【W偽9番・4-4-2に隠されたペップの狙い】プレミリーグ第14節 アストン・ヴィラ×マンチェスター・シティ【サッカー戦術分析・マッチレビュー】

サッカー戦術分析
この記事は約8分で読めます。

ジェラード新監督を迎えてアストンヴィラの調子は2連勝と上向き。そんな調子を上げるヴィラパークに乗り込んだマンチェスター・シティ。

今節も前節同様に速い、分厚いトランジションで前半圧倒。しかし好調アストンヴィラもしっかりハーフタイムを機に息を吹き返し、ホームの後押しを背に巻き返してみせた。

それでは簡単ではありますが試合を振り返っていきましょう!

4-4-2に隠されたペップの狙い

怪我やコンディション不良が重なりペップが思い描くベストな人選は選べなかったかもしれない。しかしそんな難しい状況こそ監督やコーチングスタッフの腕の見せ所。ここまであまり出場時間に恵まれなかった選手が奮闘し、ペップもいつもと少し違う戦術をチームに落とし込み、前半アストンヴィラを圧倒していった。

最終ラインには右からカンセロ、ディアス、久しぶりの先発となったアケ。そして今季プレミア初先発となったジンチェンコが左SBに入った。

中盤の並びはロドリとこちらも先発は久しぶりのフェルナンジーニョがダブルボランチで横に並び、全体のベース配置は4-4-2になりIHがいない配置となった。

前線の並びは右からマフレズ、2トップにはジェズスとベルナルド。左のワイドにはスターリングが入った。そしてこの4-4-2配置の1番の特徴となったのが2トップに与えられた役割。

Embed from Getty Images

ペップシティといえば4-3-3が十八番。3トップの両羽は幅を取り、前線ワントップは偽9番の役割を与えられることが多い。4-4-2配置でもそんな戦術をベースにボールを握り押し込んでいった。ワイドの両羽はいつものように幅を取り、そして2トップに与えられた役割も3トップの時同様、偽9番の役割だった。その偽9番の役割を2トップの2人に授けたのがこの日の4-4-2配置最大の特徴だった。

W偽9番

シティは後方でボールを持つと、今季取り組んでいる2CB +アンカー+両SBで後方2-3の五角形を形成してビルドアップを試みるのが特徴の一つ。しかしそれはベースポジションが4-3-3から可変して成り立つ話、今節のベースポジションは4-4-2である。今季見慣れた配置と違う配置でボールを動かしていった。

ボールを後方で動かすと全体の配置を2-4-4の様な配置へ可変していった。2CBはベースのポジションから離れずに、中盤2枚のロドリとフェルナンジーニョはサイドに開き過ぎずに、ハーフレーンの幅でボールを引き出す。両SBも4-3-3の時とあまり変われない役割を与えられ、ややインサイドにポジションをとり(ハーフレーン)、ロドリとフェルナンジーニョの立ち位置に合わせてそのポジションを上下させていった。

そして前述した通り、この試合の最大の特徴が偽9番を担う役割が2人いたことだ。流動的に動け、色んなポジションでプレーできるユーティリティ性を持つベルナルドとジェズスのW偽9番がアストン・ヴィラを翻弄していった。

2点目となったベルナルドのスーパーシュートも、ジェズスとの2人で完結させたカウンターから。この2人のW偽9番は非常に機能的で流動的だった。最後まで攻守両面でサボらずにこの日の勝利に大きく貢献した。

Embed from Getty Images

開いたハーフレーン

W偽9番に与えられた主な役割はサイドに流れたり、斜めに落ちてハーフレーンを使ってボールに関わることだった。この試合4-4-2と言うことでハーフレーンに初めから立つIHがいない事で、開いているハーフレーン。そこを使うのがW偽9番。

ベルナルドとジェズスはそれぞれサイドに流れてハーフレーンに立ち位置をとり、WGとSB共にサイドを起点にトライアングルを形成し、サイド攻略もしくはサイドからのお得意技ポケット侵入を試みた。

一方のサイドにW偽9番の一方が関わりにいったら、もう一方は逆サイドのワイドの選手とクロスを待ち受ける約束。サイドの厚みに加えて、そこを突破した先もしっかりデザインされていた。

シティの先制点はスターリングが左サイド深くをえぐりマイナスクロス。この時中にはシティの選手が 4,5枚入っていたはず。それにつられてガラ空きになったマイナスクロスに、なんとCBのルベン・ディアスが左足でミドルを叩き込んで先制して見せた。

そしてIHがいない事で「開いたハーフレーン」を利用するもう一つのポジションが。それはSB!

SBに与えられた役割

「開いたハーフレーン」を偽9番が使う事で相手に捕まえずらい状況を作り出してペップだったがその役割はSBも担っていた。カンセロとジンチェンコは前線にボールがある時や、チームが前向きでボールを動かすといつもよりもハーフレーンの高い位置に立つシーンも。中盤にフェルナンジーニョとロドリが並ぶ事で、いつも以上に高いポジションでプレーする狙いがあったはず。IHが担うような役割をW偽9番と共に担ったSB。

またインサイドでプレーするだけでなくサイドの深い位置でプレーする事も。特に右ワイドのマフレズがドリブルでカットインすると、その大外からカンセロがオーバーラップ。その内側をベルナルドがポケット侵入!そんな組み合わせでアストンヴィラの左サイドを何度も切り裂いていった。

ネガトラ対応

前半のマンチェスター・シティのネガティブトランジションは前節同様に、鋭く分厚く襲いかかるシーンが何度もあった。それでもアストン・ヴィラがそのトランジションを掻い潜りチャンスを持ち込むシーンはシティに怖さを与えていた。

この日のシティは敵陣深くに押し込むと、後方に2CBを残し、両SBと中盤2枚の4人が横になり、アストン・ヴィラのペナルティエリア覆い隠すようにネガトラ発動の準備をしていた。その4人(2SB +2ボランチ)の包囲網にアストン・ヴィラがかかっている間に、前線のプレスバックが襲いかかり何度も即時奪還に成功し、厚みのある攻撃を見せた前半のペップシティ。

アストン・ヴィラのプレス回避

マンチェスター・シティに押し込まれる時間帯が長かったアストン・ヴィラだったが、しっかり自分たちの狙いを随所で見せていた。

Embed from Getty Images

アストン・ヴィラはGKのマルティノスを起点に後方でボールを小刻みに動かし、シティのプレスを自陣深くに集めていった。そこでシティの猛烈なプレスを喰らいピンチ招くシーンもあったが、勇気を持ってボールを動かしシティのプレスを集めた。

プレスを集めると前線のワトキンソンへロングボール。彼はとてつもなく大きな選手ではないが非常にポストプレーが巧み。シティのCBの前にポジションをとり身体をはり仲間に時間を作る。

また、アストン・ヴィラの3トップのワイドの選手は内側に絞ってそのセカンドボールを引き受ける。それに合わせてIHが外に出てる、またはSBが高い位置に上がる流動性はアストン・ヴィラの特徴の一つだった。

おわり

前半2点を奪ったマンチェスター・シティ。前半だけ見れば後半もシティが圧倒するだろうなと思う試合展開ではあったが、ハーフタイムを機に吹き返したジェラードアストン・ヴィラ。後半開始早々CKからの得点がホームの彼らをより勇気づけたはず。

その後も前半と一変して後半はアストン・ヴィラに決定機が訪れたが、得点はこの一点止まり。ペップシティが前半の2点を守り抜き勝点3を持ち帰りリーグ4連勝を飾った。

Embed from Getty Images

コメント

タイトルとURLをコピーしました