【Jリーグ第5節】清水エスパルスvs湘南ベルマーレ 清水ペースで試合が進むが、全て湘南の思う壺?ベルマーレのしたたかさ。

スポンサーリンク
サッカー戦術分析
Embed from Getty Images

この2チームの試合をフルで観るのは初めてだった。
非常に面白いゲームだった。両チームともにスピード感があり迫力ある攻防がゴール前で観れた。前半キックオフから清水が本当にいい入りをし、湘南に襲いかかった。前半は清水ペースでゲームが進んだが、いつの間にか湘南のゲームに?全て湘南の思う壺だったのか?決して清水は悪くなっかった。しかしそれ以上に湘南のしたたかさが目立ったゲームだったのかもしれない。

それではスタメンからどうぞ!

スタメン

清水はオレンジ 4-4-2
湘南はみどり 3-4-3

湘南には柏レイソル所属だった選手がたくさんやってきましたね。武冨、中川、指宿。ちゃんと3人試合に出ました。みんなレイソルの下部組織出身。優秀なレイソルアカデミー!

清水エスパルス河井選手ももう長いですね。藤枝東だったかな?選手権ファイナリスト。決勝は流通経大柏に粉砕されたっけな?大前の代ですね。もう清水の象徴になりつつあるかな。川崎からエウシーニョが加入。相変わらずの存在感。湘南杉岡もタジタジでしたね。

前半開始から清水がアグレッシブにサッカーを展開した。湘南のシステムや戦術をしっかり把握した戦術的な戦い方をした。まずは清水がどう守って、どう攻めたのか観ていきます。

清水の守り

基本は4-4-2で守備をした。
図のようなマッチアップをつくった。
前からガンガンプレスには行かずに守備ラインを設定。そこにボールが入ったらボールを奪いにいく戦術。

2トップのチョンテセと北川湘南の松田と菊池を観ながら3CBへ圧力をかけていった。

サイドハーフの石毛と金子は中央を絞るのがスタートポジション。彼ら2人が湘南の3CBの脇。山根と小野田へボールプレスをいくのが決まり。特に清水の右サイド。エウシーニョとの連携も良く、湘南の左サイドを機能不全にさせるシーンを多くつくっていた。

しっかりした守備のコンセプトがあり、ゲームに入ることが出来たことも前半は清水が湘南ゴール前に攻め込むシーンも多かった。

清水の攻撃

湘南のストロングでもある「ボールを狩り獲る」ボールプレス。前線からのハイプレスを十分理解した上で攻撃を展開した。ゴールキックはシンプルに2トップに放り込みセカンドボールを拾い攻撃を展開。それでも流石の湘南プレス。何度かボールを引っかけてショートカウンターを発動させた。清水も負けじとボールタッチ数少なくボールを動かして湘南プレスを剥がし、ゴール前に攻め込んだ。ゴール前の崩しも人数をかけてスピード感があり連続性がある攻撃だった。

ゴール前の崩し

ゴール前ではサイドハーフが中央に絞り、両SBが高い位置をとる配置。竹内は少し下がり目で2CBと守備のマネジメントをした。竹内、河井の運動量は非常に効いていた。トランジションも早く身体を張ってボールを拾っていた。

この配置からボールをテンポよくタッチ数少なく連続性を持ってボールを動かした。2トップの高さ強さを活かしたり、石毛、金子のスピードを活かし攻め込んだ。高い位置をとる両SB松原とエウシーニョ。松原は力強い突破からセンタリングを上げてチャンスを演出。エウシーニョ。この男。流石の存在感だった。右サイドからのぶっ壊し方は天才的。

エウシーニョという男

川崎から移籍して、清水でプレーする彼の姿は初めて観たが、相変わらずの巧さだった。川崎だからああいうプレーができるのかなと思っていたが、川崎とは違う彼の良さが存分に出ていた。

こんなにしっかりボールを持てて剥がせるSBがいるだけで脅威。チェンネルの破壊の仕方は天才的。パスで、ドリブルで、ランニングで色んなバリエーションで破壊していく。湘南の杉岡はタジタジだっただろう。守備でペースを乱され、攻撃でも多くのミスが目立った。

清水はkickoffから良い入りをして自分たちのペースで試合を進めていたのは間違いない。しかし、気づけば湘南ペースに?スコアも1度は追いつくがまた離される。清水にとっては前半はあれ?という感じだったろう。知らん間に2失点食らってるは!みたいだっただろう。。。しかしそれは湘南の思う壺だったのかもしれない。

スポンサーリンク

湘南スタイル

前線からのハイプレッシャー。
全員が労を惜しまず走り、身体を投げ出す。
縦に速いサッカー。90分間仕掛け続ける。

この試合も存分に湘南スタイルが表現されたのではないか。ボールを持たれてる方がらしさが出るのかもしれない。ストーミングサッカー。

進化する湘南スタイル
それがセットプレーだったり、試合の締め方にも出ていたのではないかと試合を観た感想。

3得点全てアウトオブプレー後から

湘南の3得点全てがアウトプレー(セットプレーから2得点、スローインから1得点)後から生まれたゴールだった。CKは完全に仕込んできたトリックプレーを見せてくれた。先制点は見事なトリックプレーだった。ゴール後にはベンチが大喜びしているシーンが。準備してきたのが伝わるシーンだった。そして3点目の松田のスーパーゴール!スローインから反転。右足一閃!ゴールへ突き刺した。苦しい展開でもセットプレーで取れると強いですよね、やっぱり。しっかりこの代表ウィークの2週間で準備をした湘南。湘南スタイルに新たな強さが加わったのかもしれない。キッカー松田のキック制度も非常によく、セットプレーは迫力満点だった。

トリックプレーから1点目

古巣相手にフレイルが2点目

松田のスーパーゴール3点目

斜めのボールが攻撃のスイッチに。

斜めのボール

右サイドから斜めのボールが入りそれが攻撃のスイッチなるシーンがあった。湘南の大外に鈴木が張ることでSBをひろげさせて、ハーフスペースを開門!そこへ斜めのパスを打ち込み武冨が受けたり、奥の山崎が受けて落としてみたいな攻撃のスイッチを入れた。ここからテンポよく人が絡み攻撃が展開され前向きの選手を創り出し、一気に人が裏に抜けて清水のゴール前へ攻め込んだ。

したたかな湘南

5-4-1で守備の狙いを明確に

3点目を奪ってから中川を投入して、守備を固める。5-4-1のシステムで清水の攻撃を跳ね返した。高い位置をとる両SBの対応の為にも5-4-1のブロックで、守備の狙いを明確にして清水の攻撃をシャットアウト。そのままゲームを締めにいった。

試合の締め方

試合の締め方にも、したたかに時間を進めるところは、なんか今の湘南強いな〜と思わせる。(この試合しか見てませんが、なんか強さ感じました!)87分からCKからボールキープを開始。時間を稼ぐ。そして自陣深くにブロックを敷き奪ったら、思いっきり相手陣内へクリア。最後には完全に湘南ペースで試合を締めくくった。

湘南 MF松田 FW山崎

Embed from Getty Images

この試合存在感があった2選手

ベルマーレ MF松田
決して大きくない選手だが、昨年から鹿屋体育大から湘南に加入したプロ2年目の選手。大学時代も全日本大学選抜に入るなど力はある選手。(川崎フロンターレMF守田選手と同期)久しぶりに見た彼のプレー。力強さや湘南らしさが加わったさらに良い選手になっていた。松田の推進力。中央からのドリブルで清水の守備陣を切り裂きチャンスを演出したり、2列目、3列目から長い距離を走るランニングでゴール前に飛び出す動き。ボールを持った時、ボールを持っていない時の動きで湘南の攻撃を牽引していた。湘南の中心になりつつある存在となっていた。3点目のゴールはゲームを決めるスーパーゴールだった。

ベルマーレ FW山崎
ここまでリーグ戦では無得点。しかしそれ以上にチームに与える貢献度が高いなと感じさせてくれる長身フォワード。湘南で使われる意味が少しだけわかった90分の彼のプレーだった。とにかく、ポストがうまく、ボールを収めてくれる。それにより湘南お得意の後方からどんどん人が湧き出て攻撃に厚みを持つ攻撃の時間を作ってくれる。また、2列目以降が前向きにボールを持てばまずは裏をとる。強さと速さで縦パスに反応し、一気に相手ゴール前に侵入する。試合を経過していく中で彼の存在感はどんどん増していった。決して派手ではないが、苦しい時間帯に前線でボールをキープしたり、ファールをもらってくれたりと、この試合でも彼の働きは大きかったと思う。

スポンサーリンク

試合の総括

清水エスパルスは決して悪いゲームではなかった。ゲームの入り、ゲームの進め方は決して悪くなかった。この内容だったら勝っていても決しておかしくない内容だったと思うが、最後のフィニッシュワークの所だろう。誰が点をとるのか?そこまでの形、色は十分示してくれた試合だったし、ゴール前はスピード感があり、迫力があり、連続性があり、テンポよくボールが動き非常に観ていて面白かった。昨年大活躍したエースドウグラスが帰ってきたのは朗報かもしれない。それほどゲーム内容は悪くなかったが、最後にはしっかり湘南のペースになってしまった?いや、湘南の思う壺だったのかもしれない。それは上であげた理由も含まれているだろう。どこか強いチームを思わせる戦い方をしていたなと印象。したたかさがあった湘南。いやらしいチームになっている印象。これからが楽しみだ。エスパルスのここからの巻き返しに期待ですね!

コメント