【止まらない特急列車】J1第25節 横浜F・マリノス×ベガルタ仙台【サッカー戦術分析・レビュー】

サッカー戦術分析
この記事は約4分で読めます。

特急列車マリノス号は止まらない。首位を突っ走る川崎フロンターレを勇猛果敢に追い上げている。過密日程の中でも、選手を入れ替わっても、マリノスのスタイルは変わらない。

それでは簡単ではありますが、ゲームを振り返っていきましょう!

ベガルタの狙い

仙台はマリノスにボールを持たれることを前提に、自陣に4-4-2のブロックを作って長いボールでカウンターを仕掛ける狙いがあったように感じる。前のめりのマリノスの背後を突いてカウンターを仕掛けるのはもちろん、それよりも第一優先として、マリノスのトランジションプレスに引っかからない為に、前線へ長いボールをクリアしていたと言っていいのかもしれない。

4-4-2ブロックで中央を圧縮して、マリノスの攻撃を外回りにして、出来るだけ0-0の時間帯を長く作り出し、少ないチャンスで得点を奪い勝ち点を持ち帰るプラン。

簡単にまとめるとベガルタのプランはこんな感じではないだろうか。ベガルタはマリノスと殴り合うのではなく、ロースコアでゲームを進めていきたかったはず。だからこそ、マリノスが前半で奪った先制点は大きかった。

ベガルタの守備ブロック

仙台の守備ブロックをもう少し詳しく紐解いてみよう。ベガルタは自陣に4-4-2ブロックを形成した。前述した通り中央を圧縮して、マリノスのボールを外へ誘導して奪う狙いがあった。中央の選手はあまり動かない。でもサイドの選手は比較的、人に付いていく!出ていく!プランが見受けられたことからも、サイドでボールを奪いたい!というチーム狙いを感じた。

しかし、その為に、マリノスの中で割と自由を与えられる選手がいる。それは配置の噛み合わせ上、トップ下のマルコスがフリーとなるシーンが多かった。仙台として、中央を圧縮して中央に待ち構えるマルコスのスペースをチームで消そう!という意識はあったはずだが、マルコスはそこを逆手にとっていった。

次はそこも含めて、仙台の守備プランを逆手にとったマリノスの攻撃を見ていこう!

逆手にとったマリノス

まずはマルコスの動きから。中央のスペースをチームで消してきた仙台。しかし、マルコスに明確なマーカーがいたわけではない。マルコスが中央でプレーするエリアが消されただけ。そこでマルコスは何をしたのか?

前半、DAZNの中継の映像からマルコスがいなくなることが多かった。映像が映っている中央のエリアからマルコスが姿を消すことが多かったように感じる。それではマルコスはどこへ?そう、サイドに流れてサイドで数的優位の状況を作り出したのだ。仙台の中盤の選手に与えられたミッションはまずは中央のエリアを封鎖すること。そうなると、サイドに流れるマルコスは比較的フリーとなる。マルコスがサイドに流れることで、サイドから起点を作って、攻撃を展開したマリノス。

さぁ、次はチームで仙台を逆手にとったシーンを紐解いていこう。

仙台のサイドの選手は割と、人に付いていく対応を見せたことは前述した通りだ。そこでマリノスのSBが高い位置に上がると、ベガルタのSHはそれに付いていき、最終ラインが一時的に4バックから5バック、もしく6バックのようになる。そうなると、中盤の脇、ハーフスペースのエリアが開くことに。そこにマルコスが流れたり、最前線のレオセアラが落ちてボールを引き受けて、前を向きペナに入ったり、クロスをあげてゴールへ迫って行ったマリノス。

先制点も、開けた左のハーフスペースを使ってゴールに迫り、最後は逆SBの小池がアシストする形となった。なぜ?そこに?小池?と言わんばかりのシーン。マリノスらしい形でゴールを奪ってみせた。

打つ手が早いマリノス

1-0でリードして折り返したマリノスだったが、追加点を中々奪えなかった。仙台も少しづつマリノスのやり方に慣れ始めてきたとき、足早に手を打ったのはリードしているマリノスだった。後半15分ケヴィン マスカット監督は、天野と水沼の攻撃的な選手を2人同時投入。扇原と変わって入った天野は一列前に上がって、配置も変わったかもしれないが、それを確認する暇さえないくらいに、2人が投入されてすぐに追加点が入った。

マリノスの2得点目も仙台のサイドを起点にした、ハーフスペースを攻略した形。また仙台の中央の選手はポジションを守る意識を逆手に、前線から落ちたFWレオセアラが僅かにフリーとなり、強烈なミドルシュートを突き刺した。

おわり

マリノスは2試合連続の5得点と攻撃陣が爆発。この火力を止めるクラブはどこになるのだろうか?そんな楽しみすら出てくるほどの破壊力をみせているマリノス。

仙台のプランとしては、ロースコアで出来るだけ長くゲームを進めたかったはず。マリノスの2点目が重くのしかかった。2点目を後半に奪われた時点で、プランを変更せざる負えなくなり、勝ち点を奪うためにはより攻撃的なプラン変更が必要となってしまった。そんな状況は仙台が逃れたかった形だったはずだ。プラン変更をした仙台からすぐさまマリノスが前プレでボールを掻っ攫って奪った3点目は本当に見事だった。

さぁ、無敗の川崎の背中が少しづつ見えてきた。気づけば勝ち点差は4…

この記事の感想について、Twitterなどでシェア頂けますと励みになります!ご感想待っております!YouTubeのチャンネル登録もお願いします!

FOOTBALL BASE〜サッカーの秘密基地〜
アニメーションでサッカーの戦術解説します! Animated soccer tactics commentary!

コメント

タイトルとURLをコピーしました