「【理想と現実】」Jリーグ第17節 FC東京vs横浜F・マリノス

サッカー戦術分析
スポンサーリンク

Jリーグ前半戦最後の今節。
首位FC東京と2位マリノスの天王山となった!
ここまでJリーグ最小失点のFC東京とJリーグ最多得点を誇るマリノスの一戦。最強の矛と最強槍の一戦となった。試合終了後のFC東京の長谷川のインタビューの通り、お互いがお互いの良さを出した、殴り合いの試合となった。試合後には、レアル・マドリードに移籍する久保建英選手のセレモニーもあり、両チームに所属していた彼から感謝の言葉がファン、サポーターに伝えられた。

Embed from Getty Images

FC東京の狙いは堅守速攻。マリノスはいつも通りボールを握り、相手を押し込む「ハーフコート」サッカーを展開した。攻めるマリノス。守ってカウンターを狙うFC東京。マリノスの相性としては非常に悪い相手だった。それでも自分たちのスタイルを曲げずに貫き通したマリノスの理想と現実がオープンになった試合であった。

スタメン

スタメンはこんな感じ。
予想通りキックオフからマリノスがボール保持をし、FC東京がボールを奪いに行くという展開になった。前半途中まではFC東京は全体的に高い位置でボールを奪いに行こうとしたが、徐々に重心を後ろに下げて、自陣に戻って守備をする展開となった。ここまではマリノスの思惑通り「ハーフコート」に相手を押し込めたのではないだろうか。しかし、そこからFC東京の本当の強さ、怖さが垣間見えた。

FC東京の狙い

FC東京の狙いは簡単に言えばカウンター狙い。長谷川監督のインタビューでもあったように、マリノスのスタイルとクオリティをしっかり認めた上で、攻められるのは前提で、失点も覚悟でFC東京の良さを前面に出してきた。

そして、FC東京のスタイルとしても堅守速攻。マリノスが相手だからといって守ってカウンターを仕掛けようではなく、守ってカウンターはFC東京の最大のストロングポイント。FC東京のスタイルと良さをぶつけるには恰好の相手だったと言うことだ。

FC東京の守り

4-4でゴール前にブロックを作り、ゴール前を圧縮。
マリノスのワイドの遠藤と仲川には時間とスペースを消しにいった。出来るだけ、数的優位で対応。右サイドは右SBの室屋に加えて、東がプレスバックに落ちて2枚で対応。左サイドは左SBの小川に加えてIHの橋本が援護に行くシーンがあり、ここも2枚で対応した。マリノスの仲川、遠藤は非常にスピードがあることを警戒しての対応だっただろう。

時には1対1のシーンもあり、そうなると遠藤も仲川もサイドを突破して力を発揮するシーンもあった。マリノスの先制点はサイドから。FC東京の一瞬の隙をつくサイドからの攻撃で生まれた。しっかり相手の隙をつき、そのワンチャンスをしっかり沈めたマリノスは流石だった。

【公式】ゴール動画:マルコス ジュニオール(横浜FM)15分 FC東京vs横浜F・マリノス 明治安田生命J1リーグ 第17節 2019/6/29

そして、マリノスと対戦するチームが最近頭を抱える、マルコス対策。自由に動く彼にどう対応するかと言う問題には高萩と橋本が対応した。橋本は評判通りの強度の高いプレスを見せたが、マルコスに翻弄されてしまうシーンもあったが、最低限の仕事はした感じだ。マルコスのランニングには高萩がしっかり対応した。

2トップも非常に守備の意識は高く、プレスバックからボールを奪ってカウンターを仕掛けるシーンもあった。マリノスに自陣深くまで攻め込まれた時には、一方のFWが戻って守備に回った。一方のFWは前線に張り、カウンターへ備えた。

FC東京のブロックは前半戦戦った相手の中でも非常に厄介で、強度が高いものだった。サイドを崩されても最後は中央で体投げ出して守るぞ!と言う気迫と、冷静さもあって崩すのは非常に難しかった。

FC東京の攻撃

Embed from Getty Images

J1屈指のカウンターアタック

前掛りに人数かけて攻め込むマリノスの裏にめがけて一気にカウンターを仕掛けたFC東京。オリヴェイラと永井に走るスペースがあればあるほど、この強力快速2トップの力は一層は引き出される。

カウンターの狙いどころとしては、マリノスのSBの裏のスペースだ。自分のポジションを崩し、自由に動くマリノスのSB。攻撃参加を積極的に行うことで相手に脅威になる一方で、ポジションを空けると言うことでもある。FC東京に限らずにどのチームもここは狙ってくる。マリノスの課題の1つであるのは確かだろう。

2トップがSBの裏に走って一気にマリノスのゴール前に攻め込むシーンも何度もあった。この試合、この強力2トップを活かしたのは間違いなく中盤の高萩だろう。彼からの正確なボールで幾度もチャンスを演出した。また彼からのサイドを一気に変えるサイドチェンジでマリノスが揺さぶられるシーンも少なくなかった。守備ではサボらずに、攻守において存在感を発揮した。

マリノスもこの2トップには十分な警戒と対策をしてきたがそれを上回る能力と、ここぞと言う勝負強さを発揮してきた。なぜレイソルはD・オリヴェイラを放出してしまったのか…こんだけの能力を兼ね備えたストライカーを…まあ色々な事情がありますよね!

よかったらレイソルの記事もどうぞ!

「【明暗はっきり、千葉ダービー】」J2第19節 柏レイソルvsジェフユナイデッド千葉

千葉ダービー!観なきゃダメでしょ!
リーグ戦では2010年以来の9年ぶりの対戦となった、千葉のサッカーの覇権を争う「千葉ダービ」。

マリノス、2失点目は防げなかったか?
【公式】ゴール動画:永井 謙佑(FC東京)38分 FC東京vs横浜F・マリノス 明治安田生命J1リーグ 第17節 2019/6/29

2失点目のシーン。
マリノスのCKからのカウンターから2失点目を返上。

FC東京のGK林から高萩にロングスローが入る。この時は高萩とナサンホの2人。しかし数秒後には一気にFC東京の選手が駆け上がってくる。

しかし、マリノスの選手は4人いる。ご覧の通り全員がボールウォッチャーに。人がいるが、スペースを守っていない。お互いの位置を確認し、スペースを確認し、後方に残っている選手の立ち位置を変えるだけでまた違う結果になったのかもしれない。

しかし、FC東京のカウンターは見事だったのは間違いない。素晴らしかった。

トランジションが早くて正確

攻撃から守備へのトランジションは早くて、まずはボールにアタックする。それに合わせて他の選手たちがポジションをすぐさま整えてしまう。ゴールへ戻るスピードも早くて、相手に隙を与えない。

そして守備から攻撃へのポジティブトランジションの早さと正確さがFC東京の1番の強みなのかもしれない。奪ってから何度かマリノスの早いトランジションプレスに手を焼くシーンもあったが何度もカウンターアタックに繋げた。

奪って終わりではなく、その先の攻撃のイメージまでしっかり考えながボールを奪っていた印象。奪った選手だけなく、それに合わせて周りの選手もパッとサポートに入り、カウンターに繋げたり、マイボールにして相手の攻撃を摘むシーンも非常に多かった。

マリノスは?

FC東京を中心にここまで観てきたが
マリノスにもよかったシーンは多かった。
スタッツだけ見ればFC東京を圧倒していた。

シュート数は21本。
パス本数800本超。
ボール支配率67㌫

一方的にパスを回して猛攻を仕掛けていた。
しかし結果は2-4とFC東京の快勝だったと。
なぜ結果にこんな差が生まれたのだろうか?

サッカーのリスクについて考えると一つの答えが出るかもしれない。そしてマリノスのサッカースタイルのもつ「理想」と「現実」を紐解くことで分かるかもしれない

リスクとチャンス

Embed from Getty Images

サッカーのリスクとチャンスの話。
リスクって何?チャンスを上げるのに必要な事って何?

なぜボール保持する?

ボールを保持する事で
ゴールを奪うチャンスを上げる。
ボールを保持する事で
ゴールを奪われるチャンスを減らす。

チャンスを上げ、リスクを下げる。

ボールは相手コートで保持が理想

なぜ相手コートに押し込む?
ハーフコートでのサッカーを求める?

より相手ゴールに近く事で
ゴールを奪うチャンスを増やす為。
より自分のゴールから遠ざける事で
ゴールを奪われるリスクを下げる為。

チャンスを上げ、リスクを下げる。

ロングボールではなくショートパス主体の攻撃

なぜショートパス主体の攻撃?

テンポよくショートパスを回す事で相手のプレスを回避する為。ショートパスで密集を作り相手を集めて一気に裏や逆サイドを突く為。
ロングボールよりも短い距離のパスの方が強くて正確に蹴れるから。

流動的なポジションチェンジ

なぜあんなにポジション変えるの?

ポジションを流動的に動かす事で相手のマークを外す、相手を混乱させる為。数的優位を創り出す為。よりゴール前に厚みを作る為。

これがマリノスのゲームモデル。マリノスのやり方。
出来るだけリスクを下げて、チャンスを増やすことはどのチームも理想だろう。そのやり方が各チームごとで違うだけで、この目的は共通しているだろう。

しかし違う見方をするとリスクになる事がある。

ショートパスを何度も何度も回すということは、奪われるチャンスも増えるということだ。
A地点からB地点に行くのにロングボールだったら1本で到達する。マリノスはA地点からB地点に行くまでに5、6本のパスを繋ぐスタイル。そうすると相手からしてみればボールを奪うチャンスは1本のロングボールに対して、5,6本のショートパスの方が多くなるという事でもある。

ポジションを流動的に動かすという事は自分の守っているエリアを空けるというリスクもあるという事だ。マリノスだったら攻撃の時にSBが流動的に動く。奪われた時にSBが空けたスペースを使われると言う感じだ。

そしてこの試合ではそこをFC東京にうまく使われた。

FC東京は自陣にブロックを作りマリノスの攻撃を待ち受けた。またボールもマリノスに圧倒的に保持されてシュートもいくつも打たれた。マリノスに自陣深くまで攻め込まれる苦しいシーンが多かった。これはFC東京においてはリスクの話。

しかし、マリノスに攻めさせる事で生まれるチャンスもある。それはマリノス陣内に大きなスペースが生まれるという事だ。攻めさせて、一気にその裏を突くチャンスが上がるという事でもある。

何が言いたいかというと、リスクとチャンスは表裏一体であるという事だ。ピンチはチャンスであり、チャンスはピンチであるという事だ。攻撃をしながら守備をしなければいけない。守備をしながら攻撃をする。そんなチームが強い。

この試合においては攻守一体でゲームを進めたのはFC東京だったという事だ。
「守りながら攻めた」FC東京に軍配が上がった。
「攻めながら守る」事ができなかったマリノス。

マリノスの「理想」と「現実」

そしてマリノスの
「理想」と「現実」。


この試合ではFC東京に現実をつきつけられたのかもしれない。前がかりに人をかけて攻めれば裏が空くよね。そこのリスク管理が甘いから使わせてもらうよ。ショートパスをいっぱい繋ぐから狙い所を決めて、強度高いプレスでボールを奪うぞ!あとはどんなに崩されても最後はゴール前を守ればいいんでしょ。とFC東京に守られ、中盤でボールを奪われ、質的優位で勝る強力2トップにカウンターを食らった。

いくらボール保持率をあげても、いくら丁寧に後方からショートパスを何百本も繋いでも最後のゴール前でFC東京に跳ね返されてカウンターを食らうマリノス。これが今の現実。

しかし、ポステコグルー監督をはじめ、マリノスはこのスタイルを貫き通すだろう。「理想」を追い求めるだろう。カウンターを食らうのはボールを奪われるという事だ。相手がこうだからではなく、自分たちがボールを奪われなければカウンターは受けない。究極の理想かもしれない。しかしそこを求め続けるだろう。

そして、ゲームの終盤にはサイドが空いているにも関わらず中央突破にこだわるシーンも多くあった。中央に守備を固めるFC東京の思う壺だっただろう。またこの日奪った2ゴールもサイドからのクロスから生まれた。これが「現実」だ。


しかし、ここでも、やっぱり「理想」がある。どんなに相手が中央を固めてもそれをぶっ壊す攻撃力を追い求める。「非現実的だ」と言われてもそこは求め続けて欲しい。固執しすぎるのは良くないと思うが、中央からもサイドからもどこからでもゴール奪えるようになればマリノスの「理想」へと近く。

「現実」をしっかり見ることは大事だ。しかし「理想」や「夢」もまたすごく大事だ。「理想」に人は集まり、心動かされる。リスクを承知で攻め続けるマリノス。ラインを下げて決して引くことをしないマリノス。そんなスタイルに我々は心動かされるのかもしれない。

すごい困難なスタイルとミッションにチャレンジしているんだ。「理想」を達成するためには「絶対的な技術」が必要だ。
相手がどうではなく、絶対的にボールを奪われない技術。絶対的に相手ブロックを破壊する技術、速さ、コンビネーション。

まだ前半戦が終わったばかり。
後半戦が楽しみだ。

次節が大切

今シーズン連敗のないマリノス。そう、次節のトリニータ戦が大切だ。前回対戦ではトリニータに完敗したのは今でも鮮明に覚えている。リベンジマッチ。
前回対戦のおさらいどうぞ↓↓

【Jリーグ第4節】大分トリニータvs横浜F・マリノス
トリニータの戦術は本当に見事だった。マリノスを分析し、戦術を組み、それを選手に落とし込んだ名将片野坂監督。トリニータの強さ満載だった90分。ここまで苦しむマリノスは今シーズン初めて。


今節の反省を活かして、さらなるレベルアップしたマリノスに期待!

【公式】ハイライト:FC東京vs横浜F・マリノス 明治安田生命J1リーグ 第17節 2019/6/29

コメント

タイトルとURLをコピーしました