【考察〜どうしたら偽SB機能した?〜】J1 第1節 川崎フロンターレ×横浜F・マリノス【Jリーグ 戦術分析・レビュー】

サッカー戦術分析
この記事は約7分で読めます。

さぁJリーグの幕開け。2021年度Jリーグ開幕を告げる試合は【神奈川ダービー】。王者川崎フロンターレvs前王者横浜F・マリノスの超攻撃型の両チームの一戦。結果は川崎が終始マリノスを圧倒し、前半奪った2点で王者の力を見せつけた。今回はその試合の大まかな展開は置いておいて、もう少し視点を狭くして私なりの考察を加えながら解説をしていこうと思います!

取り上げるテーマは、『偽SBを用いたビルドアップが機能する為には?』

この試合前半マリノスは偽SBを用いた戦術でビルドアップを試みましたが、決して上手く言ったとは言えない結果でした。そこで、この戦術がどうしたらもう機能し、もっと川崎のプレスを剥がしてマリノスらしい、相手を押し込みまくる展開が出来たのかを考察していきたいと思います!

自らハマったマリノス

マリノスはボールを保持すると、『偽SB』を取り入れて、システムを可変させていった。左SBのティーラトンがボランチの位置に入り、右SBの岩田が最終ラインの内側に入って、後方を3バックにしていった。それに合わせて、ボランチの扇原はティーラトンと中盤の底に並び、もう一方のボランチである和田は一列前に上がる、3-2-2-3へ可変し、ボールを保持するトライをしていった。

しかし、それは川崎のプレスに対しては逆効果になってしまう面が少なくなかった。川崎は後方に4バックを形成し、中盤3人と3トップでガンガンプレスをかけにいく。左SBのティーラトンがインサイドに入ることで、川崎の守備網に自ら入ってしまい、パスコースを無くしてしまった、そんなシーンが前半はよく見られた。

偽SBの落とし穴

どうすれば偽SB機能した?

ここまでマリノスがハマってしまったメカニズムを解説してきたが、ここからはこのマリノスの新たな試みが、この川崎との試合で学ぶべき点はないか?そしてどうすればあの戦術が川崎相手に通用したのか考察していこうと思います!

皆さんもよかったら考えてみてください!

SBが空けたスペースを使う!

前半頻繁に奪われる形としてみられたのが、CB畠中からのパスを引っ掛けられてショートカウンターを受けるシーンだ。なぜ?あれだけボールをさばくスキルがあるCB畠中がパスを引っ掛けてしまったのか?その一つが外のパスコースがなかったことが一因である。

本来CB畠中がボールを受ければ、外のパスコースは左SBの選手になるが、その左SBティーラトンはインサイドに絞って偽SBの役割を担うためにいない。確かに中盤には人が多くなるが、外のパスコースがなくなってしまう。SBが空けたスペースに他の選手が連動して降りる動きをすれば、前半良くみられたCB畠中のパスミスは改善されたかもしれない。

これが偽SBの落とし穴の一つだ。SBが本来いるべきSBの位置からインサイドに入ることで、相手に迷いを与えたり、中盤に優位性を作り出す効果があるのが偽SBの戦術だが、同時に、サイドのパスコースが一つ失うことでもある。インサイドに入るSBの動きに合わせて、SBの空けた外のスペースに降りる選手がいることで、味方にパスコースを保ちながら、相手に迷いも与えれることにもなるのだ。相手は中だけでなく、外のスペースにもあれば当然迷うだろう。CB畠中がボールを持った時のパスコースは外がない!中しかない!そんな状況で多くはボールを引っ掛けられていた。

外もある、中もある、そんな状況を周りの選手が作り出している時(前半12分,18分,26分)にCB畠中はしっかりパスを通せている。

0トップの動き

ワントップに入ったオナイウが0トップのような動きで、中盤に落ちて、ライン間で積極的にボールを引き出してもよかったかもしれない。ビルドアップが詰まっていた時にはさらに列を降りてボールをピックアップしてもよかったかもしれない。しかし、トップの選手が中盤に落ちれば、前線が手薄になるので、それに合わせて、ワイドの仲川と樺山は落ちずに、また斜めへのランニングをセットですれば、より相手に脅威を与えられたかもしれない。

可変3バックの距離感

左SBティーラトンがインサイドに入ることで、後方は可変して3バックになる。この時の3バックの距離感が少し悪かったように感じた。相手のプレスをみながら適切な距離感を保つことが求められるが、この試合は少し近かったように感じる。広すぎてしまえばいボールの移動中に相手に寄せられたり、パスがズレる危険性が増す。また近すぎても、連続でプレスに来られて窮屈になってしまう恐れもある。またこの試合のように相手が3トップで3バックはハメてきても、GKもビルドアップに参加することで数的優位を作り出せるので、GKのビルドアップスキルは非常に重要になるだろう。しかし、その面は川崎のダミアンにまんまと消されてしまった。バックパスを受けたGKオビは何度もダミアンにパスをブロックされて、危ないシーンを作られた。直接的な失点にはならなかったが、あのダミアンの猛追がマリノスに精神的なダメージを与えたのは確かだろう。GKは怖くてバックパスを受けたくなくなるのも分かるし、例え受けたとしてもリスクを負わずに前に大きく蹴り飛ばしたくなるはずだ。

この日のマリノスの後方でのボール保持での局面では、ボランチの扇原はダミアンにパスコースを切られてしまい、この立ち位置ではボールを受けられなかった。ボールを受けられなくても、ダミアンを引き連れて、他の選手をフリーにさせればよかったが、ダミアンにはパスコースを切られながら、3バックにまでプレスに行かれてしまう状況が多く、ダミアンにしてやられるシーンも少なくなかった。そうなってしまえば扇原はここに立っていても効果を発揮できなければ、違う立ち位置を探さなければいけない。

そんな時に重要になるのが、3CBの距離感である。狭かった距離感を変えて、扇原が落ちる(サリーダ)スペースを作ってあげる。

後方を4バックへさらに可変させて、川崎の3トップに数的優位を作り出すことで、ボールを動かしても面白かったかもしれない。案の定、後半は偽SBはやめて4バックでビルドアップを形成することで、前半よりもスムーズに前進できるシーンも増えていった。

3バックの距離感を少し変えるだけでこんなこともできる。

3バックの距離感を広げることで、川崎の3トップを横に引き裂けることにもなる。そうなると自然とギャップも出来上がり、ティーラントや扇原へのパスコースが広がる効果にも。しかし、この時重要になるのは前述した通り、GKのビルドアップ力。よってこの試合この形でビルドアップすのは精神的に難しかったと思われる。ダミアンのGKオビへの猛追がこのプレー選択をマリノスから取り上げたからだ。

3バックの距離感を少し変えるだけで、こういった戦い方もできたのかもしれない。参考にこの試合を振り返ってもいいかもしれない。プレミアリーグでのリヴァプールvsマンチェスターシティの試合。シティもビルドアップの時に、前半のマリノスのように偽SBを用いて、後方を3バックに3-2の配置へ可変させていった。対するリバプールも3トップで中盤3人のプレスに出るように、この日の川崎のようなプレスを仕掛けた。しかし、シティはリヴァプールのプレスをひらりと交わしていった。この試合と見比べても面白いと思いますので良かったらのぞいて見てください!

どんな進化を遂げるのか?

前半のマリノスの偽SBを用いたビルドアップが、どうすればもう少しスムーズに出来るかな?と言う私の考察をここまで書いてきましたが、あくまで一つのやり方に過ぎません。どんな狙いがあったのかは中でプレーしている人しか分かりませんし、もしかしたら数試合見たら今シーズンのマリノスの取り組みが見受けられるか見えてくるかもしれないですね。

Embed from Getty Images

新たなチャレンジなのか?それとも怪我人がいる中での策だったのか?王者川崎への奇策だったのか?その答えはもう少し先になりそうだ。

ただ一つ言えることは、マリノスがまた何か面白いことを始めそうだということだ。今シーズンもサッカーの面白さをこのチームは教えてくれるはずだ。楽しみだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました