【チャンピオンズリーグレビュー】20/21 CL round16 1stleg【全試合振り返り】

サッカー戦術分析
この記事は約11分で読めます。

あの心躍らせるアンセムが日本に帰ってきた。世界最高峰といっていい大会。欧州ナンバーワンを決める大会。そうチャンピオンズリーグだ。やはり世界最高峰!と思わせるクオリティで本当に面白い。普段リーグ戦では見せない頑張りや、やる気を出す選手の姿からも、この大会はやっぱり違う!本気度が違う!と思わせてくれた。たくさんの思惑、駆け引きがひしめく8試合だった。

簡単ではありますが、この世界最高の戦いの記録をさくさくとアニメーションも添えて書き留めて置こうと思います。

ライプツィヒ×リヴァプール

【上手だったプレミア王者】

プレミアリーグで絶不調な状態でライプツィヒとの試合となったリヴァプールだが、プレミア王者の意地と強さを、次世代を担う若き指揮官に見せつけた。対するナーゲルスマン率いるライプツィヒも強気なプレスでリヴァプールに挑んだ。

開始直後から両チームのプレー強度は高く、パスはそう簡単には繋がらない。おぉチャンピオンズリーグが帰ってきたと思わせてくれた。ライプツィヒはリヴァプールに対して明確に人についてプレスに出た。リヴァプール自慢の強力3トップに対しても数的同数で挑む強気ぶり。これに対してリヴァプールはアンカーのワイナルドゥムが最終ラインに落ちたり、フィルミーノが中盤に落ちることで優位性を作り出す。そして一番好機を演出していたのが、長い背後へのボールだ。数的同数の前線のボールがやはり効き目抜群。ライプツィヒの3バックも非常に身体能力の高いDFが揃うも、リヴァプールの3トップの方が質で上回るシーンが多くチャンスを作り出す。

そんな圧力を感じたのか、ライプツィヒは致命的な2本のミスを犯してしまう。そのミスを逃すことなくリヴァプールが2得点を奪い、颯爽と1stlegを制し、round8の切符をグッとたぐり寄せた。

ハイプレスや、縦への意識など、似ている共通点が多かった両チームだったかもしれないが、ボール保持の面ではリヴァプールが上手だった。前から相手のミスを誘うオープンな展開だけでなく、時には後方でしっかりボールを握ってゲームを落ち着かせるプレーも見せたリヴァプールが終始ゲームを支配していた印象だ。

しかし、先勝したリヴァプールだが、怪我人続出。それに伴うプレーしている選手の疲労感も否めず、ライプツィヒが2ndlegでつけ込む隙はまだまだありそうだ。2ndlegのナーゲルスマンの仕掛ける采配にも注目だ。

アニメーションレビュー

バルセロナ×PSG

【再び奇跡が必要?】

何かと因縁がある両チーム。2017年もチャンピオンズリーグでこのカードがあったが、バルセロナが2ndlegで奇跡の大逆転を起こしたのは記憶に新だろう。しかし、バルセロナには再びそんな奇跡を起こさなければ、round8への進出が叶わないそんな1stlegとなった。

バルセロナのホームカンプノウの地で、パリに大きな力を見せつけられてしまった。バルセロナはメッシのPKで先制したものの、そこからパリの反撃に耐えることは出来なかった。ネイマール、ディマリアは怪我で不在だったが、パリにはこの男がいる。世界最速アタッカーエムバペだ。この男の存在でバルセロナはラインは下げられ、重心を後ろに下げられてしまう。後ろに重心を下げてパリの猛攻を和らげることが出来ればよかったが、パリは次々と攻撃の引き出しを引っ張り出す。

最終ラインからはマルキーニョスがサイドに高い位置に上がるSBへバンバンサイドチェンジを送り込む。アンカーに入ったバレデスからも高精度の配給が前線に送り込まれる。前に出ればエムバペに背後を突かれ、下がってしまえば後方から高精度のキックをバンバンサイドへ送り込まれる。そんなジレンマを抱えながらバルセロナは戦うことになり、パリに見事に分断されてしまった。

ワイドを起点にパリが攻撃を組み立て、一番恐れていた男にハットトリックを決められてしまい、終わってみれば1-4の大逆転をパリに許してしまった。まだバルセロナには2ndlegが残されているが、アウェイゴール4点を奪われた結果を踏まえてもround16を突破するのは非常に難しい状態になったのは間違いないだろう。バルセロナは4得点以上のゴールが必須。次回はネイマール、ディマリアも帰ってくるかもしれないので、壮絶な撃ち合いが見れるかもしれない。そういった意味では非常に楽しみだ。バルセロナは再び奇跡を起こすことが出来るだろうか?

アニメーションレビュー

セビージャ×ドルトムント

【組織も個も大切】

セビージャは組織が、ドルトムントは個の力が際立ったような試合だった。どちらも大切だよね!と思わせてくれるゲームでもあった。先制したのはセビージャだった。セビージャはボールを保持すると両SBが高い位置に上がり、それに連動してワイドの選手がインサイドに入り、最終ラインには中盤の選手が一人降りてシステムを可変させる。あらゆる局面でパスコースを作り小刻みにボールを動かしドルトムントを押し込んで行った。

そうなれば当然ドルトムントはカウンターを狙う。もしかしたら今のドルトムントにはそちらの方が戦いやすかったのかもしれない。いくら押し込まれても最前線にはハーランドが最前線にいることで、鋭いカウンターを炸裂させることができる。そこにロイスとサンチョも加わり、即興性溢れる攻撃でセビージャから前半だけであっという間に3点を奪いさり試合を決めた。

劣勢に立たされたセビージャではあったが、後半修正を加えて1点を返したロペテギ。この1点は2ndlegへののぞみを広げるゴールになったはずだ。この試合だけをみればセビージャが逆転する可能性も十分にあるような内容でもあったので2ndlegもまた楽しめそうだ。

アニメーションレビュー

ポルト×ユベントス

【イタリア王者に緩みがあったのか?】

イタリア王者らしからぬ、ユベントスらしからぬプレーが。前半開始直後にユベントスはビルドアップを引っ掛けられ失点。いきなりポルトにリードを許す。そして後半直後にも失点。前半奪われた得点よりもさらに早くゴールを奪われリードを広げられる展開に。試合終了間際にキエーザのゴールで1点を返したもののホームのポルトが勝星をゲットした。ゲームの入り直後にユベントスが失点をすることは極めて珍しいのでは?しかも同じ試合で2度も。

しかし、それ以上にポルトのボール非保持での規律と気合が凄かった。ポルトのCLでの失点数はここまでグループリーグでシティに奪われた1点のみ。その堅守はイタリア王者にもしっかり通用していた。4-4-2をコンパクトにし、中央を圧縮。ボールを外へ外へ追いやる。そしてボールの奪いどころだ!とタイミングを伺いそのチャンスを逃すことなく、ボールを狩にいく。ラフに思えるタックルも少なくなかったが、鬼気迫る思いでユベントスのボールを何度も取り上げていく。ユベントスもピルロが監督になり、システムを可変させて相手を困らせるトライをしているが、この日のポルトの牙城を崩しきることは中々出来なかった。

2ndlegはポルトはさらに4-4-2のブロックに磨きをかけるはずだ。1stlegよりも焦れったい、我慢が必要な試合になりそうだ。それともエースロナウドが爆発し、一気にポルトをぶっ壊すのか。渋い試合になりそうな予感だ。

アニメーションレビュー

アトレティコ×チェルシー

【まさかの6バック】

今シーズンシメオネ政権10年目のアトレティコは進化を遂げた。後方3バックで前線は流動性を持ちながら、最後はスアレスで仕留める。攻撃的な一面も兼ね備えるようになり、ここまでラリーガを首位で突っ走ってきただけに、攻撃的な一面をチェルシー相手にも見せてくれる!と思ったサッカーファンは多かったはず。私もそのサッカーファンの一人だったが、蓋を開けてみればまさかの6バック。重心があまりにも後ろに重すぎた。

チェルシーはランパードが解任されパリからトゥヘルがやってきた。シメオネが6バックを敷いたのは、トゥヘルがとった戦術も関わっていたはずだ。チェルシーのシステムは3-4-3の様なシステムで、ボールを保持すると両WBが高い位置に上がり、3トップとともにアトレティコの最終ラインへ上がることで5トップになる。その5トップを防ぐために6バックを敷いたのかもしれない。最終ラインに6人の選手が並んでしまえば当然前へのプレスは薄れ、後方でチェルシーにボールを持たれてしまう。ジョルジーニョが遺憾無く攻撃のタクトを振り、チェルシーの攻撃を活性化させる。

それでも最後は6バックがゴール前にそびえ立つのでチェルシーがゴールを奪うのは簡単ではないが、ジルーのポストを起点にカウンターを仕掛け、最後はまたジルー。バイシクルでゴールに流し込んだジルーのゴールが決勝点となった。

アウェイの地で0-1で勝利したチェルシーだが、2ndlegは不安は少なくない。マウントとジョルジーニョが累積で出場できない。ジョルジーニョの代わりはカンテが務めるとして、問題はマウントの代わりだ。この日も存在感抜群であった彼が抜けることでチェルシーの攻撃力は半減しそう。

一方のアトレティコは2ndlegは今シーズン見せている進化した姿を見せてくれるはずだ。より攻撃的なアトレティコに期待。しかも次は右のワイドにトリッピアが帰ってきそうだ。それによりエースジョレンテがシャドーの位置に入ることが予想され、一気にアトレティコの攻撃は活性化される。楽しみだ。

アニメーションレビュー

ラツィオ×バイエルンミュンヘン

【5バックの利点・欠点】

ヨーロッパ王者が力を見せつけた。ラツィオも決して悪いプレーを見せた訳ではないが、気付けば前半3点を奪いあっと言う間に勝負を決めた。ラツィオはボール非保持になると5バックになる。中盤は3枚になり、そこの欠点を上手くバイエルンが突いてボールを前進していった。SBがボールを持ち運び、中盤3人の脇から侵入する。スライドが間に合わなければそのまま前進し、スライドをしてきたらボールを横に動かす。今度は横にボールを動かすことで、ラツィオのスライドが間に合わずに中盤にスペースが開くシーンも。そのスペースを使ってバイエルンが得点を奪うシーンもあった。

結果としてバイエルンに4失点を食らってしまったが、ラツィオの攻撃は今日も美しかった。いつものように段差を作り、三角形や菱形を常に作り、ボールを小刻みに動かしていった。いつ見ても美しい!バイエルン相手にもゴール前へ押し込み決定機を演出するも、得点を奪えない。奪えるバイエルン。奪えないラツィオ。その結果がこの大差であり、王者バイエルンの強さだ。

アニメーションレビュー

アタランタ×レアル・マドリード

【白い巨人はやっぱりCL強い】

怪我人続出のレアル。キャプテンのラモスもいない非常に難しい状態だったが、白い巨人はやはりCLが強い!

アタランタのアグレッシブなプレスにも臆することなく、クロースとモドリッチを中心にボールを動かし、前進していったのはさすがだった。この日トップに入ったのはイスコ。イスコが0トップとしてアタランタの守備をあしらっていく。中盤に降りてきてボールを動かす。これはアタランタは想定外だったかもしれない。自慢のマンツーマンディフェンスも中々ハマらない。

そしてこの日の左SBメンディのパフォーマンスは素晴らしかった!ヴィニシウスがワイドに入ればメンディは中央へインナーラップを見せるなど縦横無尽にピッチを駆け巡る。周りの選手を伺いながらポジションを変えることで、アタランタは困ったはずだ。そしてメンディのインナーラップからアタランタのレッドカードを誘発させ、試合終了間際には決勝点となる値千金のミドルシュートを叩き込みレアルに勝利をもたらす大活躍だった。攻撃力だけでなく、守備も強いメンディ。今世界を見渡しても彼を超える左SBはいないのかもしれない。

退場者が出てしまうハプニングに見舞われたアタランタ。そこへ更に痛手が。10人となり後ろに重心が重くなり、頼みの綱はカウンターとなる。そのカウンターの起点になるのが強靭なフィジカルをもつサパタだったはずだ。しかし、サパタも前半のうちに負傷交代していまい、アタランタはレアルの攻撃をただただ耐え忍ぶだけとなってしまった。シュート数もたった2本と自慢の攻撃的なサッカーも見せられなかった。

試合はレアルが1-0で勝利したものの、アタランタが逆転できる可能性は低くないだろう。アタランタは当然得点を奪わなくてはいけないので、より攻撃的なスタイルで挑むはずだ。対するレアルはどんな振る舞いを見せるのかが非常に楽しみだ。

アニメーションレビュー

ボルシアMG×マンC

ボルシアMGはこのビックマッチの前に、ピッチ外で色々ゴタゴタがあったみたいだ。その影響が少なからずあったのかもしれないが、現在絶好調のシティがボルシアMGを寄せ付けないゲーム運びで、この1戦を制して公式戦の連勝記録を伸ばしていった。

シティはこの日もカンセロがインサイドに入り、【カンセロロール】で相手のプレスに迷いを与えていった。後方を3-2でボールを動かし、そこにIHのギュンドアンとベルナルドも列を降りてボールを引き出す。最前線からはジェズスも列を降りて中盤に厚みをもたらし、最後方のGKエデルソンもポゼッションに関わり、数的優位を保ちながら楽々とボルシアMGを押し込んで行った。もしかしたらボルシアMGも前からプレスに出たかったのかもしれないが、シティがそうさせなかった。

そしてゴール前でもこの男がキーに。カンセロが持ち前のボールスキルを遺憾無く発揮し、2得点を演出するクロスも送り込むなど攻撃面で大きな仕事をやってのけた。

ボルシアMGもボールをシティから取り上げると、すぐにはシティのボールを渡さない。それでもシティの速いトランジションや、連動したプレスにボールを奪われてあわや!というシーンも作られたが、そのトライはやめなかった。

後方でボールを動かし、シティのプレスを集めて集めて、前線で待つ3トップへボールを送り込み、広大なスペースを突いていくことで、好機を作った。シティにカウンタープレスを食らうトレードオフとしてゴールに迫ったボルシアMG。あと1本パスが通ればというシーンもあったが、そこはカイル・ウォーカーがことごとぐ防いでいった。やっぱりこういうビックマッチに頼りになる男カイルウォーカー。

シティは2-0で勝利し、マンチェスターへ帰っていった。

アニメーションレビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました