カイル・ウォーカー

解体新書

【SPRINT KING】“世界屈指のSBカイル・ウォーカー”【マンチェスター・シティ選手紹介/解体新書】

攻守でアップダウンを繰り返し。スタミナ、スピード、フィジカルの高さを求められ。現代では攻撃の起点にも。サイドに張るだけでなく、インサイドに絞ってプレー(偽SB)を求められること。そんな選手を今のサッカー界で探した時に思い浮かぶ選手の1人が、カイル・ウォーカーではないだろうか。
タイトルとURLをコピーしました