「【初の日産スタジアムへ〜現地観戦編〜】」マリノスvsマンチェスターシティ 

スポンサーリンク
サッカー日記

行ってまいりました、マリノスvsマンチェスターシティの一戦を観に、初めての日産スタジアムへ!私は実は今まで日産スタジアムに行った事がありませんでした。今シーズンのマリノスを偉そうにブログで書いているのに、恥ずかしいながら日産スタジアムで、マリノスの試合を観た事がありませんでした。失礼しました。

Embed from Getty Images

そして初めての日産スタジアムでの観戦は、マリノスvsマンチェスターシティの夢のアタッキングサッカー同士の一戦に行ってまいりました。攻撃的なそして、似ている哲学がある両チームの戦いはキックオフからオープンな展開で非常にスピーディーでエキサイティング90分だった。

初めての日産スタジアムへ

試合前日から、いやもっと前からこの試合が楽しみで楽しみで。なんか台風が発生した?いやまじでやめてくれと思いながら試合当日の朝を迎えた。激しい雨足と風吹く音で目が覚めて少しがっかりして布団から出る。あれ?なんか明るけど雨降ってるのか?カーテンを空けて外を見てみると、どうも変な天気。雨降ってるんだけど、晴れ間も見えている。午前中はこんな感じで不安定な天気でしたが、時間が経つにつれて、天気も回復していってくれて僕の気分もだんだん上機嫌に。

両チームのアップや日産スタジアムの雰囲気も味わいたいなと思っていたので、18時には到着しようと家を出た。電車の乗り継ぎを調べ、一番近いという情報の「小机駅」を目指す。

だんだん神奈川へ、横浜に近づいていくにつれて、マリノスのユニフォーム、そしてマンチェスターシティのユニフォームを着た人たちがだんだん増えていき、僕の気持ちもなんか自然と高まっていく。そして「小机駅」に到着すると、そこはマリノスとマンCのファンだらけの光景が。

電車から降り、駅のホームへ向かうと、たくさんのサッカーファンが。マンCとマリノスのグッズを売るブースが。改札を抜けると軽食と飲み物が売られる特設ブースが設けられ、この先「コンビニはありません」とご丁寧に書かれていたので、おにぎり2つと水を買わせて頂き、いざ初の「日産スタジアム」へ。

スタジアムまでの630mの距離にはもうサッカーファンしかいない。スタジアムに近づくにつれて、熱気は増し、早くスタジアムへいきたいと気持ちが人々の歩くスピードを早くする。みんながサッカーの話しかしていないなんとも不思議な空間だった。サッカー好きにはたまらない「夢の国」のような空間だった。

だんだんと日産スタジアムが見えてくる。え?想像していたよりも遥かにデカイ!そしてゴツくてカッコいい!最後の階段を登ると「NISSAN STADIUM」とドンっとあらわれる。そりゃ写真とっちゃいますね。パシャり。

いざスタジアムへ!

綺麗なピッチ。

計画通りアップ前に到着成功。
そこには綺麗なピッチが。そして何人収容出来るの?と言う大迫力な観客席が。ホームのゴール裏にはマリノスファンがすでにビッシリ。アウェー側のマンCサイドもファンがぎっしりで驚きました。日本のファンもたくさんいるよね。日本でマンCの試合が見られるなって嬉しいよね。それは僕も一緒ですけど!笑

アップ前のピッチには大量の水が巻かれて、ボールをよく走らす両チームですから、大事な準備。s試合経過とともに、ピッチコンディションはあまり良くないのかな?と。特にゴール前の芝生は肉眼でも見えるくらい悪いなと感じるレベル。少なからず選手たちにも影響は与えていた。

さぁ、アップの始まりです。

We Will Rock You

We Will Rock You が流れ出し、まずはGKがピッチ内アップへ。

この日1番の歓声が。GK飯倉の入場。

この試合前にヴィッセル神戸の移籍が決まったGK飯倉。彼が入場すると大きな歓声が、そして「飯倉コール」の大合唱が。飯倉はピッチにたどり着くまでに「涙」。鳴り止まない「飯倉コール」。ジーンとくるシーンだった。こんな試合でこんな形で送り出してもらえるなんて選手冥利に尽きるだろうな。

素晴らしい日に立ち会えた。いいチームだ。

そして、ピッチには続々と選手たちが。両チームの選手が集結。マリノスの選手のプレーも巧いが、やはりマンCの選手たちの放つオーラや、プレーは何か1つ2つ上のステージだなと感じさせられたアップだった。これが世界レベルかと、言葉では上手く説明できないが、あの場でしか感じられない「現場の熱」を感じられた。

そして、
スターティングメンバーの発表。

マリノスのスタメン発表に大きな歓声が。それ以上に凄い歓声だったのはマンC側だ。当然だろう。ガチメンバー。エデルソンやアグエロ、フェルナンジーニョのコパアメリカ組をのぞいて今いるベストメンバーがスタメンに並んだ。(マフレイズはアフリカネーションズカップの為休暇?マフレイズも見たかった。)

特に中盤と前線の選手のコールに大歓声が上がる。多分マリノスサポーターも一緒に歓声していたのかな?と思うくらい、選手の名前が呼ばれるたびに大きな歓声が上がった。最後は「ペップ・グアルディオラ」おーーーーと言う感じに、お祭りがいよいよ始まった!

Embed from Getty Images

キックオフ!

前半

いよいよキックオフ!

両チームともに、キックオフからスタイルを貫く。インテンシティ高く、スピーディーでアグレッシブな試合を展開。見ている方はすげー楽しい。

マリノスは真っ向からマンCに勝負を仕掛ける。最初はあまり見ないミスが目立つ。マンCの見えない圧力を感じていたのだろう。絶対あるでしょ。あの放たれる大きなオーラ、プレスにくるスピード感はJリーグでは味わえないレベルだっただろう。しかし、それに臆することなくいつものように後方からボールをつなぎ、マンCのハイプレスを剥がしていく。

マンCは流石。コンデションが上がっていないのは確か。だが、要所要所で見せるプレーはまさにワールドクラス。巧いとか、強いとか、速いと言う、僕たちが味わっているレベルの遥か上の水準だった。これだよね、目指すべき場所は。このレベルが普通でなくては世界には出ていけないし、世界では活躍できないと勉強になった。

でも、なんか楽しかった。もうそれが全てだった。勇気もらって、元気もらって、あっという間に前半が終わってしまった。

マンCがマリノスのハイラインの裏を狙って崩し、デブライネの弾丸シュートでマンCが先制。すかさず、マリノスも三好が中盤でボールを引き出してターンして、仲川にスルーパス。仲川のシュート弾かれる。マルコスが押し込む、また弾かれる。最後は遠藤が押し込み同点弾!素晴らしい崩し。スタジアムは大いに盛り上がる。

しかし、黙っていないプレミア王者。またデブライネが起点に追加点を奪う。デブライネの高速アウトスルーパスに抜け出す、高速アタッカースターリング。ゴールに冷静に抜け出し追加点。スターリングはまじで早すぎ。

Embed from Getty Images

グアルディオラも映像で見ていたまんまという感じだった。選手に熱くジェスチャーし、コーチのアルテタとは激しい討論。ラインズマンにも大きなジェスチャーで、オフサイドをアピール。給水タイムになるとピッチの中に入って、カイルウォーカーに身振り手振り指導。ピッチ入っていいんだっけ?笑。とにかく熱く情熱のあるペップだった。刺激になる。

そんな感じであっという間に前半は終わってしまった。

後半

後半へ!両チーム交代はなし!

攻撃の手を緩めないマリノス。それよりも後半の方がよりアグレッシブに同点弾を狙いにいく。前半と変わらずにインテンシティー高い攻防に。コンディションはまだまだトップギアではないマンCの選手たち。それと蒸し暑い日本の気候にもコンデションの面では苦しい部分はあったかもしれないが、流石のプレーの数々を披露してくれた。

試合経過とともに、選手交代が。マンCの交代が豪華。途中交代で入ってくるのがギュンドアンとフォーデンだ。もう楽しくてしょうがない。

マリノスも動く。マルコスに代えて大津を。それから、喜田と三好だけを残して、残りのスタメンの選手を総入れ替えするポステコグルー監督。プレーシーズンならでは。マンCも徐々にスタメンを総入れ替えしていった。

マリノスの控え選手もこういう試合に出れるのは非常にモチベーションに繋がることだろう。選手が変わってもやるサッカーを変えないマリノス。選手のクオリティが落ちたり、特徴が変わるのは確かだが、チームの哲学は変えずに戦う。凄いことだなと。

そして「飯倉コール」。飯倉も必死にマンCの攻めをセービング。大いにスタジアムが盛り上がる。最後にマンCにトドメの3点目を奪われて万事休す。

マンチェスターシティの勝利で終わった。

しかし、マリノスも十分に決定機を創り出した。同点になるシーンもたくさんあったのは確かだ。そして真っ向からマンCにぶつかって、自分たちのスタイルを表現できたことが1番の収穫だろう。真っ向からマンCに勝負を仕掛けたら、何発ゴール奪われるんだ?という恐怖もあっただろうが、自分たちのスタイルを貫き、本当に楽しくいいゲームをしてくれた。称賛に値する。楽しい時間をありがとう。

飯倉とのお別れ

Embed from Getty Images

飯倉が愛されていて、飯倉自身も本当にマリノスが好きなんだと感じることができた。この日に立ち会えたことに感謝します。本当にジーンと胸をうたれるシーン。寂しいね。

横断幕には、飯倉へのメッセージ。

「仲間であり家族 飯倉大樹の帰りを待っているぜ」

これが彼が愛されている証拠だ。

サッカーには夢がある

日産スタジアムに向かう過程から、白熱の90分含めて興奮しっぱなし。ずーっとふわふわした夢心地のような時間。

サッカーには夢がある。サッカーって素晴らしい!

ってなんか改めて感じさせられる時間でもあった。この試合を見に日産スタジアムに6万5千の人たちが全国から集まった。たかが90分の為だけに高いお金を払って、長い時間をかけてここにきた人たちも多かっただろう。

しかしそれだけの価値があるんだ。この試合には。そしてサッカーには。人をここまで動かす力が、6万5千人を動かしちゃう力がサッカーにはあるんだと。感動を与え、勇気を与え、元気を与え。やっぱりサッカーって凄いと再確認させてもらえた日にもなった。

本当に楽しい時間だった。
また日産スタジアムお邪魔します。

コメント