考察:【森保ジャパン新戦術 4-3-3】〜更なる強さに繋げよう〜カタールW杯予選 第4節 日本×オーストラリア

サッカー戦術分析
この記事は約9分で読めます。

ワールドカップ出場に黄色信号が点りはじめてしまった森保ジャパン。そして今節ホームで迎えた強敵オーストラリア戦。この試合で負けてしまうと、本当にW杯出場が厳しくなる状況の中で、森保ジャパンはこの試合で新たな試みをした。その試みとは4-3-3をベースに戦うことだった。ここまでの森保ジャパンと言えば4-2-3-1の配置をベースに、2ボランチとトップ下という中盤の編成が多かったはず。その中盤の編成をこのオーストラリア戦ではアンカーと2インサイドハーフを中盤に編成させる4-3-3を採用した。

Embed from Getty Images

果たしてこの狙いとは?そして新たな試みということでエラーが生じる部分もあったと思われる。そんな部分を「更なる強さに繋げる」おもいで考察し、提示したいと思う。またこの配置がベースになるとするならばこれからの選ばれる選手も変わるのかもしれません。あぁこういった役割が求められるなら、こんな選手が面白いかもね!と妄想を膨らませるのも面白いかもしれませんね。

それでは簡潔なW杯予選第4節vsオーストラリア戦の振り返りをしてから、「更なる強さに繋げる」考察をしていこうと思いますので、是非最後までお付き合いください!

日本×オーストラリアのさくっとレビュー

両チームのスタメンはこんな感じ!

森保ジャパンが馴れ親しんだ中盤の編成が2ボランチ+トップ下ではなく、逆三角形の中盤編成になっているのは大きな特徴だろう。

試合は日本が一度は同点に追いつかれるも、終了間際に浅野のシュートをキッカケに追加点を挙げ、このグループの首位であるオーストラリアを見事に退けた。

果たしてこの配置に込められた狙いとは?日本代表のボール保持の局面、ボール非保持の局面に分けて見ていこうと思います!

森保ジャパンのプレッシング

まるでリヴァプール?と思わせるそんなプレッシングを森保ジャパンが随所に見せていた。リヴァプールと言えば強烈なプレッシング。それに加えて特徴的なのが、WGの選手が外を切りながら中央へプレッシングをするスタイルだ。

この試合WGに入った伊東と南野はWG外切りプレスでオーストラリアのCBへプレスをかけていた。そしてSBにボールが入るとインサイドハーフの選手がスライドし、相手のボールの前進を遅らせて時間を稼ぎ、チームでサイドにスライドしプレスをかける一連のプレスまで見受けられた。短い時間でここまで連動した守備を見せたのはお見事!という印象を受けた。

森保ジャパンのビルドアップ

オーストラリアのスカウティングも踏まえてか、森保ジャパンは4-3-3からシステムを可変してボールを動かしていった。3人の中盤の一人が最終ラインに落ちて後方を3バックに可変し、相手の2トップに対して数的優位の状況を作り出し、ボールを前進していった。

そして左のワイドに入った南野がインサイドに入り、左SBの長友が高い位置に上がることで相手の4-4-2ブロックを迷わせて、時間とスペースを持ちながらボールを前進させられるシーンもあった。

森保ジャパンがオーストラリアにぶつけた戦術は簡潔すぎるかもしれないがこんな感じだ。しっかりこの戦術が機能しボールを奪ってショートカウンターを仕掛けたり、優位性を作りながら安定的に前線へボールを運び、フィニッシュまで持ち込むシーンもあった。

しかし、同時にエラーが発生しピンチを招くシーンも。またもっとこの状況ではこうしたら良かったかも!と思うシーンもいくつかあったの。そこで次の章では改善点をあぶり出し、「更なる強さに繋げよう!」という話をしていこうと思う。

森保ジャパン更なる進化の為に!

今回の戦いで示した森保ジャパンの新たな試み「4-3-3」をベースに、こんな改善をすればもっと強くなるのでは?と考察をつらつら書いていこうと思います!皆さんもこんなところ改善したらもっと強くなるでしょ!とご意見、ご感想あればコメントや、Twiiter等で反応頂ければ嬉しいですし、新たな学びになるかもしれません。どしどし待ってます!

ボール保持編!

まずはビルドアップ編。オーストラリアの配置を把握し、優位性を保ちながら、相手に迷いを与えながらボールを前進できたシーンもあった。しかしまだまだ改善点も多かったはず。

特に右サイドはSBの酒井がボール保持の際少し迷子になるシーンがあったように感じる。彼が悪いというわけではなく、チーム全体でもう少し立ち位置を整理すれば、よりオーストラリアのプレス局面を困らせ厚みを持った崩しをできたはずだ。

中盤の選手が落ちる、サイドに流れることで確かに優位になる局面も生まれるが、中央が手薄になる状況に陥ってしまう。インサイドには南野しかいないじゃん!という局面も多かった。サイドだけなく、中央もあるよ!と相手に思わせる配置をチームで取れたもっと決定機を作れたかもしれない。

どう改善する?

それではどんな改善が出来たのか?
あくまで私の考察を述べていこう。

まずは後方からのビルドアップの配置から。オーストラリアが2トップでプレスにくるので後方を最低でも3人の選手を配置したいと考えると…スタメンのキャラクターを考えてもこんな配置はどうだろうか?

中盤の選手を最終ラインに落とさずに、右SBの酒井をインサイドに入れて後方を3バックに。右のWGに入った伊東のキャラクターを考えても右SBがインサイドに絞ることで、幅をとるWGへのパスコースも生まれやすいはず。そして中盤の選手が落ちないことで、中盤の厚みを保つことにも。南野しかいなかった中盤がより厚くなる。中盤インサイドハーフの守田、田中は中盤のエリアで縦移動させることで、ビルドアップのお助けに加えて、フィニッシュワークへの関わりを持たせる。

左サイドはキャラクターを考えてもバランスが取れていたように感じるので、変える必要はあまりないと考えた。

ボールを前進させて、フィニッシュワークでの局面。サイドでそれぞれ三角形のユニットを作ってボールを動かし、相手を動かす。そしてこの試合オーストラリアは4バックということで考えられる効果的な崩しの選択の一つがポケット侵入だ。SBとCBの間のスペース(チャンネル)へ抜け出してぺネルティエリアの脇のエリア(ポケット)へ侵入するプレーだ。ワイドの選手が相手のSBを釣り出して、開いたチャンネルへ侵入するプレーは、私の記憶では守田が右サイドで見せた1度だけのように感じる。ボールが伊東から出ていればポケットへ侵入し、決定機だったかもしれない。そんなポケット侵入がこの試合ほとんどなかった。

少なかったポケッ侵入

なぜ?ポケットへの侵入が少なかったのか?色んな要因は考えられるが、この試合に限っては中央からチャンネルへ走る人が少なかったことが考えられる。前述した通り、中央のエリアいる選手が南野だけ!中央が手薄になる局面が多かった!ということからポケットへ走る選手が少なかった理由が考えられる。

出し手がいて、受け手がいなければパスは繋がらない。大外からパスが出ても、チャンネルへ走る選手がいなければ当然ポケットへも侵入できるはずがない。4バックの泣き所でもあるポケット侵入が出来れば日本代表のゴール期待値はもっと上がったかもしれない。

一つ前で説明したように、インサイドハーフをもう少し前でプレーさせる設計がチームでできていればそんなプレーはもっと見れたかもしれない。

ボール非保持編!

WG外切りプレス!

お次はボール非保持の局面!
まずは特徴的だったのがWGの外切りプレス。WGの選手はSBのコースを切りながらCB、中央へプレスをかける能力が求められる。リヴァプールに所属する南野のそのプレーが流石だったのは言うまでもないだろう。

WGをつとめる選手はミナミーノから外切りプレスのスキルを学びことも必要だろう。意外とこの外切りプレスが近年、機能しないシーンもあることをお忘れなく。高い配給力を持つCBやGKがすんなりプレスをかけるWGの頭を超えるボールを送り込み剥がしたり、中盤の選手を経由しフリーのSBにボールが入り前向きを作られることも。

そこで次に大事になるのがチーム全体での横スライドと縦スライドだ。

横スライド。縦スライド。

この試合でも相手のSBにボールが入るとインサイドハーフの選手がスライドしプレスをかけるシーンも。しっかりスライドしボールへプレスをかけてSBの前進を食い止めるシーンがあった。この横スライドを怠ってしまえば一気に前向きのSBにドリブルで侵入される恐れもある。IHの選手は中盤の選手をケアしながらSBへのスライドの意識を持たなければいけない。

時にはSBが縦のスライドで相手のSBへプレスし、それに連動してCBが横へスライドし相手のサイドの選手まで出ていく必要がある。そのスライドが遅れてしまえば一気に相手に背後を突かれてしまう…

そしてこの試合でもそのスライドのズレを生じさせてしまい、オーストラリアの同点ゴールに繋がるFKを与えてしまった森保ジャパン。

横のスライドと縦のスライドの意識を高めると共に、いつプレスにいくのか?と言う意思疎通も大事になりそうだ。連動が間に合わなければ無理にボールへ出る必要もないので、そのさじ加減も重要になりそうだ。

森保ジャパンの求められる人選も変わる?

ここまで、森保ジャパンの新たな試みに加えて、更なる強さに繋げよう!と言う感じで話を進めてきた。それでは最後に、戦術が変われば求められるタスクが変わる。そうなれば当然選ばれる選手が変わるよね?と言う話をしたいと思う。

Embed from Getty Images

この試合で見せた森保ジャパンの戦術を踏まえると、インサイドに絞ってプレーできるSB。豊富な運動量に加えて、ボールを動かせるIH。裏へ飛び出すプレーが得意なIH。インサイドでプレーできるWG。落ちてプレーできるCF…

そんなプレーが出来る選手が皆さんの頭の中にもチラホラ浮かぶのではないでしょうか?そんな選手がいれば是非!教えてください。みんなで妄想を広げるのも非常に楽しいですよね?

それではまだまだ険しく長いW杯予選は続きます。全集中でこれからも日本代表を応援していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました