【小さな巨人 三好康児】〜彼について色々まとめました〜

スポンサーリンク
解体新書

簡単なプロフィール

Embed from Getty Images

名前:三好 康児
国籍:日本
身長/体重:167cm/64kg
ポジション:MF(前線はどこもこなせる)
年齢:1997/03/26
利き足:左足

川崎フロンターレの下部組織出身選手。フロンターレのアカデミー史上最高傑作と呼ばれていた時もあったりと、小さい時から才能溢れるプレーを見せていた。

167cmと小柄だが、抜群のボールタッチで得意のドリブルから相手を翻弄していく。左足から強烈なシュート、鋭いパスも放つ。一人で剥がす力、そして周りとのコンビネーションにも長けており、特にゴール前や、密集したエリアでの彼のプレーは必見だ。密集での彼のターンは素晴らしい。簡単に前を向いてしまう。前を向く意識を強く持っていることと、ターンの技術を兼ね備えている彼の成せる技だ。

J1初ゴール!!!

フロンターレの下部組織から着々と力を付けていき、フロンターレのトップに昇格し、プロの門をたたいた。しかし、フロンターレはJリーグ王者。激しいレギュラー争いに、三好ももがき苦しんだだろう。それでも、少ない出場でも彼が与えるインパクトは凄まじいものがあったのを今でも覚えている。

この板倉と三好のインパクトは忘れられない

2018年からは出場機会を求めて、コンサドーレへ。
コンサドーレ札幌で更にワンランクレベルアップ!

そして今シーズンは横浜F・マリノスへと!

コンサドーレ札幌

コンサドーレ札幌ではレギュラーに定着して、その才能を大いに発揮した。3ゴール5アシストという記録でチームのJリーグ最高順位の4位に大きく貢献した。チャナティップとの2シャドーコンビは本当に強烈だった。ちびっこペアの二人の攻撃力は凄まじかった。

コンサドーレ時代

横浜F・マリノス

2019年からは横浜F・マリノスへ。
ポステコグルー監督のもと、ポジショナルプレーを学び、更にワンランク上の選手に。マリノスのサッカーにもすぐさま順応し、開幕当初からマリノスの攻撃陣を加速させる存在に。

世界へ羽ばたけ三好!

Embed from Getty Images

そして彼の戦う場所は世界へ。各年代の代表にもコンスタントに選出されてきた三好。同世代では攻撃の中心選手として活躍してきた。東京オリンピックでも彼にかかる期待は大きだろう。

そして初のA代表に選出され、A代表初の先発でやってのけた!
世界に大きなインパクトを与える。

コパ・アメリカ2019年に招待された日本代表。ここで三好も日本代表メンバーとして戦うことに。グループリーグ第1戦のチリ戦で、途中出場ながらA代表デビューを飾り、第2戦ウルグアイ戦で初先発する。相手は本気のウルグアイ。その相手に三好がやってのけた。ウルグアイ相手に2得点を奪う大活躍。この試合のMOMに選ばれるなど、世界に大きなインパクトを与えた。

フロンターレファンにはたまらないだろう2ショット!
日の丸を付けた二人!

この活躍にメディアも大きく取り上げた

世界にその名を轟かす2ゴール!!MOM選出の三好康児「イメージしていた」(20枚) | ゲキサカ
世界にその名を轟かす2ゴール!!MOM選出の三好康児「イメージしていた」(20枚) 日本代表は21日、コパ・アメリカのグループリーグ第2節でウルグアイ代表と2-2で引き分けた。●コパ・アメリカ(南米選手権)2019特集★コパ・...
ブラジルメディアが日本を称賛「驚くべき試合をした」「進化していることを証明」 | サッカーキング
 日本代表は20日、コパ・アメリカ第2戦でウルグアイ代表と対戦し、2−2で引き分けた。  ブラジルメディア『グローボ』は、「10番を背負う中島翔哉が攻撃のリズム···

三好選手は家長選手が好きなんだ!

表示できません - Yahoo!ニュース

三好康児のプレー集

コメント