Jリーグ

サッカー戦術分析

【大きかった代償】Jリーグ第17節 サガン鳥栖vs横浜F・マリノス

前節長い連敗から抜け出したマリノス。今節はアウェーでサガン鳥栖との一戦。プラン通りにゲームを進めていたのは鳥栖の方だったかもしれないが、スコアは?マリノスの早くて鋭い攻撃が牙を剥く。 非常にス...
サッカー戦術分析

【収穫と課題。】Jリーグ第24節 横浜F・マリノスvs清水エスパルス

3連敗で迎えた今節。もうホームで負けるわけにはいかない!今節迎えるは師弟対決!こちらも連敗が続いているエスパルス。さぁどちらが連敗を脱出できるのでしょうか。マリノスは久しぶりの出場となった選手たちがしっかり結果を出し、自分たちの色を存分に出してくれた。アクシデントを乗り越え戦い抜いた。
サッカー戦術分析

【変わらぬ課題】Jリーグ 第16節 横浜F・マリノスvsセレッソ大阪

二連敗と調子を落とすマリノスは、日産スタジアムに4連勝で現在2位と好調セレッソを迎えた。前節からトライしているマリノスの新システムは十分機能していたと言えるが、今節も変わらぬ課題がマリノスを苦しめた。
サッカー戦術分析

【768本。役割分断】Jリーグ第8節 ベガルタ仙台vs横浜F・マリノス

768本。これはマリノスがこの試合繋いだパス本数だ。どんなに苦しい状況になろうが、調子が下向きになろうが、自分たちのスタイルを曲げずに貫いたマリノス。怪我人が続出しているマリノス。ご自慢のサイドのスピードスター不在の中、みんなで繋ぎきり、崩しきり、総力戦で勝ち点3を持ち帰ったマリノス。
サッカー戦術分析

【マリノスの新たな試練】Jリーグ第7節 コンサドーレ札幌vs横浜F・マリノス

前節結果だけ見れば大勝をしたマリノスだったが、今節はまた新たな試練が突きつけられた。完成度高いミシャのコンサドーレに苦しめられ、最後まで重い重いゲームとなってしまった。なかなか連勝を飾れずにいい流れが生み出せていない今シーズンのここまでのマリノス。試練の時間を歩いている。
サッカー戦術分析

【勇猛果敢な両チーム】Jリーグ第6節 横浜F・マリノスvs横浜FC

アタッキングフットボール全開の90分を見せてくれたマリノス。そして真っ向から王者にぶつかってきた横浜FCのお陰でスピーディーな、戦術的に面白いゲームでした。マリノスが4-0と結果だけ見れば大勝だったが、内容的にはそんなに両チームに力なの大差を感じられなかった。
サッカー戦術分析

【スリル満点。ハイテンポな攻防。】Jリーグ第4節 横浜F・マリノスvsFC東京

日産スタジアムにサポーターが帰ってきた!この試合から制限を加えながらだが、観客席にお客さんが戻ってきた。チャントはなし、拍手で応援するスタイルは新鮮だった。ホームということもあり、お客さんが戻ってきたということもあり、マリノスの選手たちからもやる気が感じられるプレーが漲っていた。
サッカー戦術分析

【ガンガンいこうぜ!#トリコロールの絆今こそ強く!】Jリーグ第4節 横浜F・マリノスvs湘南ベルマーレ

過密日程の始まり。今節迎えるは湘南ベルマーレ。湘南スタイル全開でマリノスは最後まで苦しめられるも、逆転勝ちで今シーズンJリーグ初勝利をもぎ取った。課題も確かにあるだろうが、逆転でしかも昨シーズン凄まじい強さを見せたニッパツ三ツ沢球技場と演技の良いスタジアムで勝てたことも良かった。
サッカー戦術分析

【4-4-2攻略は今シーズンも難題に?】Jリーグ第2節 浦和レッズvs横浜F・マリノス

いよいよ帰ってきたマリノスの試合!つべこべ言わずに、早速試合を振り返って見ましょう!マリノスのスタメンには新加入選手も入り、新生マリノスの面影も、レッズはマリノス対策なのか4-4-2の陣形で挑みました。
2020.07.06
サッカー戦術分析

【らしさを出したのはガンバだった】Jリーグ第1節 横浜F・マリノスvsガンバ大阪 

昨年のインパクトたっぷりだった開幕戦とは違って、今シーズンの開幕戦は苦いものとなったマリノス。
2020.03.14
タイトルとURLをコピーしました