【CBの配球力って大事】プレミアリーグ第24節 シェフィールドユナイデットvsマンチェスターシティ 戦術分析

サッカー戦術分析
この記事は約9分で読めます。

前節クリスタルパレスとのハラハラドキドキのゲームを繰り広げたシティ。今節はアウェイの地で昇格組ながら快進撃を続けるシェフィールドユナイデット。特徴的なのは強固な守り。プレミアの中でも失点が少ないチームの一つだ。それを可能にするのが1人1人のサボらないハードワーク。統率されたDFラインの存在が大きいのかもしれない。シティもそんな強固な守りを持つシェフィールドに苦しめられた。

シティはラポルトが帰ってきた!
なんて嬉しい事だ。待ってましたよ!!

シェフィールドの強固な守り

ボールを握ったのはシティ。しかしシェフィールドの組織化された強固な守備に苦しめられる。シェフィールドはボールを持っていない時には5-3-2の配置になる。この守備組織が非常に強固。シティはこの試合復帰した左ラポルト、中オタメンディ、右フェルナンジーニョの後方3CBの3-4-3の様な配置となっていた。シェフィールドが2トップと言うことを分析した上で後方で数的優位を作り出す為に3CBにしたのかもしれない。案の定後方の数的優位を活かして3CBにはボールを持つ猶予が与えらた。しかし、それより前の選手たちはシェフィールドの選手たちにしっかり監視されパスコースがない状況を作られてしまう。

シェフィールドは守備ブロックを形成して自陣深くまで下がる訳ではない。シティのボール保持の位置に合わせて最終ラインの位置を変えて3ラインを非常にコンパクトにしてゆっくりシティのパスコースを限定しながら圧力をかけて行く。シティの3CBにはある程度の時間を与え、2トップは中央を締めて、シティのCHの選手たちのパスコースを限定する。そしてシティのフェルナンジーニョとラポルトの3CBの脇の二人にボールが入ると中を切りながらアプローチにいき、チームの守備に行く方向を決める役割にも。それに合わせて中盤3枚がボールサイドにスライドしてアプローチをかけに行く。

2トップはファーストプレスを剥がされるれてもしっかりプレスバックをしてボールを奪いにいく。プレスバックって簡単な様で結構サボってしまうチームは多いよね。そこもシェフィールドらしさなのかもしれない。ボールをシティに前進されても、後方には5バックがいるのでご安心。時間を稼いでいる間にあっという間に5-3-2のブロックを形成して時間とスペースを奪い去ってしまう。5バックでシティの5レーンに選手を配置してくる攻撃も防ぐことに成功していた。それでもシティは剥がしてくる。しかし、そこを剥がされてシュートを打たれてもご安心。そこはこの試合大当たりしていたGKヘンダーソンがビックセーブを連発してくれるから。

Embed from Getty Images

こんな感じでシティは強固なシェフィールドに苦しめられる展開に。ただ守るだけでなく、自分たちの特徴を出す攻めも見せつける。

攻め上がるWBとCB

シェフィールドはボールを保持すると2トップのシャープと190cm近い長身のマクバーリー目掛けてロングボールを送り込み、そのセカンドボールを拾って前進する。ただ蹴り込むのではなく、出来るだけシティの前線の選手たちを釣り出して、パスを数本回してから前線に長いボールを蹴り込んでいる様にも見えた。シティの選手を拡散させてセカンドボールを拾いやすくしていたのかもしれない。

セカンドボールを拾うと、WBが高い位置に一気に駆け上がる。そしてもう一つが3CBの1人の選手も攻撃参加をすることだ。これもシェフィールドの特徴の一つ。ボールサイドの3CBの1人の選手も駆け上がって数的優位を作り出す。

WBがボールを受けることでシティのDF人を横に広げて、チャンネル(CBとSBの間)へ斜めのボールを入れてクロスをあげたり、中央で細かくボールを動かして中央に密集させてサイドにボールを散らしてクロスをあげてゴール前に攻めこんでいった。しかしシェフィールドはゴール前まで自分たちの戦術通りに前進するがシュートまで持ち込めなかった。前半はシュート数は0に近かった。後半は決定的なシーンを作り出したが、最後の質が伴えば得点数は増えるかなと。シティはその面で助けられた試合でもあった。

チャンスはトランジションプレス

相手の組織的な守備の前に苦しめられたシティ。シェフィールドが5-3-2の守備ブロックを形成した時には中々崩せない。それじゃ、チャンスはあったの?シェフィールドが5-3-2を形成する前のカウンターやリスタート、トランジションから奪ってのショートカウンターから好機を演出していった。

シェフィールドのミスからボールを奪ってスターリングが1本。オタメンディのバイシクルシュートの1本。トランジションプレスからマフレイズがドリブルでPK獲得の1本。シェフィールドの組織がバラバラになった状況でこれだけの決定機を作り出したが、ご安心下さい。シェフィールドのGKヘンダーソンは大当たり。ビックセーブを連発し、ジェズスのPKストップまで見せる存在感。

前半はホームのシェフィールドがアグレッシブに王者に戦い挑む姿が印象的だった。0-0でハーフタイムへ。ハーフタイムでペップが修正を加えます。まぁすぐ修正しちゃうのがペップだからね。

ライン間に落ちる

シェフィールドの強固な守備に苦しめられていたが、ハーフタイムを挟んで少しづつ好機を見出していく。その一つがライン間(5Backと3人の中盤の間)でボールを受けることだ。裏のスペースは当然5Backが目を光らせて守っている。中盤の3人は中央を締めて、シティのロドリとデ・ブライネの2CHと3CBを監視している。

そこでまず、デ・ブライネが一つ前の立ち位置を取り出す。WBのジンチェンコもインサイドに絞ったり、大外に張ったりシェフィールドの中盤の選手を動かそうとする。こうした立ち位置を変えることで少しづつシェフィールドの守備の基準を崩して行く。

そして、シェフィールドの中盤の3人の背後で。5Backの前のスペース(ライン間)でボールを引き出す。そこにボールを供給するのが3CBのサイドのフェルナンジーニョとラポルトだ。彼ら2人をここに配置した効果が少しづつ出てくる。

後方からの高精度パス

右サイドのフェルナンジーニョはより高い位置をとるようになる。パスを受けたらシェフィールドの2トップの背後を取る位置どりに。それに合わせて右WBウォーカーも押し出されるように高い位置をとる。フェルナンジーニョが高い位置を取る事でフリーになるのはもちろん、中盤の3選手を広げることにもなり、中盤にスペースを作り出す事にも。またウォーカーが前半よりも高い位置を取る事で相手のWBをピン留、釣り出す働きにもなり、5Backにギャップを開ける効果にも。

64分のシーン

ラポルトからフェルナンジーニョへパスが入る。フェルナンジーニョは位置どりでフリーになり、前を向く。ここで位置取る事でウォーカーは大外の高い位置をとり、相手のWBを釣り出す。そのタイミングで最終ラインの空いたチャンネル(WBと3CBの間のスペース)へ走るスターリング。それを見逃さずにフェルナンジーニョが縦パスを送り込む。一気にペナへ侵入してチャンスを演出した。

そしてもう一つは逆サイドのラポルトからの縦パス。
52分のシーン
久しぶりのラポルト縦パス痺れた!

ラポルトが2トップの脇でボールを受けると体を外に一瞬向ける。大外にはジンチェンコが立つ。外に出すモーションに釣られて相手のWBの選手がジンチェンコにアタックしようと動いたタイミングに、ライン間でまつジェズスに縦パスを打ち込む。あーこれですね。このラポルトのパスを数ヶ月待っていた!ビルドアップの安定感、バリエーションが彼がいるだけで格段と上がりますね。

こんな感じでシェフィールドのブロックの中にボールを付けれるようになり、ゴールに迫るシーンが増えていった。そして、フェルナンジーニョが起点となり、待望の先制点が生まれる。

4本の斜めパス

73分 4本の斜めのパスで先制点を奪う。
前節(クリスタルパレス)も中央を締める相手に対して縦パスを防がれた時に、効果的だったがの斜めのパスだ。この試合も斜めのパスからゴールが生まれた。右CBのフェルナンジーニョがハーフスペースで広がってボールを受けると大外のウォーカーへ1本目の斜めのパス。ボールを受けたウォーカーがライン間に落ちたスターリングへ中への2本目の斜めのパス。受けたスターリングは今度は外に膨らんだデ・ブライネへ3本目の斜めのパス。最後はデ・ブライネがお得意の高速クロスで4本目の斜めのパスでアグエロのシュートをお膳立てし、フィニッシュ!

強固なシェフィールドを完璧に崩した見事な崩しだった。

縦パスではなく、斜めのパスで相手を崩した試合は他にも。ご参考に良かったらどうぞ!

あとがき

シティが1-0で勝利。しかしシェフィールドユナイデットも自分たちの戦略を実行するべく練った戦術を十分に実行出来ていたのは確かでしたね。攻守両面で自分たちの特徴を出しながら、シティを終始苦しめていた。決定的なシーンもあっただけに勝ち点は欲しかったはずですね。リーグでも少ない失点数なのは納得できるようなそんな強固な守備を見せてくれました。昇格してきたチームとは思えないほどの完成度で、これからが楽しみなチームの一つですね。後はゴール前の工夫と質が上がればもっと上にいっちゃいそうな、そんな可能性も秘めているチームですね。

我慢しながらも、もがきながらも攻めきって勝ちきったシティ。だんだんとシェフィールドの戦い方に対応して、対策してしまうのは流石のペップ。ペップのチームにとって後方の配球力がいかに大切か改めてしる試合でしたね。フェルナンジーニョと帰ってきたラポルトの配球力は素晴らしいね。久しぶりのラポルトの縦パスは痺れた。次はサイドチェンジお願いします!

Embed from Getty Images

それでも弱さも見えた試合でもありましたね。それは相手に押し込まれての自陣の守備。11人が全員戻ってくるまでは良い意識だが、ただ下がっているだけになっているとも感じました。人はいるんだけどボールにプレスがかからなかったり、大外に上がるWBがフリーだったり、中央の選手がフリーだったりと、そこへ付けられたらピンチになってもおかしくないシーンもあっただけに、そこはもう少し練らなくてはいけないかなとと感じましたね。ただ戻るではなく、明確な守備の基準点を持たなければ失点の数は減っていかないかもしれない。

少しづつ長期離脱の選手が帰ってきて、ますます楽しくなってきましたね。おかえりラポルト!スケジュールはまだまだ過密ではあるが、新たな怪我人が出ないことを祈りながら成長してほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました