【カンセロがカンセロしない!】マンチュスター・シティ×ウルヴァーハンプトン【プレミアリーグ第29節】

サッカー戦術分析
この記事は約6分で読めます。

公式戦20連勝で迎えた今節は、難敵ウルブス。昨シーズンシーズンダブルを食らっている、シティの苦手な相手だ。今シーズンのプレミアリーグ第2節での前回対戦はシティが3-1で勝利したものの、後半はウルブスに押し込まれ危ない展開だった。この試合でも、虎視眈眈とチャンスを伺うウルフたちがシティに牙を剥いた。

それでは、簡単ではありますがゲームを振り返っていきましょう!

ウルブスの狙い

ウルブスはこの日3-4-3の配置。ボール保持時には5バックとなり、シティの攻撃を最終ラインまで引きつけ、一気にカウンターを狙うゲームプランだった。3トップの人員からヌーノ監督の思惑がヒシヒシと伝わってきた。左のシャドーにはキレキレのレフティーネトが入った。そしてパートナーを務める右のシャドーにはセメドが入った。ポルトガル人コンビがシャドーに入った。ネトがシャドーに入るのはあまり驚かないが、セメドのシャドー起用にはヌーノ監督のメッセージが伝わるものがあった。この日のシティの左SBはカンセロが入った。それを踏まえると、ここの位置でセメドが起用された意味が少し分かる気がしませんか?

そして3トップの最前線にはアダマ・トラオレが入った。シティ戦で確かな爪痕を毎回残すトラオレが最前線にいるだけで、シティには不気味で、ウルブスには期待感を与えるだろう。これだけでカウンター撃つ気満々でしょ?

前半は前からプレスに出ることはなく、ある程度押し込まれる展開は承知で、シティの攻撃を引き込んで一発のカウンターを狙っていった。押し込まれれば5バックを形成し、シティのWGのドリブルケアやポケット侵入を防ぎにいく狙いを持っていたに違いないが、シティがその上手の振る舞いを前半から見せつけていく。

ウルブスが前半うったシュート数は0本。ペナルティエリアでボールを触れることすらなかった。シティが主導権を完全に握りながら前半を進めていった。

カンセロがカンセロしない!

前述した通り、ウルブスの右のシャドーにはセメドが入った。普段SBやWBで起用されることが多い彼が、このポジションで起用された意味は『カンセロロール』の対策も含めてだったと思われる。しかし、この日のペップはその対策を用意していたかのように、ウルブスを遇らっていく。

その対策とは?

『カンセロがカンセロしない!』ことだった。

Embed from Getty Images

カンセロがカンセロしない?何だそれ?カンセロといえばSBの位置からインサイドに、ゴール前に入って持ち前のボールスキルを遺憾無く発揮するプレーが真骨頂ではあるが、この日のカンセロはそんなプレーを封印するかのようなプレーを見せていた。カンセロがSBの位置からインサイドに入ってプレーすることで、相手のバランスが崩れていく。よって今シーズンのシティと対戦するチームはこの『カンセロロール』の対策に頭を悩ませているが、この日のウルブスもしっかり対策を組んできたに違いない。

カンセロがカンセロする(『カンセロロール』)とウルブスも想定してセメドをシャドーに起用したと思われるが、蓋を開けてみるとカンセロがカンセロしない。それがウルブスのバランスを崩していくこととなる。カンセロはカンセロしても、カンセロはカンセロしなくても相手の脅威となってきた。居るだけで相手の脅威となるそんな選手になってきたのかもしれない。

シティがボールを保持すると、カンセロは左のワイドに立ち位置をとる。そうなると、カンセロがインサイドに入ってプレーするはずだったエリアで待っていたセメドが迷子になることに。カンセロがワイドの高い位置に上がることで、左WGのスターリングはインサイドに入り、ジェズスと2トップになる配置に。ウルブスは5-3-2のブロックを敷くので、大外に張るカンセロがフリーとなる。たとえサイドでもカンセロをフリーにさせていいのか?彼に時間をあげてしまえば相手の脅威になることは想像がつくだろう。そうなると右のWBがつり出され、最終ラインを薄くする。それに合わせて、2トップに入ったスターリングがウルブスの3CBの脇へ斜めのランニングで何度もポケット侵入していく。

カンセロがワイドに張ることで、カンセロがカンセロしないことでウルブスのバランスを崩していった。

5バック攻略

ウルブスの5バックを攻略したのはカンセロサイドだけではなく、逆サイドのマフレズサイドからも攻略していった。前半奪った先制ゴールは、中央のロドリから、大外のマフレズが斜めにランニングし、ウルブスのWBの背後をとって生まれた。

前半ウルブスに何もやらせずにリードも奪っていたシティではあったが、ウルブスは虎視眈眈とチャンスを伺っていた。そして後半61分、ゴール前のセットプレーから主将コーディーが身体を投げ出すヘディングシュートで同点に追いつく。これがウルブスのファーストゴール。実にウルブスらしい展開といったところだ。

Embed from Getty Images

ここらゲームがオープンになりかけるが、シティはもう一段階ギアをあげる。そして突き放す2点目を奪い去る。先制点同様にマフレズサイドからウルブスの5バックを攻略していく。

ウルブスの5バックを横に広げ分断させにいく。残り10分、マフレズがハーフスペースでボールを受けると、右SBウォーカーが大外からランニング。WBと3CBの間へマフレズがスルーパスを送り込み、猛ダッシュするウォーカへパスが入りクロス。クロスは一度ウルブスのDFに跳ね返されるが、こぼれ球をジェズスがゴールに突き刺し再びリードを奪ったシティ。ここからシティは更に2点を重ねて一気にウルブスを突き放し、終わってみれば4-1の大差がついてこの90分が幕を閉じた。

おわり

シティの難敵はやはり難敵だった。後半ウルブスが追いついた時はまたか!と思ったシティファンは多かったはずだ。ここからの残り30分は非常に手に汗握るゲームで面白かった。前半完璧にゲームを運んでいたシティだったが、それでもウルブスは虎視眈眈と牙を光らせていた。

しかし、シティのここからのギアの上げ方は今の強さを象徴しているかのようだった。これで公式戦21連勝となったシティ。次節は天王山のマンチェスターダービ。燃えないわけないでしょ。週末が非常に楽しみだ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました