【雪化粧】プレミアリーグ第13節 マンチェスター・シティ×ウェストハム【サッカー戦術分析・マッチレビュー】

サッカー戦術分析
この記事は約5分で読めます。

プレミアリーグ第13節。ここまでリーグ2位のマンチェスター・シティはホームで好調!4位につける難敵ウェストハムを迎えた!リヴァプールを3-2と退ける戦いで自信も深めているモイーズ監督率いるウェストハム。非常にハイレベルな90分を見せてくれた。

MVPはグランドキーパー!?

まず始めに、この試合を語る上で忘れていけないのはピッチコンデション。ピッチを真っ白に彩った雪化粧。

Embed from Getty Images

試合開始前から降り始めた雪は、前半途中から激しさを増し、ピッチを真っ白に。大雪でボールが見えない!それほど激しく雪が吹雪く状況も。しかしペップシティはそんな厳しい状況、悪い悪いピッチコンディションにも関わらずに、いつものようにボールを動かしボール保持率を高めていった。圧倒的な技術の高さをこんな悪天候だからこそ改めて実感させてくれた。

ハーフタイムを境に雪は止んでいった。僅かなハーフタイムでエティハドスタジアムのグランドキーパー達が奮闘し、真っ白のピッチを緑のピッチへ復旧させてみせた。

ペップも試合後この試合のMVPはグランドキーパー達だ!と感謝の言葉をかけた。彼らの働きっぷりのお陰もあり、ペップシティはよりボールを保持し、ウェストハムを押し込む展開を作り出すことができていったと言っていいだろう。

ウェストハムの狙いと強さ

それではここからはサッカーの戦術的な現象や両チームの狙いを紐解いていこう!

シティはいつもの様に後方を両SBがやや内側に絞り高い位置に上がり2-3、五角形でビルドアップ。前線はWGが幅をとり5レーンアタックを仕掛けていった。

これに対してウェストハムの陣形は3バック?と始めは思われたが試合が経過すると共に彼らの狙いが明確になっていった。ウェストハムは4-4-1-1でシティのビルドアップを待ち構えて、そこから強靭なFWアントニオを起点にカウンターを撃つ!狙いが浮き彫りとなっていった。

前線を縦関係にすることでアンカーのロドリのパスコースを限定しボールを外回りへ。そして4-4で中央を圧縮しながらサイドにボールが入ると鋭くスライドし、サイドでシティのボールを覆う様に奪いカウンターを仕掛けていった。

ボールを奪うとシンプルなロングボールを前線に。アントニオが強さを活かしてボールをキープし、仲間の攻め上がる時間を稼ぐ。カウンターを仕掛けられれば一気にゴールへ畳み掛け、それが難しいと判断すれば簡単にボールをシティに渡すことはなく、しっかり自分たちがボールを保持する時間を作り出すことも。

攻撃よりも際立ったネガトラ

それでもシティはボールを持つ時間を増やしウェストハムを押し込んでいった。ウェストハムが4バックということで大きなサイドチェンジで横に揺さぶって、最後はサイドから中へゴールへ迫っていった。先制ゴールは左SBカンセロから右WGのマフレズへの大きなチェンジサイドのボールが起点となり、サイド深くをえぐりクロス。そのクロスに雪崩れ込むシティの選手達。最後は落ち着いてギュンドンがクロスを合わせて先制した。

そしてこの試合、緻密なペップシティらしいビルドアップや、フィニッシュワークよりも際立っていたのがネガティブトランジションだった。ネガトラとはボールを奪われてからのトランジションを意味するが、ネガトラを発動させ即時奪還できれば厚みのある攻撃が出来る要因にもなる。この試合マンチェスター・シティが記録したボール保持率は70%に迫ったが、それを実現させた大きな要因は厚みのあるネガトラだった。

ウェストハムのカウンター機会を奪い去り、自分たちの攻撃機会を増やすネガトラ。

マンチェスター・シティの厚みのあるネガトラを実現させた要因は?

今季ペップシティは昨シーズンと後方の立ち位置やSBの立ち位置を変えていることは今季の大きな特徴の一つだ。両SBがやや絞ってアンカーの選手達と同じ位置に上がることで、後方を2-3の五角形を形成する。これによりビルドアップに安定をもたらし、幅をとるWGにボールが入った時にインサイドでサポートに入る狙いも担っている。

そしてSBがハーフレーンに立つことでネガトラ局面に厚みをもたらす効果にも。

後方が2CBだけで怖さがあるが、SB+アンカーの3で相手のスピードダウン、パスコース限定でネガトラ効果UP。最終ラインにボールが入らない状況を作るのが狙い!それでも最終ラインにボールが入ってしまえばCBには前に出て潰せる、遅らせるミッションが与えられている。そして最後はチームの素早い帰陣でより厚みを増す今季のシティのネガトラ局面。

厚みのあるネガトラ。早い速い帰陣により、ボール非保持の局面でも大いにウェストハムを押し込んで行ったペップシティがこのハイレベルなゲームを2-1で勝ち取った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました