【順足WGへのチェンジ】マンチェスター ・シティvsトッテナム【プレミアリーグ 第24節 戦術分析・レビュー】

サッカー戦術分析
この記事は約6分で読めます。

シティの連勝街道は彼らからの敗戦から始まった。第9節vsトッテナム戦でシティは2-0と内容、結果ともに完敗した試合から、チームが徐々に調子をあげ、今の連勝街道を辿っているの。宿敵との試合の完敗からシティは多くのことを学び、あの時からチームはガラッと変わっているはず。

さぁモウリーニョにリベンジマッチだ。簡単ではありますが試合を振り返っていきましょう。

モウリーニョの狙い

モウリーニョスパーズの狙いは、『カウンター』だった。4-2-3-1のブロックを敷いて、シティの攻撃を待ち構え、奪ったら鋭く速いカウンターを狙うプランを持っていたように感じる。前線の布陣は左からソン・フンミ、ケイン、ラメラ、トップ下にはR・モウラと快速揃いだ。

トップ下のR・モウラはアンカーのロドリを消しながら、ケインが2CBにちょっかいを出しに行く。しかし、そのプランはあまり機能しなかった。カウンターを狙うためにも、出来る限り、この快速4人衆を前線に残しておきたかったはずだが、それが出来なかった。ワイドのソン・フンミやラメラは守備に動き回らなくてはいけない状況をシティ作られてしまい、前線にはポツンとケインが孤立する状態になってしまい、中々スパーズらしい鋭い速いカウンターを打つことが出来なかった。

それでもスパーズの選手たちの質も高いわけで、シティのトランジションプレスをひっくり返し、一気にゴール前までカウンターを決めるぞ!となりそうなシーンもあったが、この試合でもシティの前線の選手たちの帰陣が早く、スパーズがカウンターを打つ隙を与えてもらえずに、攻撃はスローダウンさせられていった。スパーズの攻撃はスローダウンさせられると一気にゴールの匂いがしなくなってしまうのは、最近勝てなくなっている一つの理由かもしれない…

シティのビルドアップ

シティはスパーズのファーストラインを両SBの立ち位置移動によって、安全かつ効率的に超えていった。カンセロがインサイドに入り、ロドリの脇にポジションをとり、中盤に優位性を作り出す。また左SBジンチェンコもインサイドに入るシーンもあり、基本配置の4-3-3から2-3-2-3に可変し、スパーズのファーストプレスをひらりと超えていった。

インサイドに入りSBカンセロのマークに左サイドのソン・フンミがマークに行くと、ベルナルドが斜めに落ちてボールを引き出す。これはお馴染みになりつつある、右サイドの流動的なセットだ。カンセロがインサイドに入って、ベルナルドが斜めに落ちて、ポジションチェンジを行いながらポジションを保つことで、相手に更なる迷いを与えることに。

そして、ファイナルサードの面でおいて、カンセロは右サイドでコンビを組むWGの振る舞いに合わせて、立ち位置とプレーを自由自在に変えていった。

逆足WG→順足WG

シティはゲームの入り左WGにスターリング(右利き)が入り右のWGにはフォーデン(左利き)が入り、利き足とは逆のサイドでプレーする『逆足WG』の形となった。

『逆足WG』の特徴として、右サイドを左利きのフォーデンが、左サイドを右利きのスターリングがプレーしていることを想像してみるとわかりやすいかもしれない。ボールを持つとドリブルでカットイン(中へのドリブル)をしたり、矢印が中へのプレーが増えるイメージが膨らむと思います。それにより、初めは右サイドには逆足のフォーデンがいることで、右SBカンセロはサイドで縦への突破を見せるシーンがよく見られた。彼の突破からサイドをえぐってクロスを上げて、ゴールを脅かすシーンもあったが、『逆足WG』から『順足WG』へチェンジした方がよりスパーズのゴールを脅かしていった。

先制点のPK獲得も、左のワイドでボールを受けたジェズスが、中からペナのポケットへランニングしたギュンドアンへのスルーパスから生まれた。この日のスパーズは4バック。ワイドにボールが入った時に、SBがボール保持者にプレッシングをするので、1vs1の局面が出来ることと、SBとCBのスペースが空く。いわゆるチャンネルのスペースが頻繁に空くこととなった。そんな理由を踏まえてか、ペップは先制ゴールを奪った前半半ばから、WGのポジションをチェンジさせていった。

右サイドには右利き、左サイドには左利きの選手がプレーすることに。これにより明確に同サイドのポケットを狙いにいく。『順足WG』になることで、縦へのドリブル突破が増える。右のワイドでボールを受けると、同サイドのペナのポケットへの斜めのボールが入れやすくなる。中央にボールがある時に、SBの裏をとるバックドアでペナのポケット侵入が出来る。こんな特徴がこの試合でも見られるようになった。

そして右SBカンセロの立ち位置もワイドから、よりインサイドでプレーするようになる。インサイドでボールを受けて、SBの背後をとるパスを、外から斜めに入るスターリングに送り込んだり、外で受けたスターリングとワンツーで一気にスパーズのDFラインをひっくり返すシーンもあり、同サイドのポケット侵入がどんどん増えていった。

先制点を奪った勢いと、『順足WG』でより勢いにのったシティは難敵スパーズから3点を奪い勝点3をゲットした。3点目のエデルソンのレーザービームフィードはエグかった。久しぶりのエデルソン砲からのゴールは痺れた!

HIGHLIGHTS | City 3-0 Spurs | GUNDOGAN DOUBLE AND RODRI ON PENALTY DUTIES!

おわり

Embed from Getty Images

シティはこの結果でリーグ戦11連勝。公式戦16連勝と勢いを保っている。徐々にプレミアリーグでも差を開け出しているペップシティ。しかし、今の彼らにぬかりなど微塵も感じられないプレーをこの試合も見せてくれた。この日もシティはクリーンシート。最終ラインにはストーンズとラポルトのCBコンビ。ルベン・ディアスがいない不安もあったが、このコンビでも安定的なプレーを見せてくれた。そして前線の選手たちのサボらない前線の守備。トランジション。帰陣スピードはこの試合でも健在だった。試合開始から、終りまでシティは隙を一切見せないプレーを見せつけたような90分でもあった。

攻守でがっちり噛み合い出してシティはどこまで連勝を重ねるのか非常に楽しみだ。さぁ次節も難敵エバートン。楽しみですね!

🔻YouTubeチャンネル登録お願いします!🔻

コメント

タイトルとURLをコピーしました