【まるで液体。】22/23 プレミアリーグ第2節 マンチェスター・シティ×ボーンマス/マッチレビュー/試合分析

サッカー戦術分析
この記事は約6分で読めます。

新シーズンの開幕戦から早速サッカー界に衝撃を与えたペップシティ。今節もその上積みもしながら、昇格組のボーンマスを攻守で圧倒していった。それでは簡単ではありますが試合を振り返っていきましょう!

▽前節の振り返り▽

•5-4-1ブロックをどう崩す?

イケメン監督スコット・パーカーは、ペップシティ相手にどんな戦い方をするのか?その構図はすぐに出来上がった。

ボーンマスはシティにボールを持たれると、5-4-1のブロックを形成。ゴール前に多くの人をかけて時間とスペースを消し去り、カウンターから好機を狙っていった。

この強固なゴール前に置かれたバスをペップシティはどの様に攻略していったのか?

•ペップシティ×ハーランド=化学反応

前節同様に相手の守備ブロックに風穴を開けたのは新加入のハーランドだった。

開始直後から攻めまくるシティ。しかしボーンマスの強固なブロックからゴールを奪えずに15分が経過した。ボーンマスが1度目の波を見事の乗り越えたのだ。

ここまで中央を固めるボーンマスに対してシティは大外から斜めのニアゾーンへのスルースルーパスやクロスで背後.ペナルティエリアへの侵入成功させた。最後の一本が合わない!というシーンを何度も作り出し、得点は時間の問題という状況を作り出した。

そして19分先制ゴールが生まれる。大外.サイドを起点にしたゴールと思いきや、密集するボーンマスの中央をぶっ壊したゴールだった。

ハーフレーンでボールを持ったウォーカーからの、斜めのパスをバイタルエリアで受けたギュンドアンがワンタッチフリック。そのボールをトップのハーランドが相手を背負いながらポストワーク。最後は身体をなぎ倒しながらスルーパス。フリックを差し込んだギュンドアンがスルーパスに反応して見事にGKとの1vs1を制しゴールへ流し込んだ。

そこから約10分後、前半30分シティが畳み掛ける。ショートカウンターからデブライネがドリブルでゴール前へ迫る。この時ハーランドがすかさず背後へランニング。これにより相手のラインは下がりデブライネがドリブルできるスペースが生まれる。そのままボックス内へ侵入しアウトシュートで技ありゴールで点差を2点に広げた。

1,2点ともにハーランドの強さや献身性が生み出したゴールでもあった印象。密集の中央で身体を張ってのポストワーク。普通はボールを奪われてしまいそうな状況でも失わない彼の強さ。ゴールへ向かい続ける姿勢と連続性。その動きに相手は気を取られ味方にスペースを与える。

昨シーズンまであまり見られなかった光景。ペップシティとハーランドが掛け合わせて生まれた化学反応が、開幕戦に続いて今節でもゴールという結果に結びついた。

週刊 FootBall Base|inamo|note
三十代サッカー戦術ブロガーinamoがお送りする週刊webマガジンという名の、『私のサッカーノート』。サッカー現場で感じること。サッカー観戦で感じた疑問.考察。頭を整理するためのメモ帳。こんな感じに書いていこうと思います。誰かとの対談やインタビュー記事なんかも書けたらなと思ってます。

•『まるで液体』.攻守を司る後方五角形。

まるで液体のように、ボーンマスの選手たちはシティの選手たちを捕まえられなかった。

相手の立ち位置を見て、相手を誘導してボールを動かし、僅かなスキを逃さず仕留めていった。

ポジションチェンジを重ねて相手のプレッシングを定めさせない。これはペップシティの特徴の一つ。そしてポジションチェンジをしながらもバランスを崩すさない事も極めて重要。

むやみにポジションチェンジを崩してバランスが崩れてしまうとパスコースは減り、カウンターを受けてしまう穴が出来るからだ。

しかしペップシティはポジションチェンジをしながらバランスを保つことがセットになっている。お互いがお互いを補完しあっている.見合っていることがよく分かる。そのキーになっているのがシティの後方の5人衆だ。

後方五角形がペップシティの攻守を司る。

▽左SBカンセロのWG化。右SBウォーカーのCH化。

ボーンマス5-4-1ブロックに対して、この日のシティは左SBカンセロはワイドの高い位置へ。右SBウォーカーはインサイドに入り、アンカーのロドリと共に中盤でボールを捌いた。

後方2CB +2CH(ロドリ+ウォーカー)の四角形でビルドアップ。左のワイドには左SBカンセロ。右のワイドには右WGマフレズ。最前線ど真ん中にハーランドが位置どり、ギュンドアン、フォーデン、デ・ブライネは流動性高くボールを引き出した。

ウォーカーがCHになることで、シティの前線へのボールの出所であるロドリがフリーとなる。逆にロドリにプレスに出るとウォーカーがフリーになり、彼からも早くて正確なボールが前線へ供給されるメカニズム。先制ゴールもCHと化したウォーカの縦パスが起点に。

左SBのカンセロはワイドで攻撃の起点に。WG顔負けのドリブル突破からチャンスを演出。4点目となるOGを誘発させる突破、クロスは彼らしさ満載だった。

おわり

終わってみれば4得点の大勝。ホーム開幕戦を最高の形でファンに届けることができたシティ。結果内容ともに昇格組のボーンマスを圧倒したプレミア王者であった。

そして、前節からの取り組みの上積みが見られたのは非常に良かった印象。ハーランドとの化学反応。相手と前線の選手の組み合わせに合わせた両SBの立ち位置。ウォーカーのCH化により前線への配給力アップとカウンター対応…

試合を重ねるごとに高まる完成度と新たな形。次節の試合も待ち遠しいな。

2022/8/13 プレミアリーグ第2節
マンチェスター・シティ 4-0 ボーンマス
得点者:ギュンドアン.デ・ブライネ.フォーデン.OG

コメント

タイトルとURLをコピーしました