【CB不在が功を奏する?】プレミアリーグ第9節 クリスタルパレスvsマンチェスター・シティ レビュー

サッカー戦術分析
スポンサーリンク

前節ウルブスに見事なカウンターを2発食らって、ホームエディハドスタジアムで敗戦したシティ。今節はアウェーでクリスタルパレス戦だ。この両チームの一戦で思い出すのは昨シーズンクリスタルパレスのタウンゼントが放ったスーパーミドルシュート。あのゴールでシティを粉砕したのは今でも脳裏に焼き付いている。

シティはこの試合、とうとう本職CBがいない状況となった。ストーンズが怪我から復帰してベンチには帰ってきたが、オタメンディはコンディション不良の為にベンチ外となった。この試合でCBを組んだのはロドリと、フェルナンジーニョの中盤を本職とする2人だ。

シティにとって本職ではない2人がCBに入る不安はもちろんあったが、この試合では彼らが最終ラインに入った事で大きな効果を生んでいた。これぞ怪我の巧妙?CB不在が功を奏することに。

ゴール前にバスを置く

前半キックオフからクリスタルパレスはシティのボールを前からプレスに行かずにゴール前を固める守り方をしていた。4-5-1の配置で3ラインをコンパクトにして中央を固めてシティの攻撃を待ち構えた。ゴール前にバスを置いてきたのだ。ゲームの初めこそ、ファーストプレスの高さもハーフェーラインより前目立ったが、徐々に重心を下げていった。下げたと言うよりもシティに下げられたと言う表現の方がしっくりくる。

ラインを下げれば下げるほど、クリスタルパレスが狙うカウンターを発動しにくい状況にはなったが、その反面ゴール前の時間とスペースはより減っていき、攻撃をするシティにとっては厄介な状況になっていた。

プレミアリーグで戦う強固な男たちがゴール前に全員がドン引きして守れば、それを剥がしていくのはたとえシティでも難しい問題である。

3人の配球役

中央をコンパクトに守るクリスタルパレスに対してシティは幅を使って攻撃を仕掛けていった。中央が空けば隙を突いて縦パスを打ち込むも、そんなチャンスはあまりないので、中央を空けさせる為にもシティは幅を使ってボールを動かし、外からの攻撃を試みた。

ショートパスを繋ぎながらサイドチェンジをするシーンもあるが、やはり、一気にサイドを変える長いフィードが効果的になってくる。そこでこの試合で大きな役割を担っていたのが後方の3人だ。この試合シティの最終ラインには普段はアンカーをやるロドリとフェルナンジーニョが入った。この試合のアンカーはギュンドアン。よってシティの中で配球力がある3選手が後方でボールを動かし、前線の選手にボールを配っていった。やはりこの3人のボールの離し方、パス精度、パススピードがピカイチなので前線の選手には時間とスペースが与えられるパスが入った。

この試合で横幅をとったスターリングとベルナルドにボールが入った時は前を向ける時間があり、1対1で仕掛けられ状態でボールを受けられ、そこからゴール前に迫っていった。大外の2人から多くの決定機が演出された。僅かな時間とスペースがあれば彼らには色んな事が出来てしまう。

スポンサーリンク

ボールの離し方

横幅を使って攻撃をするのともう一つ、シティはクリスタルパレスの選手が食いついてきてからボールを渡す事で次の受け手にスペースや時間を与えていた。

ボールの離すタイミング

特に後方の3人(ギュンドアン・ロドリ・フェルナンジーニョ)のボールの離すタイミングは絶妙だった。後方の3人には相手がドン引きしている為に比較的時間がある。フリーだからといってボールを早く動かすのではなく、プレスが来たら出す。プレスが来るとその後ろが空く。次の受け手に僅かな時間とスペースが生まれる(貯金が出来る)。特にフェルナンジーニョはこれが凄く上手い。この試合でも何度もそんなシーンが見られた。

しかし、クリスタルパレスの選手も馬鹿ではない。食いついたらスペースが空いてしまうのは承知している。一番の目的は中央と裏のスペースを守る事なので、いくら目の前でボールを持たれても関係ない。だから中々食いついてこなかったりする。そこでフェルナンジーニョは運ぶドリブルをして自発的にプレスを釣り出してしまう。

ゆっくり持ち運び食いつかないの?ボールにプレス来ないの?と誘い出して、味方にパスを出す。
この試合ではボールを受けてフリーだと縦にボールを持ち運ぶ。相手が釣り出されたところで一気に逆サイドの幅をとるスターリングにサイドチェンジを入れて彼がフリーでボールを持つ状況を作り出した。そんなシーンが多くあった。そして、このフェルナンジーニョのボールの持ち運びから生まれたのが先制点だ。

Embed from Getty Images


38分 CBフェルナンジーニョが縦にボールを持ち運びクリスタルパレスの選手を集める。集めて右で幅をとるベルナルドへパス。ベルナルドに少しの時間が生まれ、それにより制度の高いクロスが配給できた。そのクロスにジェズスがダイビングヘッドで合わせて先制点を奪う。ゴール前に置かれるバスをこじ開けて奪った見事なゴールだった。

カウンター炸裂

Embed from Getty Images

41分 先制点を奪ってからあっという間にシティが追加点を奪う。
失点したクリスタパレスがキックオフ。そこからシティゴール前までボールを運ぶが、それを奪われ、シティの高速カウンターが炸裂する。シルバ→デ・ブライネと繋いでドリブルで一気に持ち上がり右に流れるジェズスへパス。そこから左にボールが入りペナの角でスターリングがボールを受ける。メンディが外にオーバーラップ。そしてもう1人長い距離走ってきた男シルバがポケットへランニング。それに合わせてスターリングがおしゃれなループパスを送り、シルバが後ろからの浮き玉をボレーでミートさせてゴールに突き刺した。見事な崩しだった。そして電光石火の追加点。一気にクリスタルパレスを突き放した。

スコアは2-0でハーフタイムへ。

後半

後半に入ってもシティの攻勢は変わらずに攻めまくる。しかしとどめの3点目を奪えないシティ。幾度となく訪れるGKとの1対1も決められず、ポストにも何度も嫌われ、シュートを20本近く放つも3点目を奪えなかった。

シュートまでの攻撃の流れは非常に見事で美しかった。本当に最後のシュートだけと言う感じだったが、クリスタルパレスも諦めずに身体を投げ出していたし、GKのヘネシーはよく止めていた。首の皮一枚何とか残すクリスタルパレス。それが実ったのか、クリスタルパレスにチャンスが訪れる。

スポンサーリンク

ベンテケ投入

76分 コーナーキックを奪い、クリスタルパレスは中盤の選手を一枚減らしてFWのベンテケを投入して前に枚数をかけていく。早速ベンテケが高さを見せる。入ってすぐのコーナーキックを強烈なヘディングシュートを放つ。これは入ったと思ったがエデルソンのビックセーブでシティが逃れる。

ベンテケの投入でクリスタルパレスは4-4-2へとシステムを変えて前に重心をかけるようになった。タウンゼントもベンテケの投入前に投入されて、攻撃的な布陣になった。

それに対してシティもシルバに変えてストーンズを投入。ロドリを一つ前に上げて、ギュンドアンとダブルボランチを組ませて4-2-3-1の様なシステムに変えて、クリスタルパレスのロングボール攻撃に備えて、中盤に厚みをもたらして対応した。

Embed from Getty Images

ここからオープンな展開となる。守りの人数が減ったクリスタルパレスは当然シティから攻撃を受ける回数や決定的なシーンも作られたが何とか凌ぐ。クリスタルパレスにも決定機が。ザハが左サイドからカットインからシュートを放つもここもGKエデルソンのファインセーブで防がれゴールならず。

試合はこのままタイムアップ。
シティが2-0で勝利した。

おわり

シティは前節の悪い流れを断ち切る勝利となった。とうとうこの試合のスタートには本職CBはいない状態の戦いとなったが、ボールの配球力があるロドリと、フェルナンジーニョが後方にいたことはこの試合に置いては良かったのかもしれない。それもペップの狙い通りか!怪我からストーンズが帰ってきたのは朗報だ。先発したSBカンセロも少しづつフィットしてきたかな?ウォーカーは元気か?

Embed from Getty Images

試合中は厳しい表情がよく映っていたが、試合が終わるとこの喜びよう。一安心と言うところかな。前節の戦いもあったし、好調のクリスタルパレスとの戦いに勝てた事で嬉しさはいつも以上だったかもしれない。リヴァプールがマンチェスターユナイデットに引き分けた為に少し勝ち点を縮められた。しかしまだまだ勝ち点差はある。我慢が続くシティ。

クリスタルパレス。結果以上にシティに攻め込まれていた。2点でよく抑えた。もっと入ってもおかしくなかった。ここまでのリーグ戦は好調だったクリスタルパレス。この一戦に敗戦したものの順位は6位と上位なのでこれから楽しみだ。前のタレントもいるし、後ろも中盤もいい選手が揃っている。ケーヒルが居たんだね。ザハとタウンゼントは個で打開できる力もあって面白いね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました