込めない。彼が時間を作りペナの中央で待つマッギンの足元にパスが通り、これも入った!と思った瞬間、今度はストーンズが体を投げ出す。するとマッギンの振り抜いた足はボールにミートせずに、ディアスがクリアをし九死に一生を得たシティ。だがこの2つの決定的なシーンでも2CBは諦めずに、集中してできることを全うしていたことを決して忘れてはいけない。運だけでゴールを割らせなかったのではない。

そして78分歓喜の瞬間が。アストンヴィラのCBミングスが浮き玉のボールの処理を誤ったところを見逃さずにロドリがボールを回収。走り込んできたベルナルドへパスを渡すと、強引にドリブルで持ち込み、左足一閃。ゴールに突き刺さる先制ゴールが生まれた。胸熱だった。

Embed from Getty Images

ここまで辛抱していたアストンヴィラのDFラインの一瞬の隙を突いたシティ。アストンヴィラのDFラインの選手たちは前半からのシティの猛攻に耐え凌ぎ、その中で相当な体力とメンタル的な消耗をしたはず。そんな鬼気迫るアストンヴィラの守備にシティはゴールを奪えずに苦しめられていった。しかし、試合終了のホイッスルがなるまでシティはスタイルを貫き通した。攻め続けた。点数を奪うまで攻める。こちらも鬼気迫る想いで攻撃していたはず。そんな想いがアストンヴィラの想いを上回り、ボールがロドリに転がり、ベルナルドにパスが繋がり、この胸熱のゴールが生まれたのかもしれない。

おわり

シティは試合終了間際にPKを決めシュート28本を撃つ猛攻で2-0で難敵アストンヴィラを撃破し、これでリーグ戦5連勝となった。攻めても攻めても中々点数が取れないなか、辛抱強くアストンヴィラの猛攻も凌ぎ、最後は2ゴール奪い勝ちきったことは勝点3を積み重ねらたこと以外にも、いい要因をチームに与えるはずだ。どこまで連勝街道を突き進めるのか楽しみだ。

対するアストンヴィラも最後までどちらにゲームが転ぶか分からない状況を作り出せたことは良かったのかもしれない。トレードオフを抱えながらのカウンターアタック。GKマルティネスを中心とした硬い守り。タレント豊富な攻撃陣。シティもそんなアストンヴィラに押される時間帯もあった。しかし、そんな時間帯を集中力を切らさずに乗り切り、難敵に勝ち切れたシティ。この勝利はチームに大きな自信とさらなる勢いをもたらしてくれるはずだ。

Embed from Getty Images

デ・ブライネとウォーカーが負傷交代したことは心配。長期離脱にならない事とを祈るばかりだが、ペップの頭を悩ませる新たな種になるのは言うまでもないはずだ。いつも通り過密日程は続きます。今いるチーム状況で乗り切るしかありません。しかし、今のシティはこういった押し寄せる困難を乗り越え強くなってきたはず。この困難をチーム力を全集中して乗り越え、更に強くなったシティを見せてほしい。

またシティの試合が楽しみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました