【Jリーグ第5節】横浜F・マリノスvsサガン鳥栖

スポンサーリンク
サッカー戦術分析
Embed from Getty Images

代表ウィークがあり2週間ぶりのJリーグ
マリノスCB畠中は代表デビューを飾りましたね。これからがますます楽しみですね。サガン鳥栖は1週間非公開練習をしたということで、マリノス対策はバッチリか?極度の得点力不足を改善することは出来るか?マリノスは前節トリニータに見事に対策をされて完敗。
今節はどんな戦いになったのでしょう?

それではスタメンからどうぞ。

スタメン

トーレスが怪我でベンチ外。豊田が今シーズン初先発。金崎とのゴリゴリ2トップはいかに?

マリノスは松原が怪我から復帰し、今シーズンJリーグ初先発。畠中、三好、ベンチの遠藤は日本代表として戦ってきた。コンディションに問題はあるか?GK朴がJ1デビュー。長らくマリノスのゴールマウスをも持っていた飯倉がベンチスタート。

マリノスがボールを握り、サガン鳥栖がしっかり守備を固める構図がkickoffから明確に見られた。まずはサガン鳥栖がどのようにマリノスの攻撃を構えたのか紐解いていきます。

サガン鳥栖の守り

サガン鳥栖はしっかりマリノスの対策を練ってきたなというと90分だった。
しっかり中央を締めてマリノスの攻撃を防いだ。
マリノスにボールを持たれるのを前提にした戦い方をしていた。

前からガンガンプレスには行かずに、図のように水色のラインまで引いて守備を構成した。ここまでは持たれてもいいよ。中央はしっかり固めるよ。
そこから先は2トップの豊田と金崎がボールに行ったら、それにつられて、後ろが連動してボールへプレスに行こうというのが守備の狙いだっただろう。豊田はアンカーの喜田を見ながら、畠中にボールが入ったらプレスをする役割。この試合で豊田はサガン鳥栖の守備の合図になる役割(ボールを奪いに行くぞ!という守備のスイッチャー)とセットプレーで強さと高さを発揮して、チームの守備に大きく貢献した。

金崎と豊田のボールの追い方は非常にうまかった。次はここにボールが出るぞと分かりやすい誘導をしてくれたおかげで、2列目以降の選手がマリノスの選手をフリーにさせずに、いいタイミングでボールプレスに行くことが出来て、簡単にはゴール前に侵入させないことに成功した。



それでもマリノスは中央に楔を打ちまくっていた。特に後半の序盤は。外が空いていようが中央!中央!と楔を打ちまくる。無理矢理でも、難しいのを分かっていても中央へドリブルしたり、ターンをしたりとその攻防は見応えがあった。

サガン鳥栖の攻撃

サガン鳥栖の攻撃は守る時間が長くあまり見ることは出来なかった。狙いはマリノスのSBの裏だったかな?という印象。何度か中央でボールを奪いショートカウンターを仕掛けることに成功していた。マリノスは攻撃時にSBが内側に入る。そうすると必然的にCBの両脇に広大なスペースがあく。サガン鳥栖はそのスペースを使ってゴール前に入っていった。しかしもう少し自分たちでボールを持つ時間を作って攻撃をしたりしても面白かったかもしれない。後半は特に攻め込まれ続けていた。GK大久保を中心に最後まで集中して身体を張って、守れていたのは収穫かもしれない。

ここでも話した通り、マリノスはSBが中央へ絞ったり、流動的に動く。この試合では両SBの立ち位置一つでマリノスの攻撃が手詰まることもあったり、流動的に攻撃が展開されたりと、いい面と悪い面が出た。

スポンサーリンク

マリノス両SBの立ち位置

左SB広瀬

Embed from Getty Images

図の①
広瀬が内側に入ると大外のマルコスのパスレーンがうまれる。広瀬にはサガン鳥栖の選手は比較的そのままマークについていく。そのパスレーンに正確に強いボールを蹴れるCB畠中がいるからこそ、広瀬が内側に入る効果がより一層うまれる。偽SBとして中央で数的優位を創り出す、そしてCB畠中のパスレーンを創り出す。それによりサガン鳥栖のゴール前に攻め込むシーンも多かった。効果的な立ち位置だった。

中央に入るな!松原!

図の②
最初松原も中央に入ってボールを受けようとしたが、中央ではほとんどボールを受けられず。なぜならサガン鳥栖が中央を固めて守備ブロックを作っていたから。


そして左サイドのサガン鳥栖の選手は比較的マークを受け渡すというか、人よりもエリアを守るイメージかな?ポジションを変えても、人が変わるだけでサガン鳥栖の選手を撹乱することは出来なかった。右SBの松原が中央に入るということは、そこには広大なスペースをサガン鳥栖に与えるという事。松原の空けたスペースをサガン鳥栖に使われるシーンも少なくなかった。


CBのチアゴ。普通の選手よりは足元の技術はある方だと思うが、畠中に比べると、劣る部分はあるのかもしれない。攻撃のタスクはある程度、畠中に渡してるイメージはある。チアゴが難しい状況でもボールを前につけられたり、ボールを運んでサガン鳥栖の選手を釣り出せたら変わっていたかもしれないが、それはまず置いておいて、ここでは右SB松原の立ち位置の話。

そんな問題を試合の中でしっかり修正したマリノスは流石だなと思った。

2トップの脇にポジションを取り、後ろは3バックのような配置をとった松原。中に入らずにこの形の方がスムーズにボールを運べた。サガン鳥栖は2トップの脇とサイドハーフの前目のスペースが空く。そこに松原がボールを持つ事がサガン鳥栖にとって嫌だっただろう。この立ち位置だと松原は比較的フリーで前向きでボールを受けられる。前向きでフリーという事はサガン鳥栖の選手がプレスにくるという事。そうすると空くスペースが創り出されそこに三好と仲川が入っていき右サイドを崩していった。

大外の仲川にボールが入ると比較的スムーズに簡単に崩すシーンが多かった。サガン鳥栖のCBがスライドする意識が薄くチャンネル(SBとCBの間)がポッカリ。そこにどんどん仲川から三好へパスが出されたり、SBの松原から仲川へバックドアで裏を取るシーンもあった。(オフサイドになってしまったが)

松原はフリーで前を向くと非常に面白かった。力強いドリブルがあったり、縦パスの入れ方もうまかった。体を外に開いて(オープン)相手を外に意識させて縦パスを打ち込む。中ではなく外でボールを触る松原は攻撃の起点になるシーンも多かった。

このようにこの試合ではマリノス両SBの立ち位置一つで試合の流れが大きく左右したと個人的には見解している(攻守両面で表れたと思う)。マリノスはリーグが始まって早々にSB高野が怪我で長期離脱。そこから誰がSBに入るのかが悩みどころだろう。それだけマリノスのSBの役割は非常に重要なポジンションなだけに誰が定着するのか早く見つけ出したいだろう。

スポンサーリンク

1点が取れなかったマリノス

後半になると徐々にボール支配率も上がり、サガン鳥栖にも疲れが見え始め、マリノスが攻め込むシーンが増えていった。後半だけでポストに3度跳ね返され、GK大久保のファインセーブにもあい1点が奪えなかった。サガン鳥栖も最後まで集中して全員でサボらずゴールを死守した!

ハイスペック2CB

チアゴと畠中の2CBは本当にハイスペック。高くて強くてボールもしっかり繋げる。攻守に絶大な存在感を放つ。畠中はなんといってもビルドアップ能力。チアゴは対人強すぎ。本当に足が早すぎる。予測する力もピカイチ。2人の守備範囲が広すぎる。最終ラインでマリノスを支える二人。試合を重ねるごとに存在感がどんどん増していっている。

畠中!流石の技術!
チアゴ足速すぎ!

試合の総括

サガン鳥栖としてはスコアレスドローは価値あるものだっただろう。しかし課題である得点力不足が改善しそうな兆しはあまり感じられなかった。この試合でもゴールチャンスは数回と少なかった。なんとか耐え忍んで勝ち点1を持ち帰った感じ。これからどのように得点を奪って勝ち点を重ねていくかは大きな課題だろう。

横浜F・マリノス。ホームという事で是が非でも勝利が欲しかっただろう。チャンスもあっただけに悔いが残る90分だっただろう。中央を固めるサガン鳥栖に対して、それも理解した上で中央へ楔を打ちまくって何が何でも中央こじ開ける!そんな攻防が見ていて面白かった。しかし見方を変えてみればもう少し外を使いながら攻撃をしていたら結果は変わったのかもしれない。この試合でもチャンスになるシーンは外からの攻撃から始まっていた。もう少し幅と深さ(最終ラインの裏)を使うような攻撃が展開をしたら、さらに攻撃の破壊力は上がるだろう。

試合結果
横浜F・マリノス 0ー0 サガン鳥栖
得点者:なし
【公式】ハイライト:横浜F・マリノスvsサガン鳥栖 明治安田生命J1リーグ 第5節 2019/3/29

コメント