サッカー戦術分析

サッカー戦術分析

【ペップシティ定点観測PART①】〜マンチェスター・シティ 21/22シーズン 戦術分析

皆さんのお気に入りの海外チームはありますか? 私は今...
サッカー戦術分析

考察:【森保ジャパン新戦術 4-3-3】〜更なる強さに繋げよう〜カタールW杯予選 第4節 日本×オーストラリア

ワールドカップ出場に黄色信号が点りはじめてしまった森保ジャパン。ホームで迎えた強敵オーストラリア戦。この試合で負けてしまうと、本当にW杯出場が厳しくなる状況の中で、森保ジャパンはこの試合で新たな試みをした。その狙いと改善点とは?サッカー戦術分析。
サッカー戦術分析

ペップ・マンチェスター ・シティの新たな試み【ダブル偽SBの狙いと思惑とは?】サッカー戦術・分析

サッカー界の革命家と言われる「ペップ・グアルディオラ」。近年、サッカー界にあらゆる革新を与え続けている男。彼の探究心、チャレンジする姿勢が衰えることを知らない。新たなチェレンジ「ダブル偽SB」について紐解いていく。サッカー戦術・分析。
サッカー戦術分析

【死闘を乗り越えた先に】プレミアリーグ第7節 リヴァプール×マンチェスター ・シティ【サッカー戦術・分析】

リヴァプールvsマンチェスター ・シティ。プレミアリーグ第7節で実現したビックマッチ。サッカー界を牽引している両チームの試合は、毎度ハイレベルかつエキサイティング。本当にサッカーの醍醐味を改めて教えてくれる試合をしてくれる。好ゲームだった!
サッカー戦術分析

【託されたキャプテンマーク】〜ルベン・ディアスから学ぶ、チームを変える術!〜

マンチェスター ・シティのルベン・ディアスは守れて、強くて、高くて、巧い。しかし、彼の本当の魅力はそこではないのかもしれない。チームへの献身性や、勝利の執着心。チームメイトへ絶えずかける声かけこそ彼の本当の魅力なのかもしれない。
サッカー戦術分析

【パリはパリらしく。メッシはメッシだった。】チャンピオンズリーグ グループA パリ・サンジェルマン×マンチェスター・シティ

マンチェスター・シティはプレミアリーグチェルシー戦のあの熱戦から僅か中3日で、今度の相手はフランス王者のパリ・サンジェルマン。何というスケジュール。これぞヨーロッパサッカー!この一戦は昨シーズンのチャンピオンズリーグ準決勝のカード。その時は2戦ともマンチェスター・シティに軍配が上がったが、今回はどんな結末に?
サッカー戦術分析

【チェルシー戦で見せたペップシティの猛烈プレス!】〜マンチェスター・シティ守備戦術〜

ピッチでは両指揮官が準備した戦術や思惑が表現された。中盤の枚数を増やしたチェルシー。SBを絞らせなかったシティ…シティはいつも以上にボールを奪われると前からプレス。トランジション激しく、チェルシーからボールを奪うプレーは印象的だった。
サッカー戦術分析

【SBの立ち位置ひとつで】プレミアリーグ第6節 チェルシー×マンチェスター・シティ【サッカー戦術分析・レビュー】

昨シーズンのチャンピオンズリーグ決勝の再戦!となったチェルシーとマンチェスター・シティのビックマッチ。ペップシティはトゥヘルがチェルシーに就任してから3連敗と勝ったことがない難敵。果たして難攻不落の5-3-2ブロックを攻略できたのだろうか?
2021.09.28
サッカー戦術分析

【物静かな90分】チャンピオンズリーグ グループE 第1節 ディナモキエフ×ベンフィカ【サッカー戦術分析・レビュー】

チャンピオンズリーググループEのもう1試合バルセロナ×バイエルンと違い、物静かな90分だったように感じた。その中にも明確なプランを持った両チーム。配置で効率よくボールを前進させるベンフィカ。ペナルティエリアへは侵入を許さないディナモキエフ。
サッカー戦術分析

【ペップの意図を想像する面白さ】プレミアリーグ第5節 マンチェスター・シティ×サウサンプトン

サウサンプトンのアグレッシブでコンパクトなプレッシングにシティは苦しんだ。チャンピオンズリーグのライプツィヒとの乱打戦から僅か中2日でシティはプレミアリーグを迎えた。今シーズンも当然の事ながら過密日程。11人だけでは戦えない、選手層が必要になったくる中、シティも後方の選手の怪我人が多くなっているのはこの後どんな影響が…
タイトルとURLをコピーしました