【信念貫く両チーム。AJ世界へ。】J1第18節 マリノスvsトリニータ

スポンサーリンク
サッカー戦術分析

前節FC東京都の首位攻防戦に破れ3位で前半戦折り返した。今シーズンのマリノスは敗戦を重ねるたびに成長していっている連敗をしないチーム。敗戦から多くを学び一歩ずつ自分たちの「理想」「ロマン」に向かう活力となっている。

今節の相手は前回対戦で見事にやられた大分トリニータ。自分のストロングを出し続ける両チーム。曲げない、折れない自分たちの信念を貫く両チーム。ボールを決して簡単に蹴らずに、どんなにプレスが来ようがボールを握ることを放棄しない両チーム。監督の戦術的な駆け引きも面白かった闘いだった。

前回のおさらいにどうぞ!

スタメン

マリノスは和田に代わり広瀬がJリーグでは久しぶりのスタメンに。その他は最近の試合では変わらずといった感じだ。

トリニータの布陣は5-3-2。前々節に対戦した松本山雅FC戦に似た布陣で、守り方も非常に似ていた印象だった。中盤のティティパンは12試合ぶりのJリーグ出場で、マリノスキラーなのかな?と。この試合でも前回の対戦と同様に中盤の守備力をアップさせていたのは間違いないだろう。

スタメンはこんな感じ。
キックオフからマリノスがボールを握る展開に。トリニータも攻守に明確なゲームプランを持ちながら戦ったが、前半のマリノスの戦いは完璧だったかもしれない。前半35分までマリノスが完璧なハーフコートゲームを展開。前半残り10分はトリニータも良さを徐々に出していったがシュートを1本に抑え攻撃も沈めた。

マリノスは攻撃をしながら守備をできた前半だった。前回の敗戦を活かし、カウンターをケアし、チームのトランジションの意識も高く、攻めながら守ることが出来ていた。

それでは、まずはトリニータの狙いから見ていこう。

トリニータの狙い

大分の狙いは簡単に言えばカウンター狙い。そしてもう一つは、GKを加えた後方のボール回しでトリニータの自陣深くまでマリノスのプレスを誘い出して(あえてプレスを受ける感じ)前がかりになったマリノスの裏をロングボールで仕留める狙いがあった。

トリニータの守り

前線からのプレスでマリノスのボールを奪い取りにいった。前線の5人だけで、マリノス陣内にプレスをかけにいった。自陣ではWBも下がり5バックで後方を固めた。前線の5人がボールにアタックし、後方の5人は後方で待ち構えるような配置で明確な役割があった。これは松本山雅FC戦に似た形だった。

後ろ5人いるから、前線5人でガンガンボール奪え!
剥がされても後ろに5人いるから大丈夫だぞ!
みたいな感じ。

中盤3枚の小塚、前田、ティティパンの運動量は半端なかった。よく走っていた。

そして、マルコス問題は?
マルコスには3CBの一角の島川が観る形に。マルコスがマリノス陣内にボールを受けに落ちた時はしっかりついていき、トリニータ陣内に押し込まれた時は5バックを形成して、マルコスは中盤の3人が反応してプレスにいった。マルコスには目立った活躍をさせなかった印象のトリニータ。そこはしっかり防げたのかもしれない。

トリニータの攻撃

①守備からカウンターを狙う形。マリノスの高いラインの裏を狙う意図があった。攻撃時にはWBが攻め上がりサイドから攻撃を展開したかったが、高山、松本はほとんど攻撃に参加出来なかった。守備にかかる負担が大きかったことと、マリノスにサイドに展開する前に攻撃を摘み取られたのも要因だろう。
 
②GKを絡めた後方のボール回しで、マリノスの選手を釣り出して、釣り出して、ロングボールで一気に裏をとる攻撃。マリノスのハイプレッシャーを逆手に裏を狙った。トリニータのしっかりとしたスキルや関係性、そしてこれが俺たちの信念だ!と強い気持ちが成せる色だ。どんなにプレスが来ようと、丁寧にプレスを剥がして、ビルドアップをするトリニータ。前半の終わりから、後半にかけてはボールを握る時間も増えたが、最後のゴール前での崩しで力を発揮できず、シュートもほとんど打てない結果になってしまった。

ボールを握り、主導権を持ちながら戦っていたマリノスだが中々得点を奪えないまま時間だけが過ぎ去っていった。しかし、得点は奪えなかったものの、前節の敗戦から確かな学びも見られる試合だった。

スポンサーリンク

マリノス

前節の敗戦の学び

①トランジションの意識
ボールを奪われてからのトランジションの意識は非常に高かった。奪われたらすぐにボールにアタックする選手、即座に戻ってスペースを埋める選手の姿。トランジションの意識づけは前節よりも確実に高くなっていたと感じる。
 
②カウンターのリスク管理
FC東京に散々やられたカウンター。この試合でもトリニータにカウンターを受けそうなシーンがあったが、しっかりリスク管理がされており即座にカウンターの芽を摘んだ。

この試合はボール保持は左サイドが中心だったので、右SBの広瀬は今までよりは高いポジションは取らずにセーブして後方に残っていたり、ここだというタイミングでは攻撃に参加した印象。

また喜田の危機察知能力は流石だった。CBと連携を取りながらSBのスペースを埋めたり、危ないシーンは身体を投げ出し、カード覚悟でボールを奪ってくれた。

 
③GK朴
前節の敗戦に大きく関わってしまったと責任をすごく感じていたGK朴。しかし、朴は成長の歩みを止めない。前節の敗戦をしっかり糧にしてこの試合でプレーで表現してくれた。

ラインの高いマリノス最終ラインのスペースを広範囲に守った。手ではなく、走ってクリアするシーンが非常に多かった。インターセプト一番多かったかもしれないくらいに。

DFラインと共に、トリニータの攻撃を防ぎ、ウノゼロに大きく貢献した。

 

マリノスの攻撃

5-3でブロックを敷き守るトリニータに対して中々ゴールを奪えなかった。
この試合ではサイドからトリニータを崩すシーンが多かった。サイドからのクロスや、サイドから斜めのボールをペナに入れて(ポケット侵入)チャンスを作っていった。松本山雅戦と同様に我慢の時間帯が続いた。後半になると少しづつトリニータにボールを握られる時間帯も増えていき、ビルドアップのところで引っ掛けるシーンも増えていき、勢いは停滞していった。

ポステコグルー監督が動き出す。

三好投入

マルコスに変わって三好が投入される。サイド攻撃に少し偏っていた攻撃にアクセントを加える。三好は入ってからデフェンスラインと中盤の間に立ち位置をとった。あまり外に流れすぎずに中央のポジションを取っていた。マルコスは比較的自由に動いていたが、三好は中央にポジションを取ることが多かった。

中央にいる三好に縦パスが入り始めてもう一度攻撃のエンジンが入り始める。縦パスを受けるタイミング、ターンの技術は流石だ。時間とスペースがほんの僅かだろうが、スッと前を向いてしまう三好。攻撃のアクセントになった。

動くトリニータ

中央の三好にパスがドンドン入り出し、より一層マリノスの攻撃を捕まえられなくなっていったトリニータ。動き出すトリニータ。5-3-2の守備での配置を5-4-1の配置を変更し、より中盤に厚みを増やし、三好の対策をしていった。

それに合わせ、今度は三好は中央からハーフスペースでボールを引き出しトリニータに捕まらないようにしていた。

両監督の戦術的な駆け引きも非常に面白かった試合でもあった。

マリノスゴール!

【公式】ゴール動画:エジガル ジュニオ(横浜FM)74分 横浜F・マリノスvs大分トリニータ 明治安田生命J1リーグ 第18節 2019/7/6

中央から、ハーフスペースに移動して受けた三好が低くて早いクロスを中央へ。仲川が受けて、それに合わせていいタイミングで広瀬がオーバーラップ。仲川のスルーパスを受けた広瀬がセンタリング。最後はエースエジガルが押し込み先制点を奪った!

固いトリニータのゴールをこじあけた!

試合の総括

前回やられたトリニータにリベンジ達成!!5-3の固いブロックを中々崩せずにいたが、最後はしっかりゴールを奪って勝ち点3ゲット!

そしてこの試合は前回の敗戦を糧に成長した部分も表現してくれた。前回よりも、攻撃をしながら守備ができていた。攻守一体となっていただろう。後半戦に入り、予想通りブロックを敷き、カウンターを狙うチームがここから増えてくるだろう。カウンターの対策は必須。そして、ボールを握るからこそ、ハーフコートで相手を押し込むサッカーを目指すからこそ、攻撃をしながら守備を、攻めながら守ることは重要だ。

また、「理想」の形へ近づけたかもしれない。

そして何より、移籍するイッペイと10番天野を勝利で送り出せるのが一番良かっただろう!

AJ 世界へ!

ベルギーに期限付き移籍が決まったマリノスの10番天野純。この試合でも先発フル出場。移籍が決まっても当たり前のように天野を起用したポステコグルー監督。その意味は、天野が間違いなくチームの中心だということだ。マリノスに欠かせない選手なんだどいうメッセージも込められているような。

間違いなくチームにとって天野の移籍は大きなダメージになる。しかし、それでも彼の夢を応援した監督。選手。チーム。素晴らしいことだよね。そう!マリノスは「理想」「ロマン」を追いかけるチームだ。天野の「夢」を応援するに決まっている、そんなチームだ!

さぁ!AJ!日本代表として日産スタジアムへ戻ってこい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました