【首位浮上!】Jリーグ第32節 松本山雅FCvs横浜F・マリノス レビュー

サッカー戦術分析
スポンサーリンク

マリノス。マリノス。マリノス。
遂に、遂に、遂に

首位浮上!

敵地松本の地でしっかり勝ち点3を掴み取り、持ち帰り、いよいよ神奈川に凱旋だ。残り2節は神奈川が熱く熱く決戦の地となる。

今節も、前節同様に電光石火の先制点を奪ってゲームを優位に運んでいった。松本も試合前の反町監督のコメント通りにしっかり準備してきたと言う言葉通りの戦いをしていた。しかし、それを上回るマリノスの気持ちやクオリティを見せて、とうとう首位に浮上した。

今回も、何枚かの写真を りょーさん から頂き使わせて頂きました。素敵な写真だ。ありがとうございます!

スタメン

電光石火の先制点

開始1分 絶好調男仲川がやってのける。右のワイドでボールを受けるとドリブルを開始。カットインのドリブルで何人もの松本の選手を切り裂き、どこまで行くの?最後はキックフェイントを入れた後に左足を振り抜き、ゴール左隅に流し込むシュートを放ちいきなりゴール。

静まり返るアルウィン。歓声が上がるマリノスゴール裏。あっという間にマリノスが先制に成功した。

立ちはだかる松本のプレス

幸先良くマリノスは先制をしたものの、松本の組織的な守備に苦しめられる。松本はボール非保持の時にWBが下がって5-3-2の配置になった。

この配置の狙いはマリノスの前線の5レーンを埋めること(大外のWGのマーク、ハーフスペースを埋める、チャンネルを埋める)。そして中央ではなく、ボールを外回りに動かせる為に3枚の中盤が配置され(中央を固める)、3人の中盤はボールサイドにスライドしてボールにアタックする事と中央のスペースを消すタスクを担っていた。

松本の2トップは畠中、チアゴの2CBにアタックするというよりも、CBからの中央へのパスコースを遮断しにいった。

このように松本は中央へのパスコースを遮断する明確な守備のプランを持ってマリノスの攻撃に応戦する。

狙いは2トップ脇からの前進

中央を明確に遮断しにきた松本の守備に対してマリノスも、少しづつ変化を加えていく。一番はSBの立ち位置だ。普段SBがインサイドのポジションに立ち位置をとる事が多いが、それでは松本の中盤3人の思う壺。松本の1人に対して、マリノスのSBとCHの2人を見られてしまう状態になってしまう。SBがインサイドに入ってしまうと、マリノスの右寄りの中盤では松原と喜田が松本の杉本1人に対して2人へプレスが行ける距離になってしまい、優位性を失ってしまう。

そこでSBはいつもより後ろの配置を変えていく。松原は中ではなく、右SBの位置に立ち、畠中は左に開き、チアゴが中央の3CBの様な形で後方は配置をとった。

これにより、中央を固める松本に対して2トップの脇を使ってフリーになり、位置的な優位を持ってボールを動かし前進していった。

また右は松原、左は畠中がこの位置でボールを受けると松本の選手は中々プレスに行けない状態になりビルドアップの起点とプレスの逃げ道となっていた。

停滞する左サイド。止まらない右サイド。

今のマリノスの強みは中央を締め流だけでは攻撃は停滞しない。サイドからもゴールに迫れてしまう。後方で優位性を持ち、サイドから攻撃を試みるマリノス。両WGにボールが入るシーンが増えていく。この日のマリノスは仲川が開始早々に先制したことで、無理に攻める必要性も弱まり、ボールをサイドに散らしていった。右から後方、左。左から後方右へと。

そういっても攻めるのが大好きなマリノス。WGにボールが入ると前へ前へ。当然WGにボールが入ると松本の5バックがしっかり後方のスペースを埋めている。左のマテウスはやはりスペースがないと彼のストロングな部分は少し弱くなる。それでも時折見せる一瞬でトップスピードに持っていく力で裏に抜けてシュートまでもっていっちゃうのは見ているものをワクワクさせる。

逆サイドの右サイド。仲川はもう止められない、止まらない。少しの時間とスペースがあれば自ら持ち運びドリブルで切り裂く。相手がガッチリマークに付いて来れば、この試合の前半にあった、松原からの縦パスを、WBとCBの裏に抜けてスペースを攻略したり。敵陣深くでボールを受ければシンプルなワンツーで今度は人を攻略して簡単にプレスを剥がし決定機を作り出す。今の仲川は人も、スペースも意図も簡単に攻略する。止まらない。

それでも松本の中央遮断の守備は硬く追加点を奪えないマリノス。

スポンサーリンク

遠藤の投入

後半に入ってもこの構図は変わらないまま時間が経過していく。最初に動いたのはマリノス。少し停滞気味だった左サイドにテコ入れ。マテウスに変えて遠藤を投入する。早速、人についてくる松本の5バックに対して、前半右WGの仲川が見せた様な松本のWBの裏をつくランニングでボールを引き出す。惜しくもオフサイドだったが、マテウスにはなかった動きを見せる。

また遠藤はインサイドにポジションをとりボールを引き出す。これにより松本の守備の基準を撹乱させることに成功し、左サイドは流動性を持って攻める様になっていった。

締めの大津祐樹

松本もシステムを4-4-2に変更して前のめりでボールへアタックする。SHにはSBへ2トップには2CBへプレスにいき前線でボールを引っ掛けにリスクをかけに来る。

マリノスはいつもの様に締めの大津祐樹を投入。傾きかける流れも大津の全身全霊を使う献身的なプレーでマリノスに勝利を手繰り寄せる。この試合に関しては後半終盤の出場にも関わらず2アシストは出来た。大津のアシストを決めて欲しかった。決定的な仕事もしていた大津。

このまま試合は終わりマリノスは5連勝。

次節が大一番かもしれない

他会場の結果によりマリノスはとうとう首位に立った。残り2節で首位に立つ。首位で神奈川に帰る。神奈川といっても、日産に帰るではなく、等々力に寄らなければ行けない。鬼門等々力へ。そう日産に帰る前に川崎フロンターレとの決戦が待っている。

最終戦は確かに盛り上がっているが、それ以上に大一番と思うのは次節ではと。他会場の結果によっては優勝も決まることもあるが、2年連続のJリーグ王者フロンターレとの一戦は非常に楽しみだ。本当に楽しみだ。

Embed from Getty Images

フロンターレも中村憲剛が長期離脱したものの、怪我人も少しづつ帰ってきて、真っ向勝負をして欲しい。相手の事は考えずに、お互い自分のスタイルを出す事だけを考えて真っ向勝負する90分を見せて欲しい。

キックオフから終了のホイッスルがなるまで殴り合って欲しい。

あぁ楽しみだ。楽しみ。早く試合が見たい。

寂しいことに後2節で今シーズン終わってしまう…
マリノスロスだ…

コメント

タイトルとURLをコピーしました