【巻き返しの狼煙】プレミアリーグ第21節マンチェスターシティvsエバートン

サッカー戦術分析
この記事は約11分で読めます。

新年あけましておめでとう御座います。
今年もたくさんレビューを書いていきたいと思いますので、みなさま良かったら見て下さい。またシェアや拡散いただけますととても喜ぶのでよろしくお願い致します。今年も温かく見守って下さい。よろしくお願いします。

昨年は少し振るわなかったシティ。今年は巻き返しの年にすべく、2020年一発目の試合に挑みます。相手はエバートン。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、数試合前に名将アンチェロッティ監督がナポリを辞めて就任しました。ペップvsアンチェロッティの2人は数々の名勝負を繰り広げてきましたね。シティは新年一発の試合で好発進を切れたのでしょうか?それではゲームを見ていきたいと思います。

スタメン

前半

エバートンの狙い

エバートンは3-5-2の配置。守備になると5-3-2になり自陣にブロックを敷いてシティの攻撃を待ち構える形に、ボールを保持するとWBが駆け上がりサイドに厚みを持たせて攻撃を仕掛ける。守り方は前節戦ったシェフィールドユナイデットの様でした。シェフィールドがシティ相手に上手く守れていた事もあり、その配置を参考にしてアンチェロッティは挑んできたのかもしれませんね。

シェフィルードとは違っていたのは、ボールを保持した時の攻撃。シェフィールドは前線に長いボールを即座に送り込み、シティの裏のスペースを狙ってきたが、エバートンは少し違う狙いがあった。

ボールを保持すると3バックになりWBが高い位置に上がり、デルフがアンカーに入る。2トップはそのまま前線に入り、その後ろにシグルズソンとトム・デイビィスが入る。シティのボールを回収すると、前線に不用意に蹴り込むことはせずに、ショートパスをしっかり動かすことを心掛けていた。

仕込まれていた右サイド

ボールを保持した時に右サイドの配置が少し面白かった。後方は3バックになるが、ほぼミナとホルゲートの2人とGKピックフォードとボールを動かす。右CBのコールマンは高い位置に上がり、右SBの位置まで上がる。右に偏った3バックの様な形となった。これにはエバートンの一つの狙いがあった。それはシグルズソンをフリーにさせる事だ。ビルドアップ時にシグルズソンはアンカーのデルフの脇まで落ちるが、その時に右CBコールマンが高い位置に入る事でシグルズソンのマークが薄れるのだ。

エバートンのビルドアップ

シティはこの位置にはフォーデンがいたが、高い位置をとるコールマンに釣り出されてサイドに流れる。SBメンディはエバートンのWBシディベのマークの為に前に出れない。ギュンドアンはデルフと落ちるシグルズソンの2人をいっぺんに見なければ行けなくなり、マークを外すシーンが生まれ、シグルズソンがボールを受けてビルドアップの起点となっていた。またゴール前でもシグルズソンはゴール前に入り過ぎずに一列下がった位置で受ける事でフリーになり前線へのボール配給役になり攻撃の起点にもなっていた。8分シグルズソンがバイタル付近ボールを受けてペナへロブパスを配給して決定機を演出した。シグルズソンをフリーにさせるチームの配置、それに答える彼の高いスキル。

Embed from Getty Images

彼を起点に後方からしっかりボールを動かすエバートン。不用意にロングボールを渡さないのはシティにボールを渡したくない意図もあっただろう。少しでも自分たちがボールを保持する事で自分たちの攻撃の回数を増やすことはもちろんだが、シティにボールを保持する時間を減らす事にもなるので、そういった狙いもあっての事だ。

後方でボールを動かし、シティのプレスを集めたところで、前線にボールを送り込み。前線と後方に空けた中盤のスペースにボールを送り込んだり、シティのCBエリック・ガルシア目掛けて競り合いになるボールを送り込んだ。

エバートンの狙い

ガルシアのサイドへのボール配給は意図的に狙っていた印象だった。若いガルシアを狙うのは当然かもしれない。高さや強さで上回るFWルーウィンをぶつけて何度か彼がボールを収めて攻撃を前進していった。

それでもこの日のシティはボールを簡単にはエバートンにボールを渡さない。そうなるとエバートンの攻撃回数も減っていき、リズムも中々出なくなる。さぁ、どうする名将アンチェロッティ?

3バックのシティ

シティは前節のシェフィールド戦の後半の様に3バックでこの試合は挑んだ。エバートンがもしかしたら違う配置だったら、3バックではなく、4バックだったかもしれないが、両方できる準備はしてきたかもしれない。選手を変えなくてもどちらのシステム(4バックも3バックも)も難なく出来てしまう選手が揃っているのもシティの強さだろう。

ロドリとフェルナンジーニョの立ち位置が入れ替わっていた。ロドリが右CBでフェルナンジーニョが真ん中。エリック・ガルシアが左CBに入った。2人の立ち位置が変わっていたことから、3バックは準備してきた感が伝わった。

ボールを保持されればメンディとカンセロも最終ラインまで下がって5バックになり、中盤も4枚になり、ジェススがワントップに入った。エバートンの後方のボール回しに対してはシティのプレスはあまり掛からないが、5バックを敷くことで後方ではしっかり優位性を保ちながら、守る事が出来ていた。リスクをしっかりケアしながらゲームを進める事が出来て、エバートンに決定機をほとんど与えなかった。

5バック攻略へ

ボールを保持するとシティは後方3バックで、デ・ブライネとギュンドアンが2CHに入り後方5枚でビルドアップをした。エバートンの2トップに対して5枚でボールを回すので、ファーストプレスは簡単に突破する。

そこからが難しい難題解明へ。5バックでブロックを敷くエバートン。硬いブロックをどう崩していくのか。

この日はWBの様になっていたカンセロとメンディはボールを保持すると高い位置に上がり、フォーデンとマフレイズはインサイドに入り、ジェズスが前線に。5トップの様な配置になる。

エバートンの5バックに対して幅を使って攻めて行く。
左サイドはメンディが、右サイドはマフレイズもしくはカンセロが大外でボールを受けてエバートンのWBを釣り出す。釣り出てきたところに、WBとCBの間からランニングし、最終ラインを突破する。

12分 右の大外でマフレイズがボールを受けるとエバートンのWBが釣り出される。そのタイミングでインサイドからチェンネルへ走ったカンセロへボールを出す。最終ラインを見事に攻略し、ファーサイドへクロスをあげる。走り込んだフォーデンが合わせて見事な崩しから先制点!かと思いきや、VARでゴールは取り消しに…

Embed from Getty Images

そしてもう一つ、5バックの裏へ抜け出す動き。
マフレイズの斜めのランニングも効果的な攻撃の手だった。マフレイズは裏へのランニングする動きが明らかに増えて、進化している。足元でボールを受けてからの爆発的なドリブル力はもちろんだが、点数を取る為の動きが増えてきている。この試合でも17分フェルナンジーニョからの裏へのボールにランニングで抜け出すシーンもそうだし、、メンディからのクロスに飛び込むシーンも。ペップも言う様に、もう一段階上の次元にいっている証だろう。

また、チームとして、エバートンを一方のサイドに集めた時に、逆への大きなサイドチェンジのボールも非常に効果的だった。これは後半にさらに多く見られる様に。それでも、シティはゴールを奪えずにハーフタイムへ。

スポンサーリンク

後半

捕まえきれないエバートン。
エバートンはブロックを5バックと中盤3枚で行う。特に中盤3枚の仕事量と、守備範囲は大きく、苦労していた。前半はデルフのアンカー脇をインサイドに入るフォーデンやマフレイズに受けられるシーンもあり、縦パスも多くつけられていた。後半に入ると守備の時の配置を少し変えてきたエバートン。

4-4-1-1

シティに押し込まれると、後方は一枚枚数を減らして、4-4-1-1で守備ブロックを形成することに変更を加えてきたアンチェロッティ。後方が4枚になったことで、中盤へのプレスは前半よりも行く様にはなったが、最終ラインのスペースは5枚から4枚になったことで、ギャップが空き始める。

そこを上手く突く攻撃で先制点を奪う。

Embed from Getty Images

51分 中盤でボールを受けたギュンドアンから縦パスが入る。ミナとホールゲイトの2CBの間に生まれた僅かなギャップでジェズスが立ち位置を取ると、ギュンドアンから針の穴を通す縦パスが入る。なんてハイレベルなプレー。素晴らしい。ボールを受けたジェズスも落ち着いてトラップをし、逆サイドへ巻いたシュートを放ち見事な先制点。

最終ラインの僅かなギャップを突いたシティの見事な先制点だった。

エバートンの最終ラインが4枚になったことでサイドを上がるWBは前半よりもフリーになる。最終ラインからサイドへ大きなボールがWBに入り始める。メンディが前向きで攻め上がるシーンも増えて行く。

配置を変えることで逆にエバートンは後手に回ってしまった。

そしてシティが追加点を奪う。
59分 デ・ブライネが中盤でボールを受ける。大外の選手に出す身体の向きで、縦パスを打ち込む。外に、中にバランスよく配置されていることで、エバートンの守備の基準が定まらない。フォーデンが縦パスを受けるとテンポよく、マフレイズへパス。最後は膨らんだジェズスがボールを受けて左足を振り抜き追加点。これまた見事な崩しだった。

巻き返すエバートン?

2点目が入ってからすぐに動くエバートン。ウォルコットを投入して縦への推進力を増す狙いがあったが、彼がボールを触ることはほとんどなかった。2点目を奪われてからもエバートンの苦しい状態は変わらなかった。

しかし、71分 シティが自らのミスで失点する。
GKブラボがショートパスをゴール前でエバートンに返上してしまう。そのまま押し込まれて勿体無い失点をしてしまった。最後はリシャルリソンがゴールを奪った。

これでゲームは分からなくてなって行くのか?エバートンが同点へ活気付くのかと?思いきや、そうは行かなかった。

スポンサーリンク

締めのシルバ

自分たちのミスから失点してしまったものの、シティはその後のゲームを落ち着いて進めて行く。残り20分のゲームをどう運んでいくのか、チームで共通意識がしっかりしていた印象だ。変わらずに配置の優位を活かしながら、リスクも掛けずに大事にボールを動かし、ミスからボールを失って押し込まれた時には5バックで守って行く。そして83分 フォーデンに変えてシルバを投入。フォーデンいい働きしていたね!ナイス!怪我から復帰したシルバを投入し、ゲームを完全に締めに行く。守備を締めるというよりはシルバのゲームを読む力、経験が勝ち点3への道筋を示して行く。目立つ派手なプレーではなく、ボールを突いてマイボールにしたり、味方の助けになる様なサポートを繰り返す。ボールを受ければ絶対に失わずに、フリーで味方選手にボールを渡して行く。キープをすればファールをもらい、時間を進めて行く。復帰してすぐだが、その安定感は抜群。頼もしい男が帰ってきた。

Embed from Getty Images

確実に時間の針を進めていったシティ。
危なげなく試合終了。

年明け一発目のゲームを見事勝利。

終わり

アンチェロッティvsペップの名将対決。軍配はペップに。就任して間もない事もあり、アンチェロッティのスタイルはそう多くは落とし込まれてはなかったかもしれないが、面白い部分もあった。もう少し、時間をかければ彼の色がもっと出てくるはずだ。ますます、プレミアリーグが激戦になることは間違いないだろう。

そしてシティ。巻き返しの年にするべく、幸先よく勝ち点3を奪えたことは良かっただろう。試行錯誤を繰り返しながら勝っていくシティ。その中で、成長する選手たち。エリック・ガルシアやフォーデンと言った若き才能たちも苦しい選手事情の中で出場権を得ることが出来、成長しているし、マフレイズも進化している。

それに加え、シルバが戻ってきたりと、怪我人も少しづつだが戻ってきていて、明るいニュースも。もう間もなく、ストーンズやラポルテも帰ってくる様で、楽しみが膨らむ。

さぁ、巻き返しの2020にしようではないか!
楽しみだ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました