【ラポルトのSB起用】バーンリーvsマンチェスター ・シティ【プレミアリーグ第22節 戦術分析・レビュー】

サッカー戦術分析
この記事は約5分で読めます。

前節プレミアリーグのリーダーに躍り出たマンチェスター ・シティ。今節はその座を守ることは出来たのでしょうか?それではゲームを振りかえっていきましょう!

左SBラポルトの起用

マンチェスター シティの4バックには左からラポルト、ディアス、ストーンズ、カンセロが最終ラインに並んだ。ラポルト、ディアス、ストーンズが揃って最終ラインに入るのは2回目。初めては第20節のvsWBAの後半から見られた形だ。なぜ、本職CBの3人が4バックに並んだかと言う理由は、ボール保持になるとその理由が明らかとなる。

シティはこの試合も右SBがボール保持になるとインサイドに入りプレーする戦術、『カンセロロール』をこの試合でも披露する。カンセロがインサイドに入ることで、4-3-3から3-1-3-3へシティの陣形は可変していく。そうすると最終ラインはカンセロがインサイドに入ることで右へシフトし、左からラポルト、ディアス、ストーンズの3バックへ可変することに。この3人+アンカーのロドリで菱形を作ってビルドアップをする。『カンセロロール』を踏まえてラポルトを左SBで起用したのだ。

本職CBの3人が最終ラインに並ぶことで、カウンター耐性の向上が狙え、よりカンセロを攻撃的にプレーさせることが出来るようになる。またラポルトが最終ラインにいることで彼の特徴の一つである、性格無比な左足のキックが攻撃選択に加わることになる。そんな彼のキックを起点に先制ゴールが試合直後に生まれる。

ラポルトから左の幅をとるスターリングへ綺麗なフィードが入る。1本のパスでスターリングにスペースと時間がある状態で、ボールを差し出すラポルトの正確なキック。いい状態でボールを受けたスターリングはインサイドへドリブルし、CBのギャップで顔を出したベルナルドがボールを受けて、見事な反転からシュート。GKにシュートは弾かれるものの、こぼれ球をジェズスが頭で押し込み、開始3分で先制に成功したシティ。ジェズスは2試合連続ゴール。ペップの一つの狙いから生まれたゴールでもあった。

バーンリーのWG封じ

バーンリーはボール非保持になると、4-4-1-1で自陣にブロックを形成してから、シティの最終ラインにちょっかいを出していく。中盤はしっかり中央を固めてボールをサイドへ追いやっていく。

そしてシティのワイドにはるWGスターリングとマフレズにボールが入ると、SBが縦のコースを切り、SHは戻ってインサイドを締める。すぐさま1vs2 の状況を作り出し、そこでボールを引っ掛ける狙いが見られた。シティのSBは右SBカンセロはインサイドに絞り、左SBラポルトは後方に残って3バックを形成する役割があるために、たとえ幅をとるWGにボールが入った時にはオーバーラップするシーンは多くないので、バーンリーのSHは迷わずにシティのWGにプレスバックをしたのかもしれない。

シティのWGにボールが入る、バーンリーはこの戦術でボールを引っ掛けたり、シティの攻撃を停滞させることに成功しているシーンもいくつかみられた。

攻撃を停滞させたWG

バーンリーのWG封じで攻撃を停滞させられるシーンもあったが、シティが打開策を見つけられていなかった訳ではなかった。しかし、「走っているのに使わない」「背後を取れているのにパスを出さない」そんなシーンが多くみられた。幅をとるWGマフレズとスターリングはボールを受けるとドリブル一択といった状況で、バーンリーの選手を困らせるシーンが少なかったように感じた。

WGでワイドでボールを受けると、何度もインサイドハーフのギュンドアンとベルナルドはポケットへランニングを繰り返す。バーンリーは4バックで、SBはスターリングやマフレズにプレスに行くので当然チャンネル(SBとCBの間)が空く状態が頻繁にみられる。そこに走っている選手がいるのに関わらずポケットへボールが出ない原因は、この試合に関してはWGマフレズとスターリングにあったように思える。

Embed from Getty Images

個人で打開するのはマフレズとスターリングの大きな武器であるが、周りを活かすプレーをもう少ししたら得点は多く入ったかもしれない。案の定シティの2ゴール共にワイドのスターリングとマフレズが、ハーフスペースをとったギュンドアンとベルナルドにパスを入れたシーンから生まれている。

【バーンリー×マンチェスター・C|ハイライト】首位マン・シティが破竹の公式戦13連勝! ジェズス&スターリングがゴール|プレミアリーグ 第22節 | 2020-21

おわり

試合は前半奪ったジェズス、スターリングのゴールの2点で勝利を手にしたマンチェスター シティ。これで公式戦13連勝。リーグ戦9連勝で今節もプレミアリーグのリーダーの位置を守った。

次節はアンフィールドでのリヴァプールとの大一番。プレミア王者への挑戦。非常に楽しみ。

Embed from Getty Images

そしてそんな強豪相手との試合を考えても、ペップはラポルトのSB起用をここ最近チャレンジしているのかもしれない。カンセロの攻撃力を活かしつつ、どうカウンターに備えるのか。その答えの一つが最終ラインにラポルト、ディアス、ストーンズを並べることなのかもしれない。この試合でも見せたように、ラポルトが最終ラインにいる安心感、ビルドアップの安定感を踏まえても非常に強力な最終ラインになりそうだ!

次節のリヴァプールとの大一番非常に楽しみ!

バーンリー vs マンチェスター・シティ
0-2 シティ勝利
3’ジェズス 38’スターリング

コメント

タイトルとURLをコピーしました