【IH封じ攻略】エヴァートンvsマンチェスター・シティ【プレミアリーグ第16節】

サッカー戦術分析
この記事は約5分で読めます。

チャンピオンズリーグの決勝トーナメントが始まり、そちらも気になるところですがやっぱりシティの試合も見逃せない。シティは来週からCLが再開。その前に戦わなければいけない難敵が2試合。アーセナルと今節迎えたエヴァートンだ。名将アンチェロッティが仕掛けた戦術に前半シティは苦しめられる。

それでは簡単ではありますがゲームを振り返っていきましょう!

エヴァートンのIH封じ

ゲームが始まり、すぐにエヴァートンのライン間空きすぎじゃない?と感じた。その原因が段々と浮き彫りになっていく。ジェズスが最前線から列を降りてボールを引き出すと、比較的時間とスペースがある状況でパスを受けられた。その原因はエヴァートンの2ボランチが頻繁に中央からいなくなったからだ。エヴァートンはボール非保持の配置は4-4-2。本来なら中央にも人がいるはずだが、この試合ではライン間にエヴァートンの選手がいなくなるシーンが多かった。それでは2ボランチのドゥクレとデイヴィスはどこへ行ったのか?

彼らには明確な仕事がアンチェロッティに与えられていた。シティのIH(インサイドハーフ)をマンマーク気味で監視することだった。フォーデンにはドゥクレが、ベルナルドにはデイヴィスがしつこくまとわりついていった。そのためシティのIHが外に流れると、それに合わせてエヴァートンの2ボランチはマークにいくので、中央、ライン間がぽっかり空いてしまう理由となったのだ。

エヴァートンの2ボランチが、シティのIH2人にマンマーク気味になることで、ライン間へジェズスに縦パスが入ったり、後方は数的優位を保ってボールを動かすことが容易でエヴァートン陣内には簡単に侵入することが出来た。しかしシティはそこから先が中々テンポ、リズムを出してゴールに迫ることが出来なかった。サイド深くの幅をとって外から中へのシティのお得意技である、ポケット侵入もしっかりケアをされてしまった。

サイドを深く幅を取られると、エヴァートンの2ボランチは最終ラインに下がってポケットを塞ぎに行く。もしくはそのままシティのIHにマークに付いているので、シティのお得意技を防ぐシーンが多く前半は見られた。

それでもシティはCKからフォーデンがゴールを決め、先制点を奪うことに成功した。しかし、この『IH封じ』を起点にすぐさまエヴァートンが同点弾を決める。この『IH封じ』はシティの攻撃を防ぐのはもちろん、そこを起点にカウンタープレスを狙う意味合いもあったと感じた。ベルナルドも、フォーデンもエヴァートンの2ボランチに前向きでボールを奪われて、カウンタープレスを受けるシーンを前半はよく見られた。そして36分ハーフラインで縦パスを受けたフォーデンがドゥクレにボールを奪われる。アンチェロッティの狙い通り、そこからカウンタープレスでシティのゴール前へ厚みをもって攻め込み、左からリュカ・ディニュの鋭いクロスがポストに跳ね返り、最後はリシャルリソンが押し込み同点。このシーン以外にもフォーデンはドゥクレにボールを刈り取られカウンターを受けるシーンもあった前半。

前半はこのまま同点でハーフタイムへ。どちらかというとシティにはストレスのたまる45分であり、エヴァートンは失点したものの、上手くゲームを運べていた感想だ。

ポケットの手前から

シティはサイド深くにボールを運ぶことは前半から出来ていた。しかしワイドに張るWGのマフレズとスターリングにボールが入るとエヴァートンのSBがアプローチ、SHがプレスバックに、そしてポケットをボランチに塞がれ攻撃が息詰まってしまった。カットインして中へのセンタリングと単調な攻撃が目立つようになったが、後半に入ると少しづつ、崩しの色合いを変えていった

ポケット侵入を塞がれたシティだったが、その代わりに開くスペースがある。シティがサイド深くでボールを持つとエヴァートンのボランチはポケットのスペースを埋めにいく。そうなると空くスペースがバイタルエリアだ。インサイドからのポケット侵入のアクションを見せつつ、バイタルエリアからのミドルシュートでチャンスを作る。そしてポケット侵入のアクションから、バイタルエリア侵入に切り替えた攻撃がマフレズのゴールだった。

いろんな形から、そして試合の中で相手の弱点を見抜き、変幻自在にゴールを奪えるのが今のシティの好調を裏ずける要因の一つだ。この日の3点めも右サイドで菱形を作り、縦パス→フリック→レイオフ→ミドルシュートと流れるような崩しから生まれた。とても綺麗なゴールでこの試合を締めくくった。

おわり

シティはこれでリーグ戦12連勝。公式戦17連勝とこの日も連勝街道を突き進むことが出来た。前半はアンチェロッティの思惑にハマるシーンもあったが、後半はそこを逆手に得点を重ねたシティは流石だった。そして後半35分あの男がピッチに帰ってきた。デ・ブライネがピッチに降臨。頼もしい男がまた一人帰ってきた。無理せずといったプレーで、ボールの感触を確かめるかのように、ボールをさばいていったデ・ブライネ。時折鋭いボールが前線に入るシーンもあり、心を踊らせてもらった。楽しみがまた一つ増えた。

さぁ次節は師弟対決。アーセナル戦。是非攻撃的な90分にしてほしい。

Embed from Getty Images

コメント

タイトルとURLをコピーしました