【Jリーグ第4節】大分トリニータvs横浜F・マリノス

サッカー戦術分析

J1昇格組のトリニータ。
ここまでアントラーズ、ジュビロに勝利!昇格組とは思えない快進撃をみせている!
マリノスはここ3試合無敗でこちらも好調!
攻撃的な両チームの一戦!
勇猛果敢同士の一戦!

勝つのはどっちの勇猛果敢?
2019 明治安田J1 第4節 大分トリニータvs横浜F・マリノス 同じ漢字4文字のスローガン同士の対戦ですね。 横浜F・マリノス

今回はトリニータの戦い方を中心に書いていきます。
90分マリノスを苦しめた見事な戦術とは?
それではスタメンから!

スポンサーリンク

スタメン

トリニータの配置はこのような発表だったが、実際には藤本と後藤が2トップ。右からティティパン、前田、小塚の3ボランチのような配置で、大外に高山と松本がいる5-3-2のような配置だった。

対するマリノスは配置は開幕から変わらず、前節からは大津に変わって三好が戻ってきた形。
高野の大怪我により左SBにはティーラトンが入った。

高野を応援するために特製Tシャツをみんなで着て入場!

マリノスを苦しめたトリニータ。
見事な分析、戦術だった。
トリニータの守り方からどうぞ。

トリニータの守り

守り時には5-3-2の形でマリノス攻撃を跳ね返した。
マリノスの攻撃時の配置に噛み合わせた形になっているのが分かる。
基本のマッチアップはこんな感じになる。そうすると次の問題が出てくる。それはアンカーの喜田とSBの広瀬とティーラトンをどうするか?ということだ。
その答えが次だ。

ティーラトン、広瀬へのプレス


主に2パターン。
ティティパンティーラトンへプレス。それに合わせて前田がハーフスペースの選手へスライドする。右の広瀬に入った場合は小塚がプレス、前田がスライドと感じでボールにプレスに行った。

 

②左のティーラトンに入ったら、WBの松本がボールプレス。3SBの脇の岩田マルコスにスライドしてマークに。右の広瀬に入ったら高山がプレス。3SBの脇の福盛仲川にスライドしてマークにつく。

喜田へのプレス

マリノスのビルドアップにおいて喜田は非常に重要な役割を担っている。喜田がフリーになるとマリノスの攻撃は一層加速する。喜田へのプレスもはっきりしていた。
喜田には前田がプレスに行く。2トップはプレスバック。
2トップ前田で相手のビルドアップにプレッシャーをかけた。

 

 

スポンサーリンク

トリニータの守りの考え方

トリニータの守り!
ここが一番重要!

それは…
守りの上で明確なゲームモデルがあったこと。

ここが一番重要かと。
それが戦術に表れ、フォーメーションに表れていた。

絶対に抑えるべき事、絶対にやられてはいけない事は何かなのかを理解して守っていた事ではないか?明確なゲームモデル(どうやって守るか)がありそれを選手が理解して遂行していた事。
マリノスの試合をスカウティングし、分析し、マリノスの攻撃を丸裸にし、それを選手に落とし込んだ監督の手腕。それを理解するトリニータ選手の高い戦術理解度。
どこを抑えればいいのか?これは絶対にやらせてはいけない!でもこれをやられたもしょうがないよね。と明確な基準があった。

トリニータが絶対に抑える事は?

絶対に抑える事

  • ハーフスペースで天野、三好に自由に持たせない

→3ボランチでハーフスペースを埋める。三好にドリブルをさせない。天野のランニングにしっかりついて行く事とセンタリングあげさせない。

  • 畠中からの縦パス入れさせない

→2トップは縦をきる。
ある程度持たせてもOK!

  • 大外のケア・チャンネル(CBとSBの間)を守る

→5バックで5レーンを埋める。
大外にいる仲川とマルコスにしっかりマーク!

  • アンカー喜田を前向きにさせない!

3ボランチの真ん中前田がプレスへ。
2トップはプレスバックで自由を奪う

この他にも絶対に抑える約束はあったのかもしれないが、その他の事はまあやらせてもゴールは取られないだろう!と。全部が全部を防ぐ事は不可能。でもここだけはしっかり抑えるよ!そうすれば勝てる!と明確なゲームモデルがあり、それが本当に効果的にはまり、マリノスの攻撃をシャットアウトした。

トリニータの攻撃

マリノスのハイプレスを逆手に

トリニータの武器である後方からの見事なビルドアップ。DFラインはもちろんGK高木のビルドアップ能力はピカイチ。ハイプレスを仕掛けるマリノスを意図も簡単に剥がしたトリニータ。次から次えと襲いかかるマリノスに対してボールを動かし、トリニータ陣内に釣り出した。そこから一気に2トップの裏へ高精度のロングボールを供給してチャンスを作った。マリノスのハイプレスを逆手にとる戦術。トリニータ選手の確かな技術があるからこそ出来た戦術。

WBが上がり大外からの攻撃

攻撃時になるとWBの高山と松本が駆け上がる。
マリノスは4バック。大外は空く。比較的、高山と松本がフリーの状態でボールを受けられる。
サイドが空くことをチームは理解して攻撃をしていた。
得点シーンもサイドからの2得点だった。

得点シーン

1点目

SBティーラトンのボールをWBの松本がインターセプト。これは上に書いた、SBティーラトンへのプレスが見事にハマったシーン。そのまま松本が駆け上がりセンタリング。藤本の見事なシュート!

2点目

左から右サイドへサイドチェンジ。大外の松本へ。SBのティーラトンを釣り出し、チャンネルを空ける。後方からランニングする選手へパスをしセンタリング。この日2点目となる藤本のオシャレシュート。


スポンサーリンク

攻め急いでしまったマリノス

Embed from Getty Images

攻め急いでいるなと感じるシーンがよくあったと思う。攻撃の準備が整ってないのに攻めてしまった。無理に攻めさせられてしまった。チャンスになるのは個の力でなんとか打開した時くらい。そこで打開できる数がもっと多ければ結果は変わっていたかもしれないが、それはトリニータの思う壺。マリノスはバラバラにさせられてしまった。手のつけられない攻撃する時のマリノスは選手同士の距離感がよく、選手同士の立ち位置が被らずにポジションを取りあっているのが必須だろう。その準備が出来ずに攻めさせられた。ボールを保持できていない訳じゃなかった。ボールを持てる時間はあった。焦れずに攻める必要もなかった。いつ攻めるかをチームで一致させていれば…トリニータにバラバラにさせられた。

守り方を変えても面白かった

ハイプレスはマリノスの大きな武器。しかしこの試合では逆手に取られてしまった。そこで守りかたを変えても面白かったかもしれない。一度自陣に引いてブロックをしたら逆にトリニータは困惑したのかもしれない。マリノスは常にアクションをするスタイル。攻撃に守備に。逆に相手のアクションに対してリアクションをする力は少し弱いのかもしれない。それでも貫くんだ!と言うのも面白さはあるが、色んな引き出し、色んな戦い方を出来るチームは本当に強い。

試合の総括です

トリニータの戦術は本当に見事だった。ここまで開幕からマリノスの試合を観てきましたが、ここまではめられた90分はなかっただろう。トリニータの分析力、それを踏まえた戦術、戦術を見事に選手に落とし込んだ監督。本当に見事だった。トリニータの強さ満載のゲームだった。

マリノスはこれからこの試合をヒントに、戦い方をしてくるチームは増えてくると思う。その時にまた同じ戦い方をするのか?変化して、その上を超える戦い方でマリノスらしい攻撃を展開してくることを期待している。

試合結果
大分トリニータ 2−0 横浜F・マリノス
得点:
トリニータ 藤本×2
マリノス なし 
スポンサーリンク

コメント