【目的>戦略>戦術】プレミアリーグ第23節マンチェスターシティvsクリスタルパレス 戦術分析

サッカー戦術分析
この記事は約14分で読めます。

戦術と戦略の違いって正直いって曖昧でした。
戦術と、戦略という言葉を少し理解するだけで、サッカーの見方がまた変わって面白くなりました。

今回は目的>戦略>戦術 の順に、それぞれ切り取ってゲームを見ていきたいと思います!自分的にもハッキリは戦略と戦術の違い?と言うのは理解していないかも知れませんが、自分の中では新しい試合の見方が出来た気がして、面白かったです。

そしてペップのガッツポーズが久しぶりに見れて、真夜中に関わらず久しぶりに自分も興奮してしまいましたね!

両チームの目的

ホームシティの目的はもちろん絶対勝利。連勝を伸ばすべく、首位リヴァウールを追走する為に是が非でも勝ち点3が欲しい。

アウェイのクリスタルパレスが目指すのはもちろん勝利。しかし、アウェイという事、プレミア王者シティという事もありドローでも十分とういう考えは持っていたかもしれない。

サッカーにおいて目的は明確かもしれない。まずは勝利目指す。相手より多くゴールを奪い、ゴールを与えないのが明確な目的。まぁ、チャンピオンズリーグでは決勝トーナメント進出の為に負けない事を目的にしたり、決勝トーナメントに入り、ホーム&アウェー方式だからこそ見られる目的に合わせた戦い方が見られるのも面白い要素ではある。しかし、ほとんどの状況に置いて、まずは勝つ事が目的だ。

スタメンはこちら!

両チームの戦略

【戦略】→「目的」達成の為のチームの道筋。進むべき方向性。目的達成の為のシナリオ。

シティの戦略

・ボール保持率を高める
ボールを握る時間が増えれば自分たちのゴールを奪うチャンスが増え、相手にボールを握る時間を減らす事にもなり、相手のチャンスの回数を減らす狙い。ただボール保持率を高めるのではなく、より相手ゴールに近い位置での保持率。相手ゴール前により近づけば、ゴールを奪える確率も上がるし、自分たちの守るゴールから離す事にもなり、失点率を下げる狙いだ。

 

・即時奪還
ボールを奪われるとブロックを敷かずにすぐさまボールを奪い返しにいく。奪われた瞬間が一番ボールを奪うチャンスだと考えを持つペップ。シティは複数の選手でボールを保持する為、ボール保持での数的優位をそのまま活かして一気にボール保持者を囲い込み奪い返す。選手の質、チームの完成度も高い為、より相手ゴール前でボールを保持するので、奪い返したらゴールが近いし、自分たちの守るゴールが遠いので、チャレンジしてボールを奪いにいける要因にもなっている。

クリスタルパレスの戦略

ブロックを敷いてカウンターを狙う
自陣ゴール前まで下がってブロックを敷いて、カウンターを狙っていく。前線からボールを奪いにいってもシティのボールを奪えないし、自陣にスペースを空けてしまうことはリスクがあると考えて、自陣にブロックを敷いてシティの攻め込む時間とスペースを埋めにいく。またシティに攻めさせる事で、空く前線のスペース(シティの裏のスペース)を狙ってカウンターを仕掛ける戦略だった。

ここからが本題。
この戦略を実現する為に具体的に行った手段とは。
それが戦術です。両チームどんな戦術を採ったのか細かく見ていきます。

両チームの戦術

【戦術】→目的・戦略を具体的に実現する為の手段。より細かい部分。
具体的にどのような手段を使ってそのシナリオを進めていくか。

クリスタルパレスの戦術

・配置は4-5-1で守備ブロック
・外はOK、中がガッチリ固める
・裏を取られない事と縦パス入れさせない
・ロングカウンター狙い
・セットプレー
・ザハシステム
 

クリスタルパレスの戦略は自陣まで下がってブロックを敷きカウンターを狙う事だった。自陣ブロックは4-5-1の配置を組む。前線にトスンだけ置いて、残りの選手は自陣ゴール前まで下がりブロックを敷く。シティの5レーンに配置さえれる前線の選手たちに9枚の守備ブロックで対応。守備の優先すべき事は、シティにゴール前にスペースを開けさせない事と、縦パスを入れさせない事だった。まずは中と裏のスペースをケアする。そうすると自然と空いてしまうのがサイドのスペース。再三、左SBのメンディにサイドを使われてクロスを上げられていたが、高さでは勝っていた事もあり、最後は中を固めてクロスを跳ね返し続けた。その高さは守備の時にもクリスタルパレスには優位に働いたが、攻撃でも役立っていた。

それはセットプレーだ。シティに攻め込まれる事は想定のうちで、その中でチャンスを作れるのはカウンターとセットプレーだっただろう。攻撃時のセットプレー1つに対する集中力は高く、十分な準備をしてきた。それが詰まっていたのは先制点のシーンだ。39分CKから先制点を奪ったクリスタルパレス。このCKを奪うまでも自陣からのロングカウンターから奪ったものだった。それまでの時間まではシティの猛攻を自陣でブロックを敷いて耐え忍ぶ時間が続いていたがカウンターから攻め込んだ。まさにクリスタルパレスの戦略がハマったシーンであった。シュート1本で1点を奪ったクリスタルパレスがリードして前半を折り返した。

ザハシステム

クリスタルパレスのもう一つの特徴的な戦術は「ザハシステム」だ。ザハとCFトスンの質を活かす配置を採ってきた。簡単に言うとザハは左サイドでフラフラさせる感じだ。左に偏る4-4-2のような配置にもなっていた。カウンターの起点にザハとトスンが担う。

前線に残るザハとトスンがカウンターの起点となる。シティのトランジションプレスも早く中々ボールをキープできないシーンも多かったが、ポストプレーでファールを受けたり、味方に時間を与える仕事をしたトスン。抜群のキープ力と突破力を見せたザハ。シティには大きな脅威となっていた。トスンは先制点を、ザハは終了間際に左サイドをぶち抜くドリブルから、オウンゴールを誘うクロスを上げて同点弾を演出し活躍した2人。

またザハが左サイドをフラフラと曖昧なポジションをとる事で、シティの右SBカンセロは彼が気になって思いっきり攻めあがれない効果にも。カンセロの攻め上がりを軽減させる為にも採った戦術だったかもしれない。

ベンチではペップもカンセロの立ち位置は非常にうるさくコーチングしていた。カンセロがリスクをかけて攻め上がってボールを奪われてカウンターを受けるシーンもあったし、逆にカンセロの攻め上がりからチャンスになるシーンもあり、ここの2人の駆け引きは面白かった。

シティの戦術

・CBからの運ぶドリブル
・左SBは高く、右SBは中央へ
・流動的なポジションチェンジ
・斜めのパス
・縦突破からカットインへ
・下がらないトランジションプレス
・早いショートカウンター

クリスタルパレスは自陣に戻ってブロックを敷いてきたので、相手陣内に入る事は簡単だったシティ。その為シティの戦略でもあるボール保持率を上げる事。尚且つ相手ゴールに出来るだけ近い位置でのボール保持が出来ていた。

そこからのボール運びに関しても、しっかり後方の時間とスペースの貯金を前線の選手に渡せていた。ここで言う後方とはCBだ。2CBに対してクリスタルパレスは1トップだけがプレスに来る。ここで数的優位が自然と出来るし、右SBのカンセロは少し内側に絞って、アンカーに入ったギュンドアンもビルドアップに関わる。ひし形になりボールを動かす。

この状況は確かに数的優位で簡単にボールを動かせるが、この状態で前線の選手にボールを渡してしまうと、数的不利の状況になってしまう。なぜかと言うとビルドアップを4人かけると前線には6人の選手がいる。しかし、クリスタルパレスは1トップのトスンだけしかプレスにいかないので、GKを合わせて10人の選手がブロックに待ち構えるのだ。その為、ワーストプレスを剥がして容易に前線の6人の選手にパスをしてしまうと、クリスタルパレスの守備網に引っ掛けられてしまう恐れがある(6vs10)。そこで、シティはCBの2人はフリーだからといって前にパスをするのではなく、ドリブルで持ち運ぶ。

そうする事で、CBがドリブルをする事で、選手を釣り出してプレスに来る。そうすると味方の選手をフリーにさせた状態でパスを出せ、より味方に時間とスペースを与えることになり、よりゴール前に前進する事にも繋がるのだ。

また右SBカンセロは内側に絞る事で、カウンターのリスクに備える。逆サイドの左SBのメンディは高い位置に上がり左サイド目一杯に幅を取る。これに合わせて流動的にポジションを移動させて、クリスタルパレスの守備の基準を撹乱させに行く。

左の幅を取るのは主にメンディ。内にシルバ、外にメンディ、内にベルナルドといった三角形に。右サイドは外にカンセロ、内にデ・ブライネ、外にスターリングといった三角形に。常に三角形が出来る配置をお互いを見ながらポジションをとる。相手も時間が経つに連れて慣れてくるが、これも前半の25分ごろにはスターリングとベルナルドの立ち位置を左右チェンジする事で、これまた相手の守備の基準を撹乱させる。

よりゴール前へ侵入する方法としては、斜めのボールを多用していた。シティもまずは裏のスペースと縦パスを狙いたいところだったが、そこはクリスタルパレスもしっかり埋める戦術を採ってきた。そこで斜め→斜めのパスで前進していった。

縦パスを入れさせないために中央を締めるクリスタルパレスに対して、シティは斜めのパス2本で前進していった。まずはCBフェルナンジーニョから左SBメンディに斜めのパスが入る。中央固める相手に対してブロックの外側へのパスが斜めの1本目のパス。2本目の斜めのパスはブロックの外側からの、ブロックの中へ入るパスだ。主にこの試合では左SBのメンディからシルバ、アグエロによく入っていた。縦パスをケアする相手に対してブロックの外からの斜めのパスは効果的だった。縦パスを入れなくても、2本の斜めのパスで相手のライン間でボールを受けることに成功したシティ。

2本目の外から中への斜めのパスを受けさせる為にチームとしての狙いがあった。上で述べた様にライン間のシルバとアグエロに斜めのパスを打ち込む為に、他の選手たちが彼らをフリーにさせる動きをする。ボールの供給者であるメンディと、ベルナルド(orスターリング)のコンビがキーマンだった。

メンディが大外の高い位置で、CBから斜めのボールを受けることで、クリスタルパレスのサイドの選手を釣り出す(SBもしくはSH)。そのタイミングでベルナルドがメンディの前へランニング。そうするとそれについていく為にもう一人クリスタルパレスの選手がついて行く。そうするとSBとCBの間のスペースが空き、そこへメンディから斜めのパスがシルバ、アグエロに入る仕組みだ。また釣り出されたSBのカバーにCBがスライドすれば、今度はCBの背後で立ち位置をとり、より角度のある斜めのパスをメンディから引き出してクリスタルパレスのゴール前へと侵入していった。

そしてもう一つは、外からのクロス攻撃だ。斜めのボールが外からクリスタルパレスのブロックの中に入り始めるると、より中央を固める様に。そうするとサイドにはよりスペースが与えられるように。特に左SBメンディから沢山のクロスが上げられていった。メンディもクロスは工夫しながら上げていたが、密集するクリスタルパレスの大きな壁に苦しんだ。しかし、諦めずに上げ続け、メンディのクロスから逆転ゴールが生まれた。87分メンディがアグエロにピンポイントクロスを上げてゴールを奪った。メンディのアシストは久しぶりでは?と。ここから彼のアシストが増えればシティの攻撃の幅はグッと広がってくるはずだ。

シティは後半猛攻を仕掛ける。しかし中々得点を奪えない。もう一工夫欲しいよ!というシーンもあったが、ペップが手をうつ。ジェズスとマフレイズを投入。

これにより、サイドからの縦突破が多かった戦術から、左はスターリングとジェズスが、右はマフレイズが中にカットインするシーンが増えていった。縦突破に中へのカットインの戦術を加える。またマフレイズはボールを持った時のカットインだけでなく、ランニングでも中に、斜めにカットインするランニングで相手の最終ラインの裏を突破するシーンも見せた。今までになかった新しいボールの引き出し方。色んな引き出しを持ち出しながら攻め込むシティ。そして82分同点ゴールが。

Embed from Getty Images

クロスのこぼれ球をジェズスが受ける。そこから縦ではなく、中に向くと、ファーサイドへ質の高いクロスが上がる。スッと外に膨らんで相手の背後に走り込んだアグエロがワンタッチで合わせて同点!見事なゴールだったのは確かだし、縦突破から中へのカットインと言う新たな戦術を加えた事で生まれたゴールでもあった。

取りこぼした勝ち点3

シティは苦しめながらも、自分たちのシナリオ通りにゲームを進め、あらゆる戦術を投入しながら87分に逆転に成功した。ここまでは戦略通りだったが、勝ち点3を取りこぼす。逆転ゴールを奪ってすぐにロドリを投入する。ペップの明確なメッセージがこもったロドリの投入と思っていたが、ザハに一瞬のほころびを突かれてしまう。彼の質はやっぱり大きな武器だ。このシーンも細かいようだが、カンセロともう一人の選手がヘディングを被って競ってしまった。こぼれ球を拾われて、左サイドでフリーのザハにボールが入ると彼はドリブルを開始する。カンセロも一生懸命戻るも追いつかない。スライドしてストーンズがカバーに入るが、ザハに縦突破を許し、クロスを上げられ、最後はオウンゴールという形でクリスタルパレスに同点ゴールを返上してしまった。

Embed from Getty Images

クリスタルパレスからしてみれば自分たちの戦略通りだったね。ザハの質を活かす攻撃。左に偏るシステムを利用した左からの崩しからのクロスで得点を奪い去った。勝ち点3はすぐそこに。少しのミステイクからゴールを奪われるのはプレミアリーグの質の高さを痛感させられたシーンでもあった。

シティに必要な一工夫

シティは確かに自分たちの戦略通りにゲームを進められていた。より相手ゴールでの近い位置でのボール支配率を高める事は出来ていたし、早いトランジションからボールをよく奪い返す事も出来ていた。しかし、失点もしたし、トドメの3点目を奪う事は出来なかった。

ボール支配率は7割りを超えてシュートも25本打ったが奪えたのは2得点だった。戦術の面でもう一工夫必要だったかのかもしれない。ザハへの守備対応。ここはペップも試合中うるさくカンセロの立ち位置は指示していたように見えたが、ザハを起点にカウンターを受けるシーンも少なくなかった。

そして攻撃の面ではデ・ブライネのクロスの質はこの試合珍しく彼にしては、低かったかもしれない。普通の選手よりは全然良いけどね!彼以外にも沢山の選手が中央を固める相手に対してクロスを上げたが、高さで勝る相手に対して単調にクロスを上げるだけでは跳ね返されてしまう。

Embed from Getty Images

カンセロが低くて早いクロスを上げてVARで取り消されてしまったが、相手のハンドを誘発させたり。低くて早いクロスは意識的に上げてはいたが、この試合に関してはマイナスのクロスも効果的だったかもしれない。そこまでサイドを深くエグッていたという事でもある。クロスを上げるまでの崩しは本当に見事で美しく、完璧なシーンも多かった。言ってしまえば、2得点の様にクロスの質が伴ってしまえばゴールは入るのだが、この試合に関してはマイナスのクロスを上げる戦術を取り入れても面白かったかもしれない。

もう一つ挙げるとしたらセットプレーかなと思います。この試合でもシティはCKだけで14本あり、そこからチャンスらしいチャンスすら作れなかった。対するクリスタルパレスはCK2本で1点を奪う高確率。セットプレーに対する集中力や準備はクリスタルパレスの方が上手だっただろう。シティもそう言う面は学ぶべき点なのかも知れない。

終わり

今回は目的>戦略>戦術 に切り取ってゲームを見ていきました。自分的にも面白かったし、なんか腑に落ちるというか、また違ったサッカーの見方が出来ました。

そして、久しぶりに熱い試合を見れた感じですね。逆転ゴールが決まった時は真夜中にも関わらず一人ガッツポーズしちゃいました!ペップの熱いガッツポーズが久しぶりに見れたのも良かったです。勝ち点3をしっかり取れたらいう事ないでしたが…とにかく良いゲームでした!

コメント

  1. Awesome post! Keep up the great work! 🙂

タイトルとURLをコピーしました