【中盤5人の包囲網】プレミアリーグ 第18節 ニューカッスル×マンチェスター・シティ【サッカー戦術分析・サッカーレビュー】

サッカー戦術分析
この記事は約3分で読めます。

7連勝で首位の座をがっちり守るペップシティ。前節はリーズ相手に7得点を奪い攻撃陣のエンジンも温まってきた!今節もその好調ぶりがうかがえる戦いぶりだった。

しかし試合後のペップは決して満足いかなかった様子。前半の戦いぶりはニューカッスルの狙いがはまるシーンも多かった点がペップをそんな表情にさせたのかもしれない。

それでは簡単ではありますが試合を振り返っていきましょう!

中盤5人の包囲網

ニューカッスルは4-5-1の布陣で中盤に5枚の選手を並べ、シティのビルドアップを妨げる包囲網を形成した。

シティはビルドアップを成功しアタッキングサードに侵入すると、ピッチを縦に5分割にする様に人を配置して攻撃を仕掛ける(5レーンアタック)のが特徴的。その攻撃に対して4バックで対応するとどうしてもフリーの選手ができる構造となっている為に、5バックのブロックを形成する事がペップシティ対策になる事が多いが、この日のニューカッスルは最終ラインではなく、中盤に5人の選手を並べた。

中盤に5人を並べた理由の一つが、中盤より前でボールを奪う事。そしてアタッキングサードへ侵入するスペースを中盤で消すことだった。

中盤5人の選手は中盤のスペースを消しながら、シティのCBへプレスをかける素ぶりも加えながら、じりじりとシティのビルドアップへ圧力をかけていった。

この戦術は大いにシティを苦しめていたように感じた。シティのビルドアップを中盤より前で前向きでボールを引っ掛けてショートカウンターを何度も発動できたニューカッスル。ペップが試合後に前半の戦いぶりは今季でもワーストの内容と言ったように、ニューカッスルの中盤5人の包囲網が機能する場面も多くあった。

IHの列移動

ニューカッスルの中盤5人の包囲網が機能し、シティにストレスを与えていたが、シティが点差をじりじりと広げていった。ニューカッスルの連携ミスや、カンセロのスーパーゴールで苦しめられた前半ではあったが2点のリードで折り返した。

後半に入るとニューカッスルの4-5-1ブロックをより分析し解剖していった。そのキーとなったのがこの試合インサイドハーフに入ったデ・ブライネとベルナルドの列移動だった。

Embed from Getty Images

ニューカッスルの中盤5人の背後に、前にシティのインサイドハーフが列移動することでプレッシングの基準をかき回していった。

特にベルナルドはこの試合に限ってはゴール前でのプレー回数は最近の試合の中では少なく、ビルドアップ局面での関わり多かったように感じた。列を降りてボールを引き出し、前線の選手へボールを供給する。守備ではしっかり戻る。いつも以上に「水を運ぶ」役割に徹していたベルナルド。相変わらず彼のチームへの貢献度は高い。

おわり

後半も2点を加えたシティがアウェイの地で勝点3を持ち帰った。これでプレミアリーグ 8連勝と首位を快走!次の試合は1週間後。リーグカップを早々に敗退したことで生まれた時間。週に2試合が普通になっているマンチェスター・シティ。これから始まるプレミアリーグ 恒例の年末年始の超過密日程に向けてエネルギーチャージの時間になるはず。

次節はボクシングデー。相手は難敵レスター。レスターとの試合は毎回難しくなる。果たして9連勝と今の勢いを維持できるのか。それとも連勝がストップするのか楽しみな一戦になりそうだ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました