【おかえりアンセム】ライプツィvsリヴァプール【20/21 CL round16 1st leg】

サッカー戦術分析
この記事は約9分で読めます。

あのアンセムが帰ってきた。この最高に興奮する大会が日本に帰ってきました!

残念ながらグループリーグは、日本では見られませんでしたが、決勝トーナメントからはWOWOWさんから見られるようになり、私も急いで契約して、この世界最高峰の戦いが観れる準備を致しました!やっぱりチャンピオンズリーグは痺れるし、緊張感満点な試合が見れることを改めて感じることが出来ました。

そして今回お届けする試合はライプツィヒ×リヴァプール。試合の展開も、両チームの色が出まくる、高強度、ハイペース、持ち前のカウンタープレスが牙を向く展開となりました。そしてこのレベルになると、やはり一つのミスで試合の結果を決めてしまう、そんな怖さを痛感しました。両チームの思惑ひしめく90分。さぁどんな展開になったのでしょうか。簡単ではありますが試合を振り返っていきましょう!

自陣での攻防がポイント

Embed from Getty Images

キックオフから両チームのテンションは高く、強度の高いプレスを前線から見せつける。ゲームが落ち着くことはなく、常にボールにプレスがかかる状況に。そんな展開を両チームが望んでいたかのように、強度の高い、プレッシャーが速いバチバチの展開へと。両チームともにボール非保持になると、高い位置からボールにアタックしにいく。自陣から敵陣にどうやって前進するか。逆にいかに敵陣にプレスをかけにいきそこでボールを奪いきり、カウンタープレスを決められるかが、この試合の一つの見どころとなった。

まずはライプツィヒの敵陣へのプレスを紐解いていく。

ライプツィヒの強気なプレス

ライプツィヒはボールの非保持の振る舞いから、この試合への意気込みや、強気な姿勢が感じられた。ライプツィヒの基本配置は3-1-4-2の様だった。5バックになり、強力なリバプールのフロントスリーを抑えながら、前からプレスにいくかなと思いきや、ライプツィヒは私の想像を超える強気な姿勢を見せてくれた。ライプツィヒの両WBは最終ラインまで最初から下がることはしなかった。むしろ最前線まで出ていきプレスにいく。

こうなると後方は3バックになる。そう、リバプールのフロントスリーに対して数的同数で最終ラインを形成したのだ。サラーにはクロスターマンが、マネにはムキエレが、フィルミーノにはウパメカのが明確な監視役となった。そして3バック以外の選手たちは積極的にリヴァプール陣内へプレスへ出て行った。

ボール非保持になるリバプールの配置に噛み合うように中盤の形を少し変えにいき、誰が誰にプレスにいくか明確にしていった。リヴァプールの選手たちには常にプレッシャーがかかる状態を作り出していった。

またGKアリソンにはプレッシャーに行かなかったのも狙いの一つだったはずだ。パスコースを埋めた状態にし、GKアリソンに選択を迫る状況を作り出す。この狙いが見事にハマり、GKアリソンに長いボールを蹴らせて上手くボールを回収することに成功していた。

中盤より前でボールを引っ掛けたり、中盤でボールを回収してゴールに迫るシーンを作り出せていたライプツィヒ。それでは、この強気なプレスに対して、リヴァプールはどう前進していったのか観ていきましょう。

リヴァプールの掻い潜り

ライプツィヒの強気なプレスに対してリヴァプールは、列を降りることと、背後をとることだった。列を降りるということは、一つ目は中盤の3人の選手の誰かが最終ラインに落ちて後方に数的優位を作り出すことだ。数的優位を作れずに相手がマークに来たとしても、中盤にスペースが生まれる。その空いた中盤のスペースにフィルミーノが列を降りてボールを引き出す。フィルミーノの監視役のウパメカのも、フィルミーノが中盤の低い位置や、サイドにポジションが流れると付いていけない。そうなるとアンカーのカンプルが付いていく約束も準備はしてあったが、そうなると必然的に中盤の選手がフリーになる。そのフリーの中盤の選手にボールをつけてボールを動かす、もしくは中盤の数的不利を無くすために、ライプツィヒは前線の2トップの一角を下げて対応に回れば、今度は最終ラインに一人のフリーマンが生まれる。列を降りることで、意図的にライプツィヒのプレスのズレを作り出し、ボールを動かしていったリヴァプールだった。

そしてもう一つはライプツィヒの3バックの背後に長いボールを送り込むことだった。数的同数の状況。質で勝れば一気にチャンスになる。サラーとマネを1vs1で止められるDFはそうはいない。質で勝るサラーとマネを活かした、背後へのボールが1番のチャンスになっていた。そして、この狙いがゲームの結果を大きく左右させていった。

次は攻守入れ替わって、リヴァプールのプレスを見ていこう。

リヴァプールの前プレス

リヴァプールもライプツィヒと同様、前からプレスに襲いかかった。基本配置の4-3-3をベースにプレスにいく。フィルミーノはアンカーのカンプルを切りながらウパメカのへ。両WGのサラーとマネはライプツィヒの3バックの脇の選手へプレスに襲いかかる。

アンカーのカンプルが最終ラインに落ちれば、チアゴかC・ジョーンズが前に出て、4-2-4の様な配置でボールに出ていき、ライプツィヒのビルドアップを塞ぎにいった。後方は4バックを保ちながら、最終ラインは常に+1が出来る状態を作り、リスクも管理していった。

しかし、そんなプレスにも、当然穴はあった。しかし、そこをライプツィヒは見つけられないシーンが多かった。フリーマンはいるのに、パスコースはあるのに見つけられない状況が多かった様に感じた。それだけリヴァプールのファーストプレスの強度が高かったとも言えるだろう。

ライプツィヒの掻い潜り

先ほど少し述べたが、リヴァプールの前プレスの中にも、抜け道は十分にあった。ライプツィヒはボールを保持すると3-1-4-1-1と前線は縦関係となった。トップ下のオルモがフィルミーノ同様に列を落ちてボールを引き出す。前半早々彼が列を落ちてボールを引き出して、中盤でフリーでボールをさばき、前進するシーンも。またリヴァプールも段々と列を落ちるオルモにボールを入れさせまいとアンカーのワイナルドゥムがマークに行くことに。そうなると、リヴァプールの中盤はジョーンズとチアゴの2人だけになる。対するライプツィヒの中盤にはカンプル、ザビッツァー、アイダラの3人と数的優位を作り出せる。しかし、その中盤の優位性を中々活かせなかったライプツィヒ。

最終ラインから中盤に縦パスが中々入らない。フリーなんだけど見つけられないシーンも少なくなく、特にウパメカノのボールロストはよく目立った。ここはナーゲルスマン監督にとっては予想外だったかもしれない。ウパメカノのだったらもう少し、運ぶドリブルや、パスで配給が出来ると私も思っていたが、リヴァプールの圧力にミスを誘発させられたのかもしれない。

それでも、最終ラインから、フリーの中盤にパスが入ると一気に前進をし、ゴールに迫れていた。後半早々のシーンもそうだった。ウパメカノの縦パスから小刻みに中盤でパスを回して、フィニッシュまでいけていた。

こうやって中盤の優位性をもっと見つけられていれば結果は変わったのかもしれない。

勝敗を決めたポイントは?

前半両チームの思惑がひしめく中、非常に強度の高い45分であった。後半に入っても両チームはリスクを覚悟に下がらない強度の高い展開となった。後半からギアをあげたのはライプツィヒだった。後半早々、後方からの小刻みのビルドアップからGKアリソンとの1vs1を作り出すシーンも。攻勢にでたライプツィヒだったが勝負は一瞬。リヴァプールが隠していた牙を剝く。

後半8分CBヘンダーソンからの長いボールを回収したライプツィヒだったが、すぐさまリヴァプールのプレスが牙を剝く。キャプテンのザビッツァーがバックパス。しかし、これが少しずれて、大外からサラーが猛スピードでそのボールをかっさらい、しっかりゴールに流し込みリヴァプールが先制。そして数分。後半12分C・ジョーンズが自陣から前線に大きなボールを前線に送り込む。高く上がったボールに対してマネがランニング。この浮き玉の処理をムキエレが誤ってしまい、一気にマネが抜き出し、こちらもGKの1vs1を冷静に流し込み、リヴァプールが一気に突き放した。

Embed from Getty Images

ライプツィヒの致命的なミスから2失点!確かにそうとも言えるが、リヴァプールが誘発させたとも言える。後方3バック。後方数的同数のウィークポイントが出たシーンでもあった。ザビッツァーのバックパスも4バックだったら、もう一つパスコースがあり繋がったかもしれない。ムキエレの浮き玉の処理もカバーがいれば対応できたかもしれない。たらればを言えばキリがないが…数的同数を狙ったリヴァプールの裏へのボール。ミスを誘発させるリヴァプールの鋭いプレスから生まれた2得点とも言えるだろう。

おわり

コロナの影響により、ライプツィヒはホームのドイツで試合ができずに試合はハンガリーのブダペストで行われた。ライプツィヒにとってはホーム扱い。リヴァプールに奪われた2失点はアウェイゴールとなる。これはセカンドレグに大きなダメージとなる。セカンドレグがどこで開催されるかは分からないが、ライプツィヒがゴールを奪わなくてはいけない状況は変わらない。より攻撃的なライプツィヒが見られるのは楽しみだ。

Embed from Getty Images

リヴァプールはリーグ戦で不調が続いていた中での、久しぶりの勝利。やはり彼らは強い。後半畳み掛けて一気に2点を奪い、勝利を決めたのは流だった。チームの色が似ているような両チームだったが、リヴァプールの方が上手だったのかもしれない。色んな戦い方ができたのはリヴァプールといっていいのかもしれない。カウンタープレスはもちろん、ライプツィヒの強度の高いプレスを時にはゆっくりボールを動かし、ゲームを落ち着かせる試合運びも見せた。

結果はリヴァプールが勝利で終わったが、ライプツィヒがゴールを奪ってもおかしくなかったシーンも少なくなかった。そしてやっぱりチャンピオンズリーグはハイレベル。超楽しいですね。まだまだワクワクする試合がこの後も目白押し。チャンピオンズリーグアンセムを聞いて目覚める日々が帰ってきた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました